モルディヴ

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

島々が別れて - 日中海洋紛争

10月
01

その国々の緊迫したよそよそしさは見た目以上のものだ

日本政府が、日中間に横たわる5つの島のうちまだ所有していない3つを、民間所有者に20億ドル支払って購入することを決めた9月11日に、その島々を巡っての両国のけんかが再浮上した。中国は怒りを持って反応し、尖閣諸島と呼ばれるところのそばの海域に2隻の警備船を送った。

日本は、これが激怒よりも堅実であることを望んだ。首相の野田佳彦は、困難を抱えた水域を掻き立てるためではなく、東京都知事で怒りっぽく中国をいじめる民族主義者の石原慎太郎の手にそれらを持たせるよりも良いと感じて買ったのかもしれない。4月に石原氏は東京都がそれらを買う運動を始めた。

中国はそれが野田氏のやり方だとは見なかったかもしれない。問題の一部は、その地域の多くが中国の海洋拡張としてみているものに憤慨する一方で、中国は日本独自の領海範囲に困らされているということだ。二つの国は、いくつかの推計によると、だいたい同じ海岸線の長さを持っているけれども、列島の日本は、中国の5倍の450万平方キロの排他的経済水域(EEZ)を獲得している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

法と銃 - 海賊と民間保安

4月
28

船に乗った武装警備は海賊を思いとどまらせる。しかし、彼らが合法だと誰が言うのだろう?

戦場での民間保安チームは、ペルシャ湾から南はセイシェルまで、東はモルディヴまで広がる「ハイリスク地域」の約40%の大型船舶の船上を警備する。海賊が攻撃してきたとき、これらの武装警備は火炎信号で反応するか、警告射撃を行う。これはふつう襲撃者を恐れさせる(または彼らをより簡単な獲物探索に向かわせる)。もしそれが失敗すれば、彼らは攻撃船のエンジンに発砲し、そのあとで海賊に狙いを定める。今のところ、武装警備を乗せた船でハイジャックされたものはいない。

それらの警備を提供するほとんどの会社は英国で、だいたい元特殊部隊の起業家精神に富んだものによってはじめられる。ハイリスク地域を通り過ぎるのに、4人組のチームで4.5万ドルかかりうる。船の所有者への費用は、幾分かは保険の節約によって相殺される。

その考えは単純なように見えるが、その法的枠組みはそうではない。海洋法に関する国際連合条約の下では、警備員を含んだ船員は、船の船籍国の法を順守しなければならない。しかし、これらの船は国際海域を往復しているので、その規則は十分でないことを意味する。2009年以来作られた標準の列挙は、民間保安チームの良い慣行を示唆するが、法的に拘束力のあるものはない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
モルディヴ を購読