ウクライナ

北部マリでの2012年反乱

3月
20

通常2012年トゥアレグ反乱として知られる北部マリでの反乱は、2012年1月にサハラ砂漠のアザワド地域のトゥアレグや他の人々によって、マリ政府に対する分離主義反乱として始まった、継続中の事件だ。それはアザワド解放民族運動(MNLA)に率いられた、かつては遊牧民だったトゥアレグの人々によって、少なくとも1916年までさかのぼることのできる一連の反乱の、直近の具現化だ。MNLAは、かつての反乱軍や、リビア内戦でリビア国民評議会かリビア軍かのどちらかで戦っていた重武装のトゥアレグ戦士の大量の帰還兵によって形成されている。MNLAはそれには非トゥアレグの人々も参加しているという。

背景

Posted By gno-eagrai 続きを読む

失敗した夢

3月
14

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

コレラとスーパートイレ - 公衆衛生

8月
09

公衆衛生問題の解決は、手の届くところに来ており、それにより、多くの死を避けることができるだろう

「コレラは最も強烈に我々の相互関係を教えてくれる。すべての人が他の人のニーズの面倒を見る義務を、それほど力強く示すものはない。」ヴィクトリア期の羊毛実業家で、ヨークシャーでのコレラを終わらせるために働いたティトゥス・ソルトはそう語った。ひどい悪臭と共に、コレラが、ロンドンを巨大な下水道の建設、トイレの設置、衛生の奨励の名人にした。コレラは19世紀の町に恐怖をもたらし、金持ちも貧乏人もまとめて一掃した。アメリカ大統領のジェームス・K・ポークは、ニューオリンズを訪れたあとにその病気によって亡くなった。彼の後継者のザッカリー・テーラーも倒れたかもしれない。

コレラ菌に感染した体から噴出した下痢便や嘔吐物は、誰もが近付きたくない問題を作り出す。すべての人間住居から流れだす排泄物の中に潜んでいる危険の極端な型の合図だ。すべての人間の排泄物が致命的なバクテリアを持っているわけではない。しかしその全ては危険で、より良い排泄物の処理は、コレラや他の腸の病気をとめる王道だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

政治ゲームとしての芸術 - ヴェネツィア・ビエンナーレ

6月
16

世界最大の芸術イヴェントでの芸術家の間の競争がこれほど激しかったことはない。しかしビエンナーレの国別パヴィリオンで何が起きているのか?

1895年にヴェネツィア・ビエンナーレが始まって以来、各国はその芸術家に国別パヴィリオンでの展示を命じてきた。イタリアのように文化省を通して金融支援するものもあれば、英国のように外務省を通すものもある。ウクライナ館は個人収集家によって提供され、ポーランドのものは複数の資金源があっ た。55年間、20より少ない参加者だったが、1950年にその数は増え始めた。今年、バーレーンとレバノンの最終段階でのキャンセルにもかかわらず、 89の国別パヴィリオンがあった。それは過去最大で2年前の77より増えており、現代アートの世界的広がりの証明だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

他人があなたの土地を奪おうとするとき - 土地取引の急増

5月
11

貧しい国での農地獲得の証拠は積み上がっている

シエラレオネ中央部のMakeniの農民たちは契約にサインした。2,000人の仕事と米を育てる湿地であるbilisを汚さないという保証と交換で、彼らはヨーロッパのためのバイオ燃料を育てるための40,000ヘクタールの土地の50年リースの権利をスイス企業に与えた。3年後50の新しい仕事はあったが、bolisは灌漑で傷つけられ、そういった開発は、コーネル大学のエリザ・ダ・ヴィアによると、「地元共同体の社会的、環境的、経済的犠牲の下に」行われた。

この様な取引が2009年に最初に国際的な関心を集めたとき、今年発表された研究を引用すれば、彼らが「土地を強奪しているのか、発展の機会を与えているのか」ははっきりしなかった。支持者たちは、彼らは種や技術、資本を世界の最貧地域に持ち込んだのだと主張した。FAOの管理者のような批判者たちは、彼らを「新植民地主義者」と呼んだ。しかし誰も彼らの主張を裏付けるしっかりとした証拠を持っていなかった。今はそれがある。2年間かけて、その種の学会では一番大きなものであるサセックス大学の開発研究学会(IDS)の会議で100を越える土地取引が調査された。ほとんどの判断は有罪だと判断された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ウクライナ を購読