アゼルバイジャン

風刺的な韻文 - 政治とユーモア

12月
31

指導者たちをからかうことは、かつてないほど多くの人々によって楽しまれる喜びだ

政治的冗談はかつてないほど遠くに広がる。去年、アメリカの風刺雑誌のオニオンは北朝鮮の丸顔の指導者金正恩を「生きている中で最もセクシーな男」だと宣言した。中国の人民日報は、そのノミネートをまじめに受け取り、その名誉を祝福するために55枚の写真を広めた。オニオン誌が、田舎の白人アメリカ人はバラク・オバマよりもイランの当時の大統領マフムード・アハマディネジャドに好意的な意見を持っていると発表した偽の世論調査を公開した時、あるイランの国営ニュース機関はこれを本当のニュースとして報道した。たくさんの人々がオニオン誌を彼ら自身を楽しませるものとしてそれほど無邪気に見ているのではない。去年、そのサイトのトラフィックは70%程度増えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ユーラシアの綱引き

9月
14

EUはその東の隣国の未来についてロシアと競合している

それほど多く見るべきものはないが、ヴィリニュス郊外の穏やかな黄色煉瓦の建物は、独裁的なベラルーシに差し込む学問的自由のかがり火だ。欧州人文科学大学(EHU)は、ソヴィエト共産主義の没落の後に、哲学、歴史など多くのことに西洋式の教育法を促進するために、ミンスクに創設された。大統領のアレクサンドル・ルカシェンコは、それを2004年に閉鎖した。しかし、万難を排して、それは国境をまたいだリトアニアで、亡命での再生を果たしたのだった。

ベラルーシのプロパガンダはEHUを、反対派、さらには「テロリスト」の避難所として非難した。教師と学生は、特に選挙の時期には、KGBによって定期的に嫌がらせをされた。しかし、リトアニアとベラルーシに別れて1,600人の学生がいるEHUは、ほとんどがヨーロッパ諸国からの支援のおかげで、なんとかかんとか生き延びている。2年生の法学部学生マリア・スリアプソヴァは、人権派弁護士として働くために、母国に帰りたいと思っている。しかし、彼女はルカシェンコ氏が変わりそうだということに何の幻想も持っていない。よくても、EHUは、彼が権力を去った後にその国を運営するだろう人々を教育することができるだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シェールによってびっくりさせられる

9月
11

シェールガス革命はロシアの国家資本主義を狼狽させる

妖怪がロシアに付きまとっている。その妖怪はシェールガスだ。それは権力のサロンにしみこみ、ロシアの指導者たちとその取り巻きをひっくり返している。エネルギー会社は、ロシアの株式の価値の半分を占めており、ひとつの国に後押しされた会社ガスプロムがその国の輸出の10%を生み出している。ロシアの政治はまた、伝統的な石油とガスの上に建てられている。ウラジーミル・プーチンは、本質的にはロシアエネルギー会社の社長なのだ。合衆国で始まりいま世界中に広がっている頁岩層からの非在来ガス生産の革命は、ロシアの国家資本主義をその基礎から揺さぶっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クロアチア人とつながり続ける - 欧州連合の拡大

9月
09

クロアチアの加盟の後で、ヨーロッパはさらなる新加盟国を認める準備ができているべきだ

欧州連合がユーロ危機によって不活発に傾いていると言う批判者は、間違っている。それにもかかわらず、競争、エネルギー、統一市場、そして通信といったような分野での政策立案は続いている。そして7月1日に、そのクラブは28番目の加盟国クロアチアを認めるだろう。

多くにとって、これはある過程の終わりの始まりを記録する。ほとんどの人々は、西バルカンは最後にはそのクラブに参加しなければならないと受け入れているので、加盟交渉はモンテネグロまで続き、そして来年セルビアと始めるだろう。しかし、すでにほぼ凍結されているトルコとの更なる交渉は、ドイツの主張で、トルコのデモ参加者への弾圧のために、10月まで延期されている。そして、誰もモルドヴァ、ウクライナ、またはコーカサスの加盟可能性について提起すらしない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ナイジェリアでの安全な交わり - 新興市場での石油会社

8月
25

法廷の書類は、シェルとENIが巨大なナイジェリアの石油鉱区と勝ち取る動きとその産業のジレンマに光を当てる

油田の契約は、そこからくみ上げられるものと同じくらい不透明になりうる。しかし、提携者がけんかし、法廷に行く時、時に光が売買過程に当たり、それがあらわすものはいつもきれいなわけではない。それは、アフリカ全てに7年間供給するのに十分な90億バレルもの石油を持った巨大なナイジェリアの石油鉱区OPL245のもつれた事例には、確かに当てはまる。

何年もの法的闘争の後で、2011年に、イタリアのENIと提携関係にあるシェルは、この鉱区のために合計13億ドルを支払った。ナイジェリア政府は、その鉱区のもともとの所有者であるマラブ石油ガスと呼ばれる影の多い地元の会社へ、その資金のほとんどが向けられるための導管として働いた。マラブによって雇われたナイジェリア人とアゼルバイジャン人の二人の仲介者は、それから、取引仲介料が支払われていないと主張して、その会社をロンドンで(それぞれ高等法院と仲裁裁判所に)別々に訴えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

政治ゲームとしての芸術 - ヴェネツィア・ビエンナーレ

6月
16

世界最大の芸術イヴェントでの芸術家の間の競争がこれほど激しかったことはない。しかしビエンナーレの国別パヴィリオンで何が起きているのか?

1895年にヴェネツィア・ビエンナーレが始まって以来、各国はその芸術家に国別パヴィリオンでの展示を命じてきた。イタリアのように文化省を通して金融支援するものもあれば、英国のように外務省を通すものもある。ウクライナ館は個人収集家によって提供され、ポーランドのものは複数の資金源があっ た。55年間、20より少ない参加者だったが、1950年にその数は増え始めた。今年、バーレーンとレバノンの最終段階でのキャンセルにもかかわらず、 89の国別パヴィリオンがあった。それは過去最大で2年前の77より増えており、現代アートの世界的広がりの証明だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アゼルバイジャン を購読