サウジアラビア

カリウムが豊富だ - 肥料価格

10月
09

カリウム価格制度の歓迎すべき大変動

カリはめったにそのような興奮は経験しない。肥料の中でさえも、それは一番上の請求を争っている。リン酸と窒素の地球規模市場は、カリがもっとも一般的な形態であるカリウムの上に位置している。しかし、今週の、世界供給の約1/5を生産するロシアの大手ウラルカリが大きなベラルーシの生産者との価格カルテルをやめたという発表は、その商品を大衆の目に押し込んだ。その動きをOPECを去るサウジアラビアになぞらえるものもいる。

カリの生産者は一般的に静かだが、利益を上げる。2010年のBHPビリトンによるカナダのポタッシュコープへの400億ドルの買収提案が、それが見出しを飾った最後だった。BHPは、世界が養うべきかつてないほどの口を加えるにつれて安定して成長する見通しがあり、運ぶのが簡単な、かさばる商品の見た目を好んだ。その取引は失敗に終わったが、BHP、ヴァーレ、そしてほかの鉱山会社は、依然として大きなカリ計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

フラッキングの父 - ジョージ・ミッチェル

10月
07

ジョージ・ミッチェルほど世界を大きく変えた事業家はほとんどいない

合衆国は、最近落胆のぬかるみに入っている。その雰囲気は、「That Used to Be Us: かつての超大国アメリカ―どこで間違えたのか どうすれば復活できるのか」(トーマス・フリードマンとマイケル・マンデルバウム)や、「Time to Start Thinking: America in the Age of Descent(考え始める時だ:没落の時代のアメリカ)」(エドワード・ルース)といった陰気な題の本の奔流で反映される。ここ数十年で初めて、アメリカ人の大多数が、彼らの子供たちが彼等よりも貧しくなるだろうと考えている。ヤンキーはできる、の楽観主義は、ヨーロッパ人の何も成し遂げることができない、の消極主義に凝固する危険にさらされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

昨日の燃料

10月
06

世界の石油への渇望は、頂点に近づいているかもしれない。それは生産者にとっては悪いニュースで、みんなにとって素晴らしいことだ

石油時代の夜明けは、かなり最近だ。それは6,000年前に耐水ボートに使われたけれども、熱心にそれを抽出するのは、ペンシルヴェニアで石油が発見された後の1859年になって始まった。最初の原油1樽は、18ドル(現在の価格で約450ドル)で売れた。それは、クジラの捕りすぎが鯨油不足につながった後で人工照明の主要な燃料だった灯油を作るために使われた。精製過程で作られたほかの液体は、ランプの光にはあまりに不安定か煙っぽく、燃やされるか捨てられた。しかし、数年後の内燃機関の開発のおかげで、ほしくないガソリンと軽油は長くは無駄にならなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ついに人気を博している - 教育技術

9月
09

新技術がアメリカの学校を、それから世界の学校を混乱させるとみられている

シカゴのサウスサイドの小さな学校で5-6歳の年齢の40人の子供たちが静かに座って教室で学んでいる。それぞれの前には、リーディング・エッグスと呼ばれるソフトウェアが走っているコンピューターがある。短い物語を読んでいるものもあれば、学んでいる言葉で文章を作っているものもいる。最も遅れているものは、空を飛んでいるすべての大文字と小文字のBSを攻略している。彼らがそれぞれの仕事を終えるにつれ、彼らは読み書きでどれだけ進んでいるかを示す漫画の地図を進む。道に沿って、彼らはゲーム内の分身の邸宅に家具を備え付けるための道具のようなものを買うのに使うことができる卵を集める。時々、ある子どもは、二人の監督教師のうちの一人とともに、予定された読書時間を過ごす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

裸の野望 - 性産業の禁止

6月
02

アイスランドは世界最古の事業を違法にすることを決める。それは成功できるのか?

超リベラルのアイスランドはオンラインポルノを禁止したいと思っている。それは単に、性産業全体を廃止する最新の一歩に過ぎない。2009年に、それは(犠牲者として取り扱う)売春婦を買った者に罰金刑と懲役刑を導入した。2010年に、それはストリップクラブを違法にした。2月に、その政府はわいせつ物がオンラインに満ち溢れているのを気にすることを決め、アイスランド人の中にはそのほとんどを意味するととっているものもいる、暴力的なまたは下劣なポルノを禁止するという考えを持ち出した。商業的な性を合法化にしろ犯罪化にしろ管理するのに完全に成功した国はない。しかし、世界中で、特に豊かな民主主義国で、政策立案者は、アイスランドが成功するかどうかを見守っており、もしそうするならばそのあとに続くかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

決定的取引 - 武器取引規制

4月
30

今週の国連での武器取引条約についての投票は多くの命を救いうる

それは、クイズゲームのトリビアルパーシュートのための良い質問だろう。アメリカの強力な銃保有賛成組織の全米ライフル協会が、シリア、イラン、そして北朝鮮で共通して得たものは何か?その答えは、4月2日に国連総会で154か国によって圧倒的に承認された世界的な武器取引条約(ATT)にすべて反対したことだ。

次の段階は、その条約に賛成した国々が、6月初めにそれに公式に加盟し始めることだ。それぞれの署名国は、それから、本国でそれを批准しなければならない。その条約は、たぶん今年の終わりまでには、50か国目が批准した90日後に発効する。いくつかの国にとっては、批准は単純な過程だ。他の国にとっては、難しいと判明しうる。

オバマ政権は強い支持者で、すぐに加盟しそうだ。しかし、たとえアメリカ法曹協会がその条約は(NRAが主張するように)武器を持つ憲法上の権利を一切侵害しないと確認しても、上院で批准に必要な2/3の多数派を得るのには苦労するだろう。アメリカの防衛産業もまた、他の国の武器輸出国がそれの運営している高い標準に近づくようになることを望んで、それを支持している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

緑のガラスの天井 - イスラム過激派

4月
14

いかにムスリムの聖職者が聖戦士に変わるのか

なぜ慈悲深くて穏やかなムスリムが超保守的で暴力的ですらある形の信仰に変わるかは、学者と政策立案者にとって大きな関心のある主題だ。しかし、今のところ、聖職者の過激化についての研究はほとんど進んでいない。

今、ハーヴァード大学のリッチ・ニールセンは、書籍、ファトワ(宗教的裁定)そして91人の現代のサラフィ派の聖職者と379人のその生徒と教師たちの伝記を調べている。彼は、過激化の裏にある主要な要素は貧困やその(推測されるかもしれない)教師たちのイデオロギーではなく、彼らの学問的、教育的ネットワークの貧弱な質だということを見つけた。

そのような接触は、その聖職者たちが国家機関でイマームや教師としての良い仕事に就く能力を決める。その91人のほとんどがやってきたサウジアラビアとエジプトでは、政府は長らく宗教的機関を組みいれてきた。職に就くことに失敗した人々は、政治的変化のための道具として暴力をより認めそうだ。

その数字は驚かせる。最高の学問的つながりを持った聖職者は、聖戦士になる可能性が2-3%しかない。これは、悪いネットワークしか持たない人では50%まで上がった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフガニスタン? - アフリカの危機

2月
08

真の危険は、世界が聖戦士たちに脅かされている別の貧しい場所に背を向けていることだ

アフガニスタンとイラクでのテロとの戦いに取り組んで11年を費やした後に、ほとんど1.5兆ドルの直接費用と何十万もの命が失われ、西側の大衆は厳しい教訓を学んだと感じている。たとえ最高の意図を持った外国の介入でも、恩知らずの地元民を助けるために目に見えない敵と戦う終わりなき戦いにその軍隊を立ち往生させざるを得ないということが、かつてないほどに説得的になっている。

フランス軍がサハラの国マリを脅かすイスラム主義者の前進する隊列を急襲した今月初めに、アフガニスタンのこだまが大きく鳴り響いた。そして数日後、「イスラム聖戦士血盟団」からのひげを生やして銃を持った部隊が隣のアルジェリアでガス施設を占領し何十人もの人々を虐殺し、それらは再び聞こえた。それは単一のイスラム主義者のテロ攻撃としては、2002年のバリのナイトクラブの爆破以来もっとも大きなものだった。ここは、次の地球規模のテロとの戦いの前線で、うぬぼれの強い西側指導者たちを捕らえる砂漠の苦境でもあったようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

選択の自由 - インターネットの自由

11月
05

政府とインターネット会社はオンラインの言論の自由のルールと格闘している

ある上級役員の逮捕は、めったに役立つ見出しをもたらさない。しかし、ブラジル当局が、選挙法を破ったように見えるその子会社のユーチューブがヴィデオを取り除くことを拒絶したとして、9月26日にグーグルのその国の代表を短期間拘束した時、それらの見出しはグーグルが表現の自由の守護者としてそのイメージを修復するのに役立った。

二週間前、これらの信任状は錆びついたように見えた。グーグルは8か国のネット利用者に、ムスリムを立腹させた映画の予告編を見ることをできないようにした。インドやサウジアラビアを含んだ6か国では、地元の裁判所がそのフィルムを禁止した。反対者がアメリカ大使館を攻撃し、数人を殺したエジプトやリビアでは、グーグルは自らの合意からそのヴィデオをおろした。

そのけんかは、いかにインターネット会社が公的な議論を管理し、いかに言論の自由を歓迎する国を拠点にする会社がそれを制限したいと思う国に反応すべきかについての懸念を惹き起こした。(活動的なシンクタンクのフリーダム・ハウスは、それが調査した47か国中20か国でインターネットの制限が増加していると計算する。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

サウジアラビア を購読