トーマス・ジェファーソン

教育と階級 – アメリカの新たな貴族政治

1月
25

知的資本の重要性が増すにつれ、特権はますます遺伝性になっている

8月に共和党大統領候補者の最初の討論会が開かれるとき、そのうちの3人は父親も大統領に立候補した人になるかもしれない。誰が勝ったにしても、その次の年には空いては元大統領の妻になるかもしれない。相続される地位に敵対する原則で設立された国がこれほどまでに王朝に寛容なのは奇妙だ。アメリカは一度も王や君主を持っていないので、エリートが固定化するという兆候について、ときどきそれほど気にしないように見える。

トーマス・ジェファーソンは、国にとって有益な有徳で才能のある自然の貴族政治と、国をゆっくりと窒息死させるだろう富と出生によって成し遂げられた人工のそれとを区別した。ジェファーソン自身は、義理の父から11,000エーカーの土地と135人の奴隷を相続したすばらしい弁護士であり、その両者の雑種だが、その区別は耐久力があるとわかった。

今、それがわかり始めている。現在の金持ちはますますその子供たちに、数晩カジノで遊んだくらいでは使い切れない資産を残しているからだ。それは富よりも遙かに有益なもので、相続税に傷つけられないもの、つまり頭脳だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

起業家的国家

1月
02

ある新刊が、政府が革新的な事業を生み出すのに果たしている大きな役割を指摘する

アップルは一般的に、革新的事業について最高のものすべての具現化としてみなされる。それはガレージで始まった。何年間も、それはマイクロソフトのもっさりしたゴリアテに対するかっこいいダヴィデを演じた。それからそれは、コンピューターから携帯端末へその焦点を移すことによって、自身を、そして娯楽産業全体を崩壊させた。しかし、この物語からは何か省かれたものがある、と、イングランドのサセックス大学のマリアナ・マズカートはその著書「The Entrepreneurial State」の中で論ずる。スティーヴ・ジョブズは、技術とデザインの両方を理解した、疑いもない天才だった。アップルは疑いもなく巧妙な革新者だった。しかし、アップルの成功は、現在の消費者向け電化商品革命の認められない支えである、国家の積極的役割なしには不可能だっただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

今回、それは真剣だ - アメリカの事業環境

2月
27
アメリカは事業をするのに魅力的でない場所になっている
 
アメリカはかげっているのか?未来の産業をそれほど支配している国について言うのは奇妙なことのように見える。ほかのどこでフェイスブックが学生の悪ふざけから10年以内に1,000億ドルの会社に成長できるだろう?アメリカは、大騒ぎして戻ってくるためだけに、過去の、特に1970年代の衰退についての心配にとらわれている。しかし、今回は、深刻かもしれない。
 
ほかの国が追い付いてきていることに疑いはほとんどない。1999-2009の間に世界輸出に占めるアメリカの割合は、ほとんどすべての産業で落ちた。航空宇宙で36%、情報技術で9%、通信装置で8%、車で3%だ。市場シェアのいくらかの喪失は、中国やほかの経済が勃興するにつれ避けられない。しかし、絶対値で見ても、心配なわけがある。民間部門の職の増加は劇的に小さくなり、世界的競争にさらされた産業では止まっている。年間所得の中間値は1990-2010の間に弱々しく2%だけ伸びた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

明らかに馬鹿げている - 知的財産権と経済

5月
09

もしアメリカがもっと革新を必要としているのなら、一体全体なぜ特許局の予算を削るのだ?

Posted By gno-eagrai 続きを読む
トーマス・ジェファーソン を購読