バーレーン

Ref! - サッカーをきれいにする

9月
18

サッカーでの不正との戦いは上から始めるべきだ

それはミスマッチなようだ。片方では、ほんの時にしか政府や警察に助けられずに、世界のお気に入りの試合を運営する当局がある。反対には、八百長試合や資金洗浄に熱心な断固としたプロのギャングがいる。2010年のバーレーンと偽のトーゴチームとの間の偽の試合の調整のような、彼らの進化は、巧妙な、面白くすら見えうる。しかし、彼らのレパートリーには洗練された賭けソフトと同様に、暴力や脅迫が含まれる。特に中国と言った、いくつかの国内リーグはそのような不正によってひどく信用されていない。

すべてのヨーロッパの大きな政治組織は、スポーツの不正に対して痛烈に非難している。過去には選手の移籍や給与の債務について目をつむった税務当局は、特に英国とイタリアで遅ればせながら介入を始めた。不埒な目的で犯罪者がクラブを乗っ取っているいくつかのヨーロッパ諸国の一つであるフィンランドでは、スポーツ省は、選手に八百長試合の疑いを匿名で報告させるスマートフォンアプリの開発を助けている。韓国の役人は、何十人もが投獄されたスキャンダルの後で、多数の選手を追放した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平和の進展 - 紛争解決を売る

3月
08

北アイルランドは助言のたくさんの輸出者になっている

何年もの間、北アイルランドは、その困難をいかに終わらせるかの助言の大きな純輸入者だった。ネルソン・マンデラは、完全には成功しなかったけれども、1997年に統一派と共和派を和解させようとした。その2つの陣営はお互いとても敵対していたので、南アフリカの当時の大統領は彼らに別々に演説しなければならなかった。アメリカの元上院議員ジョージ・ミッチェルは、準軍事的集団にその武器を捨てるよう刺激した。これらの努力は、北アイルランドをほとんど平和的な場所に変えるのを助けた。そして、助言のやり取りは壮観に反転している。

北アイルランド議会の元議員のアルダーダイス卿は、エジプト、ネパール、フィリピンなどの世界の現在の最近の問題を抱えた場所を旅してまわり、その地域の物語を聞かせる。バーレーン、イラクや多くのほかの国々から、その変化を目撃するために、使節団がベルファストを訪れる。「ある種の魔法がすり落とすことができるという感覚がほぼある。」トニー・ブレアの首席補佐官として北アイルランドの平和仲介を助けたジョナサン・パウエルは、ミャンマーから電話で語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

漏れやすいふるい - 国際主義の歴史

10月
19

書評:Governing the World: The History of an Idea  By Mark Mazower

バラク・オバマが二期目へ挑戦するよう指名した最近の民主党全国大会の脇で、アメリカの高官の一団が招待された外国政治家からの質問を受ける一つのシンポジウムがあった。あるバーレーンからの男は、アラブの春について尋ねた。アフガニスタン議会からのある女性は、彼女の母国における民主主義への恐れについて声を上げた。それから、より愚痴っぽい干渉がやってきた。欧州議会のベルギー人議員が、なぜ欧州連合がまだ言及されないのか知りたいと要求した。舞台上から、元国務大臣のマデレーン・オルブライトは、世界はヨーロッパがその比重を上げるのを待っていたと示唆した。その部屋は、その意地悪な言葉に喜び、軽蔑に満ちた賞賛に沸いた。

国民国家の自分勝手さを越えて勃興した統治形式を単に具体化することによって、EUのような多国籍クラブの代表が外交サークルで特別な注意を享受した時代は過ぎた。シリアでの大虐殺を止めるためのしっかりとした国連の行動を、安全保障理事会での中国とロシアの拒否権が妨害するので、国連も素晴らしい形ではない。これは、だから、1815年から現在までの国際統治の歴史に捧げられた本を世に出すには勇気のいる瞬間だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争ではなく、法を作る - 海洋紛争

9月
15

海洋境界についてのけんかをいかにして解決するか

よちよち歩きの子供がバスタブの中のゴムのアヒルとけんかするように、国々が再び彼らの間にある海上の島々の支配についてのけんかをしている。最新のけんかは日本と中国の間で無人の列島を巡って膨らんでいる。もし所有権が変わるのならば、それは国々の間での新しい海洋国境を作り出すだろう。

海洋紛争は、すぐには無くなりそうもない。半分以上の世界の海の国境(国々が出会う想像上の線)は引かれていないままだ。幸運なことに、すべての紛争が最後に民族主義者の感情やさらに悪いものの引き金を引いているわけではない。むしろ、間を埋めるためのゆっくりとした争いが続いており、高給の弁護士が古い地図について議論し、条約を分析し、取引を徹底的に検証している。

かつては岸からの大砲の射程で定義された沿岸水域についての主権は1982年以来国連の海洋法に関する国連条約(UNCLOS)によって指針が与えられている。署名したものは、その海岸から12カイリ(22キロ)まで「領海」として主張でき、その中では彼らは法を施行できるが、国際海運に干渉してはならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

永遠の汚れ ー ジンバブエとそのダイヤモンド

7月
12

ロバート・ムガベはその国民の損害の上に再び人気を集めている

キンバリー・プロセス(KP)は崩壊の危機を迎えている。2003年に始まったそのシステムは、不正に内戦の資金源となる「血のダイヤモンド」の取引を終わらせるためのものだ。しかし、コンゴの議長は単独でジンバブエの議論になっているマランゲのダイヤモンド鉱山からの販売を再開すると決めた。アメリカ、EU、カナダ、そしてイスラエルは、激しくその動きに反対した。75のダイヤモンド生産、そして取引国を代表する49の会員団体による決定は全会一致だとされている。

2006年に東ジンバブエのマランゲにある6万ヘクタールの敷地で最初にダイヤモンドが発見されて以来、殺人、拷問、不正、賄賂、略奪、密輸、そして政治的インチキの報告に満ちている。その危険は巨大だ。ジンバブエの財務大臣のテンダイ・ビティは、その場所を「人類の歴史で最大のダイヤモンドの沖積土の発見」だと表現している。潜在的な収入は年間10億ドルから20億ドルだと推定されている。その地域に関わっているある採掘専門家は、「そこにはもっともっと」あると考えいる。IMFは去年のジンバブエの全GDPを75億ドルとしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

政治ゲームとしての芸術 - ヴェネツィア・ビエンナーレ

6月
16

世界最大の芸術イヴェントでの芸術家の間の競争がこれほど激しかったことはない。しかしビエンナーレの国別パヴィリオンで何が起きているのか?

1895年にヴェネツィア・ビエンナーレが始まって以来、各国はその芸術家に国別パヴィリオンでの展示を命じてきた。イタリアのように文化省を通して金融支援するものもあれば、英国のように外務省を通すものもある。ウクライナ館は個人収集家によって提供され、ポーランドのものは複数の資金源があっ た。55年間、20より少ない参加者だったが、1950年にその数は増え始めた。今年、バーレーンとレバノンの最終段階でのキャンセルにもかかわらず、 89の国別パヴィリオンがあった。それは過去最大で2年前の77より増えており、現代アートの世界的広がりの証明だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
バーレーン を購読