サウジアラビア

ソマリアのチャンス

8月
23

合衆国が支援するアフリカ軍は平和をもたらすことができるのか?

過去20年間のソマリアの戦争の間のどこかで、生存が釣り合わなくなるような大きなレヴェルに破壊が到達した瞬間が来た。家がその石の中心部を道に投げ出し道路は20年分のがれきの下に埋まっているモガディシュの下町で、25万人の人々がひもで結びつけられたソダとプラスティックのまゆに住んでいる。

その華やかにタイル張りされたバルコニーで大臣や大使たちがかつて眼前のインド洋を眺めながらサンジョヴェーゼワインやカナッペを楽しんだ海に面したアル=ウルバ・ホテルの灰色の骨組みの中で、輝く白いプレハブのウガンダ軍食堂サーヴィスがアフリカ連合の平和維持軍のために牛肉とスパイスの効いたキャベツをバーベキューにしていた。西に30キロいったアフゴエを過ぎたところにある前線では、アラブの王子に所有される川沿いの宮殿があり、そこでは、戦争、基金、そして断続的な占領の期間を通して、ヤシやマンゴーの木が植えられた庭で一羽残ったダチョウを職員が世話している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

諸国民の真の富

7月
14

富を評価するより良い方法を提案する新たな報告

「富とはその利点なしのものではない。」ジョン・ケネス・ガルブレイスはかつて書いた。「そして、しばしばされてきたことだが、反対の事例は、広く説得的だと証明されたことがない。」富の明白な利点にもかかわらず、諸国は自国のものを数え続けるのに貧弱な仕事をする。彼らはその豊富な天然資源、熟練労働力、そして世界的な社会資本を自慢するかもしれない。しかし、この自然、人的、そして物理的資産の在庫を合計する金融手法で、広く認識されているものはない。

経済学者は、普通GDPを代わりに決める。しかし、それは富ではなく所得を測るものだ。それは資産の在庫ではなく、ものとサーヴィスの流れを評価する。そのGDPである経済を測定することは、貸借対照表をのぞき見することなしに、四半期利益によってある会社を判断するようなものだ。幸せなことに、国連は、今月、ケンブリッジ大学のパーサ・ダスグプタ卿によって監督された報告の中で、20か国の貸借対照表を公表した。それらは、3つの種類の資産を含んだ。「製造された」または物理的資本(機械、建物、社会資本など)、人的資本(人口の教育と技術)、そして自然資本(土地、森林、化石燃料、そして鉱物を含む)だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

汚い事業 - 武器取引規制

7月
13

新たな条約は、武器の不法取引を抑制するのに、恥に頼るだろう

輸入武器にあおられた紛争は、2007年に、アフリカに、ほぼ援助で与えられた金額を取り消す、年間少なくとも180億ドルの費用をかけさせていると推計される。だから、来月ニューヨークでの国連の武器取引条約(ATT)で何が起こるかということは、武器の流れをせき止めることが世界で最も困難な場所での暴力の抑制に向けて大きな一歩になると信じる人々によってしっかりと経過を追われるだろう。条約交渉は7月2日に始まる予定だ。

その交渉は、コスタ・リカのオスカー・アリアスによって率いられたノーベル平和賞受賞団体と武器管理運動の傘の下の圧力団体連合とともに2003年に始まった努力の頂点だ。彼らの狙いは、武器の世界的取引を規制する国際条約を確保することだ。幾分かは当時の外務大臣ジャック・ストローの個人的関心のおかげで、英国は外交力を貸した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

群衆のどよめき - 実験心理学

6月
10

クラウドソーシングは心理学を変えている

ブリティッシュ・コロンビア大学のジョセフ・ヘンリクとその同僚によると、ほとんどの学部生は「奇妙だ(WEIRD)」という。彼らを教える人たちは、かなり同意するかもしれない。しかし、ヘンリク博士が2010年の行動脳科学誌に掲載された論文でそれを大衆化した時、彼はその言葉を侮辱とすることは意図していなかった。代わりに彼は、頭文字を提案している。Western(西側の), Educated(教育を受けた), Industrialised(産業化した), Rich(豊かな), and Democratic(民主的な)だ。

これらの事柄が問題となる一つの理由は、学部生がまた心理学の研究室の実験用ネズミだからだ。お金やコースの成績といった報奨によって動機づけられた彼らは、牛が家に帰ってくるまで迷路の中を走ったりスキナー箱の中でレヴァーを押し続ける、人間の同等物になるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

災害が近づいている - イエメンの飢餓

5月
01
ほかの困難とともに、イエメンは忍び寄る飢饉に直面している
 
アニサはたった18歳だが、すでに二人の母親で未亡人だ。彼女は漁師だった夫と13歳の時に結婚した。彼は「海に落ちた」と彼女は言い、帰ってこなかった。彼女の膝の上で揺られながら、アニサの下の娘のアミナはその3歳の誕生日にただ用心している。彼女は幼児というよりも赤ん坊に見える。きれいな汗の層が彼女の大きすぎるおでこを覆っている。彼女は飢えで膨らんだおなかを汚れたTシャツから突き出し、早く息をしている。ほかの多くの貧しいイエメン人と同じように、アニサとアミナは、回復することのできないかもしれない一連の衝撃に傷ついている。
 
イエメンの33年にわたる支配者のアリ・アブドラ・サーレハを蜂起により追い出し、軍隊と部族派閥の間の戦いが国を引き裂こうとしていた2011年の前ですらも、イエメンの貧しい人々にとって生活は厳しかった。アニサの村のラバトは、農業が何年にもわたる干ばつと燃料価格の高騰に打ちのめされてきた沿岸のアルフダイダ県の内陸の小村だ。若い男たちは危険で低賃金の漁船の仕事を探してはるか旅に出たり、サウジアラビアへの密輸をやってみたりする。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

希望は四足で毛に覆われてぼんやりとしている - ソマリアの苦悩

10月
19
世界で最もすっかりと失敗してしまった国家の救済は、国際的な援助よりもむしろ民間事業に頼っている
 
ソマリアのことわざに、獣のいるところに生命あり、というものがある。その国民の半分は家畜にその生活がかかっている。今年、彼らは記録的な数の家畜を輸出する。飢えや渇きで100万を超える家畜が死んだように見える。南ソマリアに飢饉が広がっていることを考えると、それはありそうにない。しかし、ソマリアの他の部分、特に北部での放牧は素晴らしく、外国からの需要がこれほど高かったことはない。病気だという事で、長い間ソマリアの羊と山羊を輸入禁止にしていたサウジアラビアのジッダは、再びそれを歓迎すると宣言した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

サウジアラビア を購読