ペトロナス

南シナ海 – トラブルを抱える水域での石油

2月
11

紛争中の海での二つのケーススタディ

その小さな隣国たちには迷惑なことに中国の領海主張がますます独断的になっている南シナ海での操業で、二つの中国の石油会社が対照的なやり方を示している。一つの会社の行動はその地域での緊張を高めており、一方もう一つはそれを緩和するやり方の兆候かもしれない。

去年の7月、香港に上場しており本土の有力者とつながりを持っているブライトオイル(光進石油)は、アメリカの会社ハーヴェスト・ナチュラル・リソーシズから620万エーカー(250万ヘクタール)の海底採掘権を買った。その区画には、議論を呼ぶ歴史がある。それは650海里(約1,200km)以上中国の沿岸から離れており、ヴェトナムからは発った200海里しか離れていないが、中国はWBA-21と呼ばれるその地域に「歴史的権利」があると主張する。それは、北京の曖昧なその海域での領有権主張を示すU字型の「九段線」の南西の端にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

国家資本主義の隆盛

1月
30

新興世界での新しい種類の事業の拡大は増加する問題の原因となるだろう

過去15年にわたって、目立った会社の本社は新興世界の大きな街を変えてきた。中国中央テレビの建物は北京のスカイラインをまたいで渡る巨大なエイリアンに似ている。マレーシアの石油会社の本社である88階建てのペトロナスタワーは、クアラルンプールにそびえる。大銀行集団のVTBのきらめくようなオフィスはモスクワの新しい金融地区の真ん中に鎮座している。これらは皆、国に支援されながら民間の多国籍企業のように行動する新しい種類のハイブリッド会社の隆盛の記念碑だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ペトロナス を購読