リチャード・ブランソン

良いことが多すぎる

8月
19

指導者は自分たちの強さに気づくことを学ぶ必要がある

その強みのほとんどを利用しようとすることは指導者たちにとって全く当然のことだ。比較優位の理論は、国や企業と同じように、人々を得意なことに集中するよう方向づける。経営専門家は、マーカス・バッキンガムとドナルド・クリフトンによる『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす:Now Discover Your Strength』と呼ばれる最近のベストセラービジネス本のように、同意する傾向にある。ビジネススクール(や実にビジネスコラムニストも)が社長たちの人物像を描き出すとき、彼らはしばしば多いことが良いことだと推測する。しかし、これは正しいのか?3冊のより最近の本がいくらかの疑問を表す。『Fear Your Strengths』の中で、ロバート・カプランとロバート・カイザーは、「あなたが最もよくできることは、あなたの最大の問題になりうる」と論ずる。強さはいじめになりうるし、決断力は強情さに変わりうるし、礼儀正しさや優しさは優柔不断に発展しうるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカへの案内

3月
22

なぜフロンティア市場の投資家は案内人を必要としているのか

段ボール箱は格好良くない。しかし、それは有益だ。ローリーいっぱいの卵を包装なしで農場から店に移そうとすることを想像してみるとよい。箱はものを持ち運ぶのを簡単にするので、それにより店は幅広い品種のものをより安い価格で並べることができる。だから、段ボール工場をアフリカで経営することは、アフリカ人の皿の上により多くのより良い食料を置くことになる。

ウガンダのライリー包装工場は、すごい光景だ。壁から壁まで、そして床から天井まで、それは大量の巻紙を詰め込んでいる。訪問者は、トイレットペーパーの山を見つめる蟻のように感じる。経営コンサルタントは訊ねるかもしれない。なぜライリーは、3か月分というこれだけ多くの在庫を遊んで床に積み上げて持つ必要があるのか?確かにその会社の資本を使うより方法があるのでは?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジェットグリーン - 新エネルギー

10月
03

飛行機会社が安く大量にあるバイオ燃料を必要とするので、その産業に規模拡大を強いている

8月のワシントンでの会議で、合衆国を含んだ17の国々は、2020年までに炭素中立的な成長を成し遂げるという航空産業の目標を再確認した。それは、飛行機旅行で炭素排出の問題を解決する今までのところもっとも野心的な努力だった。その目標に合わせるためには、エネルギー効率的な飛行機だけでは十分ではない。その産業はジェット機のためのバイオ燃料の新しくて安い素をより多く必要とするだろう。

ユナイテッド航空は、ヒューストンからシカゴに向かうコンチネンタルの運航するボーイング737-800で、バイオ燃料を使った最初の商業飛行を始めた11月に、その関与を示した。「一つの会社は年間に40億ガロンを超えるジェット燃料を使っているので、我々は指導的な消費者で、バイオ燃料市場を離陸させることに興味がある。ユナイテッドの持続可能性部門長ジミー・サマーティスは語る。「もし彼らがそれを生産できれば、我々はそれを使うことができる。それに価格競争力がある限りは。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ああ、無情 - ヨーロッパの起業家

8月
04
ヨーロッパは、ユーロ危機を持っているだけではなく、成長危機も持っている。それは、野心的な起業家を奨励するのに慢性的に失敗しているためだ
 
東ベルリンのザンクト・オーバーホルツは、その地区のどのバーよりも流行だ。落書きに覆われたドア、傍若無人なアート、鋭いファッション、そしてBGMのビースティ・ボーイズ。それは、生まれつつある大事業家を探すような場所には、最初は見えない。しかし、彼らの存在には大きな意味がある。ヨーロッパの文化は、起業家にひどく無愛想だ。新興企業を巨大なものに育てようと思うことは、ピアスやパフォーマンスアートのように、まったくカウンターカルチャー的なのだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

環境不適合者をほめたたえて

6月
20
なぜ事業はアスペルガー症候群、注意欠陥障害、そして失読症の人々を必要とするのか
 
1956年に、ウィリアム・ワイトはそのベストセラー「組織人」の中で、会社は「よくまるくなった」役員ととてもうまくいっているので、彼らは「天才に対する戦い」と戦うのだ、と論じた。現在、多くが反対の偏見に悩んでいる。ソフトウェア会社は反社会的おたくのことをうのみにする。ヘッジファンドは同じように変わり者の計量アナリストを吸い上げる。ハリウッドは気まぐれな創造者を集めるために後ろに身をかがめる。そして政策立案者は職を作るためにルールを破る企業かに目をやる。学校の運動場とは違って、市場は環境不適合者に親切だ。
 
求人者は、よいコンピュータープログラマーを作る精神的な質が、アスペルガー症候群と診断されるかもしれないものに似ているということに気づいている。狭い主題に対する執拗な関心、数字、パターン、機械への情熱、繰り返しの仕事への熱中、社会的手がかりへの敏感さの欠如といったことだ。彼らがインターネットを谷の上に置いたので、それは「スペクトルの上の」人々によってその人々のために発明されたのだ、という冗談もある。オンラインでは、人に会うという試練なしにコミュニケートできるのだ。
Posted By gno-eagrai 続きを読む

リヴァプールからの視点 - 起業家クラスターの作り方

3月
26

起業家クラスターは作るよりも殺す方が簡単だ。政策立案者はこれを覚えておくべきだ

3月13日に3,000人の人々が年次の世界起業家会議に集った。彼らは、ヴァージングループのリチャード・ブランソン卿の「ねじ込め、それをしよう。」と題した講演を聴いた。彼らは、テスコの元社長のテレンス・リーヒー卿のいかにして「中にいる勝者」を解き放つかについての話を聞いた。そして何よりも、アルバニア人がエジプト人と、ガーナ人がラトヴィア人と、といったように猛烈にネットワークを作った。このすべての起業家礼拝の場所は、リヴァプールだった。

リヴァプールで起業についての会議を開くことは、リヤドで女性の権利についての会議を開くことのように少し聞こえるかもしれない。その町は、とても違った価値の集まりとしてかたく認識されている。英国人ならみんな、仕事嫌いとされるスカウサー(リヴァプール人)について豊富な冗談を言うことができる。スーツを着たスカウサーをなんと呼ぶ?被告人さ。スカウサーのラップトップは何?ピザだよ。などなど。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ユッスー・ンドゥールの抵抗の歌

3月
07

セネガルの音楽スターは、その母国の民主主義のために戦い、そしてそれ以上のもののために、そのキャリアを棚上げしている

アフリカでもっとも有名な存命中のミュージシャンは、50人の記者、100人の支持者、そしてその向こうには100人の治安警察が武装トラックに乗ってプラスティック弾や水泡の発射準備をしているのに囲まれて、セネガルのダカールの下町にある独立広場の端にいた。

ンドゥールの後ろでは、警察のトラックがアクセルをふかして群衆の中に押し込んでいる。ンドゥールは肩越しに振り向いて心配そうに見える。しかし彼は怒ってもいた。「これはセネガルの問題だ。」その52歳の男は警察を指さして叫ぶ。「彼らは本当の変化を恐れるが、彼らには我々を止める権利がない。これらの警察は、我々の警察だ。我々は戻ってくる。我々はこの戦いが終わることを求める。我々は続ける。」そしてそれとともに、彼のボディーガードが彼をせかす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
リチャード・ブランソン を購読