スイス

光速よりも早く - ニュートリノと相対性理論

10月
04

アインシュタインの相対性理論と矛盾するように見える実験が真に意味することは何か?

1887年に物理学者たちは彼らの主題にかなり自己満足を感じていた。彼らは現実をよく理解し、未来はかつてないほど正確に測定されるものだろうと考えた。それに続く30年間は、電子、原子核、放射能、量子理論、そして相対性理論の発見により、物理学は完全に変わった。しかし、この全てについての真珠の中の砂は、その年にアルバート・マイケルソンとエドワード・モーリーという二人の研究者による、観察者がどれだけ早く動いても、光の速さは一定だという奇妙な観察の中にあった。

彼らの主題が別のマイケルソン=モーリーの瞬間を持とうとしているのかとあれこれ思い巡らせている物理学者もいる。9月23日にヨーロッパの主要な物理実験所であるCERNの研究者達がニュートリノと呼ばれる亜原子粒子がジュネーヴのそばにあるその実験所の本部から地殻を通り抜けて730キロ離れた地下の探知機まで急速に駆け抜け、それは光がその距離を駆け抜けるのにかかる時間よりも10億分の1秒早かったと発表した。速さの違いはわずかだが、示唆するものは巨大だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

環境での成長

9月
21
いくつかの新興世界の会社は成長を環境に結びつけている
 
かつて貧しかった国々が豊かになることは、現代においてもっとも感激させるような発展だ。環境はすでに緊迫している。人口学者が予想するように、2050年に現在70億人の世界人口が93億人に増えて、かつてはエリートのためにとって置かれたものを買うことができる人々の割合が増えた時、何が起こるのだろう?この惑星はそれほどの経済活動を支えることができるのだろうか?
 
多くの政策決定者は、そのような地球的な問題に対して、トップダウンの西洋中心的な方法を採用する。彼らは世界的なフォーラムで野心的な規制を議論したり、例を設定するために巨大多国籍企業や裕福なNGOに頼る。しかし、ほとんどの人々が新興世界に住んでいるので、そこで成功した会社がより持続的に成長するために何をしているかを見ることは意味がある。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

コレラとスーパートイレ - 公衆衛生

8月
09

公衆衛生問題の解決は、手の届くところに来ており、それにより、多くの死を避けることができるだろう

「コレラは最も強烈に我々の相互関係を教えてくれる。すべての人が他の人のニーズの面倒を見る義務を、それほど力強く示すものはない。」ヴィクトリア期の羊毛実業家で、ヨークシャーでのコレラを終わらせるために働いたティトゥス・ソルトはそう語った。ひどい悪臭と共に、コレラが、ロンドンを巨大な下水道の建設、トイレの設置、衛生の奨励の名人にした。コレラは19世紀の町に恐怖をもたらし、金持ちも貧乏人もまとめて一掃した。アメリカ大統領のジェームス・K・ポークは、ニューオリンズを訪れたあとにその病気によって亡くなった。彼の後継者のザッカリー・テーラーも倒れたかもしれない。

コレラ菌に感染した体から噴出した下痢便や嘔吐物は、誰もが近付きたくない問題を作り出す。すべての人間住居から流れだす排泄物の中に潜んでいる危険の極端な型の合図だ。すべての人間の排泄物が致命的なバクテリアを持っているわけではない。しかしその全ては危険で、より良い排泄物の処理は、コレラや他の腸の病気をとめる王道だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

強化されたバーガノミクス

8月
03

ビッグマック指数のグルメ版は、人民元はそれほど過小評価されていないと示唆する

ビッグマック指数は今年誕生から25年を迎える。通貨が「正しい」水準にあるか手軽に指し示すものとしてエコノミスト誌によって1986年に発明さ れたその指標は、通貨の誤調整を正確に判断することを意図したものではなく、単に為替レート理論をより理解し易くするための道具だ。しかし、ビッグマック 指数は世界標準になり、いくつかの経済の教科書や少なくとも20の学術研究の科目に含まれている。アメリカの政治家は人民元の大幅切り上げを要求するため に、その指数を引用しさえした。多くの人々がハンバーガー基準をとても真剣に受け止めているので、それを強化する時かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平和の民営化 - 紛争調停

7月
11

政府はますます初期段階の紛争解決を独立機関に移管している

南ノルウェーの洒落たゴルフコースのあるホテルは、アフガンのタリバンに出くわすとは思えない場所だ。しかし、仲介者ネットワークのオスロフォーラムでは、誰も瞬きしなかった。今度ばかりは、バラク・オバマが来年までにアフガニスタンから33,000の軍隊を引き上げると発表した翌日の6月23日に行われた「タリバンとの対話」についての真剣な討論は、実際に現実のタリバンと話し合うことを意味した。

9年目になるそのフォーラムは、ノルウェー外務省とジェノヴァに本拠を置く人道的対話センターによって主催された。それは、現在の紛争についての意見を交換し、過去の成功や失敗から学ぶために、有能な専門的和平交渉者たちを引きあわせる。もっと根本的には、そのフォーラムの存在は、外交官や他の人が、世界の様々な地域で命や共同体を粉砕する紛争を解決しようとする取り組むやり方の変化を示している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

政治ゲームとしての芸術 - ヴェネツィア・ビエンナーレ

6月
16

世界最大の芸術イヴェントでの芸術家の間の競争がこれほど激しかったことはない。しかしビエンナーレの国別パヴィリオンで何が起きているのか?

1895年にヴェネツィア・ビエンナーレが始まって以来、各国はその芸術家に国別パヴィリオンでの展示を命じてきた。イタリアのように文化省を通して金融支援するものもあれば、英国のように外務省を通すものもある。ウクライナ館は個人収集家によって提供され、ポーランドのものは複数の資金源があっ た。55年間、20より少ない参加者だったが、1950年にその数は増え始めた。今年、バーレーンとレバノンの最終段階でのキャンセルにもかかわらず、 89の国別パヴィリオンがあった。それは過去最大で2年前の77より増えており、現代アートの世界的広がりの証明だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大事にするか、間引くか - アフリカの象

5月
23

象は中央と東アフリカでは密猟されているが、南では激増している

その象はケニア山の坂からこぼれ落ちた密林の中でわなにかけられた。彼女は植物を踏みつけながら自由になろうと奮闘したがわなは深く突き刺さった。彼女は喉が渇き、苦痛の中で死んだ、ケニアに拠点を置く保護団体のセイヴ・ジ・エレファンツによって無線機付き首輪をつけて監視されていた七頭のうちの一頭だった。他の三頭の無線機付きも過去数ヶ月の間に殺され、彼らの顔は牙をとるためにずたずたにされていた。

その象牙はケニアの首都にあるナイロビ空港で覆いをとられた厖大な積荷の中の一つだったかもしれない。130万ドルの価値がある58頭の象からの牙が金属の箱につまっていた。ナイロビには存在しない二つの大使館からの噂によれば、その積荷はナイジェリア行きだったという。同時に、ヴェトナムで、タンザニアからのゴムの貨物の中に60万ドル相当の牙が隠されているのを当局が発見した。タイ税関は先月、冷凍魚の中に330万ドル相当の牙を発見した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

他人があなたの土地を奪おうとするとき - 土地取引の急増

5月
11

貧しい国での農地獲得の証拠は積み上がっている

シエラレオネ中央部のMakeniの農民たちは契約にサインした。2,000人の仕事と米を育てる湿地であるbilisを汚さないという保証と交換で、彼らはヨーロッパのためのバイオ燃料を育てるための40,000ヘクタールの土地の50年リースの権利をスイス企業に与えた。3年後50の新しい仕事はあったが、bolisは灌漑で傷つけられ、そういった開発は、コーネル大学のエリザ・ダ・ヴィアによると、「地元共同体の社会的、環境的、経済的犠牲の下に」行われた。

この様な取引が2009年に最初に国際的な関心を集めたとき、今年発表された研究を引用すれば、彼らが「土地を強奪しているのか、発展の機会を与えているのか」ははっきりしなかった。支持者たちは、彼らは種や技術、資本を世界の最貧地域に持ち込んだのだと主張した。FAOの管理者のような批判者たちは、彼らを「新植民地主義者」と呼んだ。しかし誰も彼らの主張を裏付けるしっかりとした証拠を持っていなかった。今はそれがある。2年間かけて、その種の学会では一番大きなものであるサセックス大学の開発研究学会(IDS)の会議で100を越える土地取引が調査された。ほとんどの判断は有罪だと判断された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカでの宣伝 - ナイジェリアの陽気な男たち

5月
05

アフリカの一番人口稠密な国でビジネスをすることについて広告はなんと言っているか?

ある小説家がこう書いた。「ある国の理想は広告を見ることによってわかる。」ナイジェリアの理想は場所によって変わる。多くがムスリムの北部、南部は多くがキリスト教徒か原始宗教。若者と老人、田舎と都会、イボ、ハウザそしてヨルバ。それぞれの集団が世界を異なってみている。だからナイジェリアの広告業者は器用かつ敏感にならなければならない。

多くの南部人は色っぽい女性が思わせぶりに踊っている広告を楽しむ。しかしそのような広告を北部で行うのは危険だ。ナイジェリアの新聞のThisDayが預言者ムハンマドはミスワールドコンテストを楽しんだかもしれないと推測した軽薄なコラムを載せたところ、結果として起こった暴動で200人が死に、ThisDayの事務所は火を放たれ、筆者はノルウェーに逃れなければならなかった。

それは2002年だった。それから、メディア仲間はより注意深くなった。「もしカノ(北部の都市)に広告を掲げ、それがほんのわずかでも聖職者を侮蔑するものであることを発見したのならば、あなたはそれをすぐに取り外さなければならない。」南部の広告役員は語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

スイス を購読