パガン・アムン

パイプラインのポーカー - ケニア、南スーダン、そしてウガンダ

7月
30

東アフリカはその新たに見つかった石油の富を投げ捨てている危険にある

去年の3月に、ケニア、エチオピア、そして南スーダンの元首たちは、これらの国全てのために仕え、大きく彼らを豊かにするだろう、全部で160億ドルかかる港と石油パイプラインの建設を始めるために、インド洋に面したケニアの町のラムのマングローヴの間で、会った。地元の役人によると、実際には4,000ドルしかかからなかった祝いの食事のために、納税者は35万ドル請求されたという。今のところ、とても利益が上がっている。しかし、それ以来ほとんど何も起こっていない。パイプライン建設の計画は停滞している。

ウガンダ大統領ヨウェリ・ムセヴェニのその立ち上げへの欠席は、すべてがうまく行ったわけではなかった最初の手掛かりだった。ウガンダは最近アルバート湖沿いで35億バレルの石油を発見した。それは、その地域の新しい油田をつなぐどんなパイプライン計画の一部にもなるべきだ。石油はまた、湖の反対側のコンゴでも見つかっている。そしてケニアの国境をまたいで、探査は見通しがあるようだ。ロンドン上場会社のタロー石油は、試井から1日281バレル(b/d)を汲み上げているという。近くのエチオピアも猛烈に探査している。すでに石油を生産している南スーダンは、ケニアとの国境沿いに更に多くの大きな油田を見つけることを望んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

すべての分離の母 - スーダンと南スーダン

2月
16
そして彼らは依然として自分たちの分離について争っている
 
二つのスーダンが正式に別々の国に分かれた6ヶ月後にも、彼らは依然として分離の合意についてやり合っている。しばしばその国境沿いでの暴力的な衝突を伴った緊張した交渉は、その主要な賞品が石油収入なので、両方の首都で「石油戦争」と描写されている。最近の南スーダンの北を完全に切り離すという脅しは、継続した紛争に戻ることを本当に可能性のあるものにした。スーダンの大統領のオマル・アル=バシールは、戦争は平和よりも近いと語った。
 
何十年にもわたる内戦の後で去年の7月に南スーダンが分離したとき、それはかつての全スーダンの石油生産日量およそ48万バレルの3/4を取った。しかし、石油が市場に出るための唯一の道は、パイプライン、精製所、輸出末端施設を持っている北を通るものだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
パガン・アムン を購読