IBM

多目的複合大都市 - 賢い都市

1月
10

熱狂する人は、前世紀に電気がしたのと同じくらい、データサーヴィスが今世紀都市を変えることができると考えている。それを証明するのは長い道のりだ

泥棒でさえも、今ではスマホアプリを持っているようだ。(アムステルダムのスラングで「簡単な窃盗」のような意味の)マッキー・クラウウェは、自転車が良い目標のような、例えばリーストラートやタインストラートといった、コソ泥のためのその町で最善の場所を明らかにする。そのアプリは、その暗い技術を、ある地区で報告された、可処分所得、犯罪水準、そしてほかの問題についてのおおやけに利用できるデータをまとめたものに頼っている。盗むのによい場所は、例えば、高い所得、低い犯罪報告、そして壊れた電灯といった条件かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

私の方法でそれをする - エチオピアとケニア

4月
05

二つのまさに反対の経済モデルの間でのイデオロギー的な競争

メテマでの到着ターミナルでエチオピア国境警備がすべてのパスポートを手書きの望ましからぬ人物リストとあわせ、それらをはじき出す。ここは、国家がもっともよく知っている国だ。それは、訪問者にとって面倒かもしれないが、それはエチオピアをアフリカの開発の星の一つにしている。国境から離れる新たに建設された道路は、コーヒーについてエチオピアで二番目に大きな輸出品のゴマの集約的な畑に囲まれている。収穫された茎の黄金の束が、小川の脇の畑に置いてある。ボブ・ゲルドフがその国について「かつてなにも育ったことがなく/雨も降らず川も流れず/彼らは今がクリスマスの時期だって知っているのだろうか?」と歌った飢饉に襲われた1984年から長くたった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロボ同僚

3月
31

ロボットはさらに強力になっているが、それらは労働者にとって必ずしも悪いニュースではない

IBMのスーパーコンピューター、ワトソンは、アメリカのクイズショー「ジェオパディ」の2011年版でその人間のライヴァルを華麗に打ち負かした。それはそれ以来より賢くなっている。その部品は部屋の大きさからカバンの大きさに縮んでいる。その計算速度は3倍以上になっている。よりスマートでより早いワトソンは、今商業利用に使われている。その最初の応用は癌診療所での治療を提案している。多くの人々は、ワトソンが人間労働者を機械に置き換える傾向に向かっていることを例示していると恐れる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカへの案内

3月
22

なぜフロンティア市場の投資家は案内人を必要としているのか

段ボール箱は格好良くない。しかし、それは有益だ。ローリーいっぱいの卵を包装なしで農場から店に移そうとすることを想像してみるとよい。箱はものを持ち運ぶのを簡単にするので、それにより店は幅広い品種のものをより安い価格で並べることができる。だから、段ボール工場をアフリカで経営することは、アフリカ人の皿の上により多くのより良い食料を置くことになる。

ウガンダのライリー包装工場は、すごい光景だ。壁から壁まで、そして床から天井まで、それは大量の巻紙を詰め込んでいる。訪問者は、トイレットペーパーの山を見つめる蟻のように感じる。経営コンサルタントは訊ねるかもしれない。なぜライリーは、3か月分というこれだけ多くの在庫を遊んで床に積み上げて持つ必要があるのか?確かにその会社の資本を使うより方法があるのでは?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次のフロンティア - アフリカの情報技術

3月
17

技術系企業はアフリカに目を注いでおり、IBMがそれを主導している

ママドゥ・ンディアェは、セネガルで育った。彼の両親は、「貧しくはなかったが、豊かでもなかった」。彼は数学に魅了され、ダカールのシェイク・アンタ・ジョップ大学でそれを学び、それからアメリカで勉強するという彼の夢を追うのに貯金するために数年間コートジボワールで教えた。

彼はニューヨークに行き、コロンビア大学での統計学修士のための資金のために、事務用品チェーンのステイプルスで働いた。ンディアェ氏の助言に感銘を受けたある顧客が、そのセネガル人に彼の勤め先のIBMの職に応募するよう提案した。それは15年前だった。今、ンディアェ氏は去年の5月にダカールで開業したビッグ・ブルー事務所の管理者として本国に帰った。

セネガルのその事務所は、IBMがアフリカが何十億もの利益を生ずるだろうと信じる兆候のただ一つだ。それは新参者ではない。それはその最初の装置を1911年に南アフリカの鉄道に売り、1964年にガーナの中央統計局にメインフレームコンピューターを売った。最近、それはその大陸に特別な関心を寄せている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

きれいな考えのために頭を集めろ - 環境技術インキュベーター

1月
06

革新を駆動するために力を合わせる部門

モドレットと呼ばれる装置を電源につないだ後で、家やオフィスにいる人々は、ウェブを通して遠隔操作で使っていない電化製品の管理をして無駄なエネルギーを削減することができる。モデレットを開発したシンクエコは、環境技術事業の発展に捧げられた増加するインキュベーターの一つであるNYCエーカーの壁の中からそうした。

NYCエーカー(ニューヨーク市環境再生可能経済推進者)のポートフォリオの中の新興企業にとって、強く注目しているのは、都市環境の中でエネルギー使用を解決する技術開発だ。「我々は大規模に革新を駆り立てるのを助けたいと思っており、ニューヨークはその100万件の建物で巨大市場だ。」運営部長のミカー・コッチは語る。

しかしながら、環境技術インキュベーターが市場の力をよりきれいな経済を駆り立てるために使うことを狙っている一方で、炭素排出、水消費、そして廃棄物といった問題を解決する方法の開発は、それが広範囲の部門や組織からの入力を必要とするという点で情報技術やバイオテックの革新を育てることと違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域は外国との提携に信頼を置いている - 中東欧のアウトソーシング

11月
27

トップ企業は新たに設立された経済的成功の戦利品を分け合う準備をしている

BPが2009年に中欧に事業サーヴィスセンターを立ち上げはじめた時、その英国に本社を持つエネルギー会社はハンガリーを選ぶ前に半ダースの国を調査した。

「我々がサーヴィスセンターを作り出すとき、費用節減を第一とはしておらず、価値を作り出すことを優先している。」BPのヨーロッパ事業サーヴィスセンター長のフィリップ・ウェランは先月のブダペストでの事業セミナーで語った。

「我々にとって、それはすべて、人々の能力、市場に価値を置く技能、産業の安全、経済、そして社会資本についてなのだ。それは政府の支援についてなのだ。」

彼は競争が厳しかったことを認める。「たくさんのほかの国がとてもこれに長けている。同じようにBPがサーヴィスセンターを立ち上げたクラクフは素晴らしい場所だ。しかし、我々がすべてのパラメーターを満たしたとき、ただハンガリーが一番合っていると感じたんだ。」彼は語る。

3年がたち、ウェラン氏は今後12か月でブダペストでの職員数を現在の850人から1,000人を超えるまで増やすことを予想して最近事務所を借り増した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

経済の新たなルール:グローカルになれ

9月
01

グローバリゼーションはアメリカから出ている一方通行だった。今、高いエネルギー価格、政治的リスク、そして技術変化が機会を元に戻している。ようこそ地方経済の時代へ。

もし、現在の合衆国経済が直面している巨大な範囲の機会と挑戦を例証する単一の会社があるのなら、それはイリノイ州ピオリアの重機大手、キャタピラーかもしれない。ほとんどのほかの企業と同じように、キャタピラーも金融危機の後に一撃を受けた。しかし、それ以来、それは立ち直った。いかにして?強い第2四半期の後で、その会社の2年連続の記録更新の年を送っており、その有名なブルドーザー、トラクターそして鉱山設備を世界的に700億ドル売りそうだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新品 - 新興国企業のブランド戦略

8月
18

新興市場の会社は世界的ブランドを打ち立てようとしている

アメリカ人は、中国が彼らの国を乗っ取ろうとしているという計画について心配するのをやめることができる。最悪のことはすでに起こっている。7月25日に、中国のコンピューター会社レノヴォがナショナル・フットボール・リーグのスポンサーとなる契約を発表した。アメリカは筋肉の硬直したラインバッカーを提供し続けるかもしれないが、中国人は彼らの取っ組み合いを可能にする賢いラップトップやデスクトップを提供する。

レノヴォは、不十分な給料を補完したいと思った中国科学院の11人の技術者によって1984年に設立された。それは、中国でその事業を打ち立てるのに何年も費やした。しかし、それから、それは2005年に世界的シーンに乱入し、それがIBMのシンクパッドPC事業を買った時、アメリカ議会を混乱させた。その会社は、今では世界で2番目に大きなPCメーカーで、間もなくヒューレットパッカードからトップの地位を奪おうとうかがっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

環境不適合者をほめたたえて

6月
20
なぜ事業はアスペルガー症候群、注意欠陥障害、そして失読症の人々を必要とするのか
 
1956年に、ウィリアム・ワイトはそのベストセラー「組織人」の中で、会社は「よくまるくなった」役員ととてもうまくいっているので、彼らは「天才に対する戦い」と戦うのだ、と論じた。現在、多くが反対の偏見に悩んでいる。ソフトウェア会社は反社会的おたくのことをうのみにする。ヘッジファンドは同じように変わり者の計量アナリストを吸い上げる。ハリウッドは気まぐれな創造者を集めるために後ろに身をかがめる。そして政策立案者は職を作るためにルールを破る企業かに目をやる。学校の運動場とは違って、市場は環境不適合者に親切だ。
 
求人者は、よいコンピュータープログラマーを作る精神的な質が、アスペルガー症候群と診断されるかもしれないものに似ているということに気づいている。狭い主題に対する執拗な関心、数字、パターン、機械への情熱、繰り返しの仕事への熱中、社会的手がかりへの敏感さの欠如といったことだ。彼らがインターネットを谷の上に置いたので、それは「スペクトルの上の」人々によってその人々のために発明されたのだ、という冗談もある。オンラインでは、人に会うという試練なしにコミュニケートできるのだ。
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

IBM を購読