セイヴ・ザ・チルドレン

別の失敗国家が手招きする - 中央アフリカ共和国

12月
28

恐れと飢えがアフリカでもっとも悲劇的な国々の一つをひっくり返すよう脅かしている

フランソワーズ・コラコは、いかにしてセレカの制服を着た戦士たちが彼女の夫の頭をライフルの取っ手でつぶしたかを物語った。彼らに挑戦するかもしれない他の人のための警告として、彼のぐにゃっとした体は首都バンギの260キロ北の農村であるデコアの彼女の家の外に血まみれで置き去りにされた。中央アフリカ共和国(CAR)の言語の一つであるサンゴで「同盟」を意味するセレカは、3月にフランソワ・ボジゼを隣のカメルーンに亡命の形で追い出して以来、その国を模範的な野蛮さで支配している。これは、セレカの北にある拠点から南のバンギに3か月位にわたる侵攻の後で起こった。その途中で、その反乱軍は邪魔されることなく強姦し略奪した。

いま、政府として落ち着いた彼らは、民主主義は言うまでもなく、わずかな法と秩序すらも再び施行しているとは言い難い。前大統領の支持者と首都のボイラビ要塞にこもったその親ボジゼ派の人々を武装解除しようとするセレカの戦士たちとの間で8月20日に始まりバンギ中に広がる衝突で、少なくとも10人が死亡した。CARは失敗国家になる途中にあるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

めちゃくちゃなスープ - インドの栄養失調

12月
15

有権者に影響を与えるための巨大な安い食糧計画は栄養失調を終わらせないだろう

「歴史的」で「無類な」は、与党インド国民会議の党首のソニア・ガンディが、8月20日にデリーで始まったインドの新しい食糧法を表現するのに使ったものだ。彼女は貧者の飢餓を終わらせることを約束した。その法律とその導入へのより正確な言葉は、「その場しのぎ」で「混沌とした」だろう。その計画はインドの12億の人々のうち8億人に到達することを狙い、彼らにそれぞれごくわずかな価格で月に5キロの米か小麦を施すものだ。それは、それを世界最大の食料補助にする。しかし、それは、混乱、冷笑、そして財政的無責任さの主張の中で始まっている。

その食糧計画は、ガンディ女史の雑用係のマンモハン・シン首相が、議会が最後には合意しなければならないというめったに使われない執行力の法令として7月にそれを導入した時、法律になった。ガンディ女史は、5月の終わりに予定されている総選挙に打ちのめされることを恐れ、だから議会党はいまその計画を通すことに急いでいる。議会は依然として説得されなければならない。彼女はその法案を、20年前に暗殺され、その騒々しく宣伝された誕生日が立ち上げの日に選ばれた、彼女の夫のラジヴ・ガンディの思い出に結び付けようとした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

栄養のパズル - 貧困と食料

2月
26
なぜ、それほど多くの貧しい国々の人々が、そんなにも悪いものしか食べていないのか、そしてそれに対して何ができるのか?
 
サン・パウロの最も貧しく、最も誤って名付けられた貧民街の一つである、エルドラドでは、何人かの8歳の少年たちが、かつて薬物ギャングや飢餓でよりよく知られたグラウンドの1区画でサッカーをしている。彼らは健康な状況のように見えるが、そうではない。試合後に、彼らはピッチの脇にある一袋のバナナに寄り集まる。
 
「学校では、子供たちは毎日完全な食事を食べる。」地元慈善団体の「危機に瀕した子供たち基金」の事務局長、ジョナサン・ハナイは説明する。「しかし、休日には彼らは朝食も昼食もとらずに我々のところにくる。だから我々は彼らにバナナを与えるのだ。それらは腹を満たし、安く、そして脳を刺激する。」栄養失調はかつてエルドラドでは見えずに広がっていたものだ。今ではそれは少なくなり、同じように重要なことに、それはもはや隠れていない。「それはより見えるようになり、だから人々はそれに対して何かしている。」
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

マラリア流行中

9月
28

いかにして抗マラリア運動の加速が世界的援助の全く新しいモデルを開いたのか

地球上でもっともマラリアが流行っている町で、私は、天井のファンが回っている二つの蚊帳の奥にある机にマシュー・エメル博士を見つけた。私は自己紹介し、エメルに自分は地球からマラリアを根絶するための運動を報告しているのだと話す。もし私が、それがなぜ重要なのか、そしてそれがどれほど難しいのかを知りたければ、それにかかるとどれほどひどいことになるのかを見ることは良い考えだ。そして私は北ウガンダの51.5万人の人口があるアパッチ地区では、平均的な人はマラリアに感染した蚊に1日4回刺されると読んだ。エメルは頷く。彼は、他のより印象的な統計があると語る。彼の少ないスタッフは最悪の週には5,000人の人々を診るかもしれない、といったことだ。そして2007-08の間に治療者の中にはアパッチ地区の全子供の70%とそこの全人口のほぼ1/3を含んでいたという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

どこかへの道 - アフリカの社会資本

7月
26

アフリカ人が最も必要なのは何か - 援助か社会資本か?

市場へ野菜を持って行くにしろ、蛇口から水を取るにしろ、電気をつけるにしろ、アフリカでは必要以上にほとんどすべてのことが遅く、信頼できず、もしくは高い。その大陸での大きな投資に資金をつけるアフリカ開発銀行(AfDB)は、道路、住宅、水、衛生施設、そして電気の不足はサブサハラアフリカの産出を約40%減らしていると語る。そのみすぼらしい社会資本がその大陸を遅らせているということに異論はない。

しかし、どのようにそれに資金をよりつけるのだろう?援助資金の用途を変えたいものもいる。建設会社がオックスファムやセイヴ・ザ・チルドレン より援助金をより良く使えるかもしれないと提案することは、かつては異端のように聞こえた。しかし、いくつかの理由で議論の条件は変わった。低価格のアジアの会社(アフリカの資源からの収入で引きあう)の仕事は、新しい道路や港は購入できると示している。新しい急ぎの感覚もある。人口が増えているので、より良い社会資本への必要性はかつてないほど高まっている。ついに、アフリカの銀行や株式市場が勃興し、官民の協力関係をより実現可能なものにしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
セイヴ・ザ・チルドレン を購読