ブラジル

生き延びる - 生物多様性

2月
14

少ない成長ではなくさらなる成長が第6大絶滅を避ける最善の望みだ

海南テナガザル、毎朝お互いに歌う。しかし、最近彼らはあまり歌うことがない。その種は、米とゴムの肥沃な産地であるだけでなく、ゴルファーの天国でもある、ある中国の島の固有種だ。その森のほとんどは、これらの活動のために場所をあけるために破壊されており、そのテナガザルの数は数十匹に減っている。もしその種が消えれば、それは1万2千年前の完新世の始まり以来絶滅した最初のサルになるだろう。

海南テナガザルは、国際自然保護連合によって絶滅寸前に指定された4,224種のうちのたった一つにすぎない。注意は哺乳類と鳥類に集まる傾向にあるが、カエルのような両生類は、さらに危険にさらされている。

過去数世紀にわたって、人類の経済成長は、他の種が直面する問題の多くを惹き起こしている。しかし、より大きな人類の繁栄はいま、他の種が生き延びる最善の可能性を提供する。
 

恐竜に何をしたか

地球の歴史で、これまでに5回の大絶滅があった。一つは恐竜を絶滅させた。別のものは地球上の96%の種を一掃した。すべてが多分地質的な事件が隕石によって引き起こされた。多くの科学者は6つ目のものが進行中で、それは人によって引き起こされていると考えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

審判はロボットだ - 技術とスポーツ

1月
31

サッカーの審判を助けるためのゴールライン技術の展開は、将来のさらなる決定補助のための道を開くかもしれない

2014年7月13日。最終ホイッスルの数分前に、イングランドのウェイン・ルーニーはドイツディフェンスの裏にけりこみ、サッカーワールドカップ決勝の唯一のゴールを決める。しかし、リオのマラカナ競技場のイングランドサポーターの歓喜は、線審がその旗を揚げると掻き消える。映像がそうではないことを示しているのにもかかわらず、そのゴールはオフサイドで認められない。ドイツチームがPK戦で勝つ。

イングランドがワールドカップの決勝に進むという考えがこのシナリオを幾分奇抜なものにしているけれども、間違ったオフサイド判定はむしろより頻繁に起こりそうだ。前回のワールドカップでの明らかな誤審が、ゲームのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)にこの夏にゴールライン技術の導入を容認するよう説得した。これは、ミスを犯しがちな審判を助けるために技術をより広く利用することに向けた単なる第一歩かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小さいが致命的だ - 大量絶滅

10月
05

歴史上最大の絶滅は、たぶん気候を変えた宇宙の岩によって引き起こされた

どんな学童でも知っているように、恐竜は、外部空間からの岩が今の南部メキシコにあたるところにぶつかった時、たちまちのうちに一掃された。それは、白亜紀の終わりの6,600万年前に起こった。よく知っている子供たちは、この大量絶滅が独特でも最大でもなかったことを知っている。5.41億年前のカンブリア紀の初めに動物の生命が複雑になって以来、4つの他のものが地質学的に記録されている。

しかしながら、これらの賢い子供たちも他の誰も知らないことは、これらの絶滅が似たような原因を持っているのか、と言うことだ。しかし、2.523億年さかのぼる二畳紀の終わりの、すべての中で最大の絶滅は、実に同じく衝突によって引き金が引かれたという証拠が積み重なっている。にもかかわらず、引き金は同じだったけれども、詳細は大きく異なっている、と西オーストラリア大学のエリック・トーヴァ―は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貧乏の肖像

10月
03

人々を貧困から引き上げることについての合意は、驚くほど最近のことだ

7月17日に、インドは最新の貧困の数字を発表した。それらは、勇気づけられる物語を語る。貧困線以下のインド人は、2004-05年の37%を超えるところから下がって、2011-12年には22%に少し満たないところになったのだ。選挙がそれほど遠くないので、これらの数字は異論なくは通らないだろう。否定的な態度を取る人は、すでにその数字が政府をよく見せるために早く発表されていることに不平を言っている。しかし、政治的反対派がそれについて頑張って戦う時でさえも、彼らが論議しないことについて注記することは価値がある。誰も貧困の減少が悪いことだとは言っていない。そして誰も、政策立案者が大量の貧しい人々を貧困から出すことを助けようとするべきだということについて論じていない。これは、世界的な合意を写している。国連であれ世界銀行であれ、雑多な役人であれ意識の高い有名人であれ、誰もが貧困の軽減は望ましくかつ可能だと考えている。その議論は詳細についてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ふくらみの戦い - ラテンアメリカの肥満

10月
02

ウエストラインが広がるにつれ、ジャンクフードとの戦いもそうなる

アステカやインカまでさかのぼる豊かな料理の伝統を持つ国々として、メキシコとペルーは現代の食料の流行への好みをかなり発展させている。メキシコ人はほかのどの国よりも発砲飲料をがぶ飲みする。ペルーは世界で最も高いファストフード店の密度を持っている。世界最大の果物輸出国の一つチリは、それを多く食べない。加工食品が平均的なチリ人の買い物かごの半分以上を占めているのだ。痩せたブラジルですらも、お菓子のジャンクフードの摂取は30年で5倍になっている。

全てのウエストラインが同じようにこの砂糖、塩、脂肪の集中にあっているわけではないが、多くのラテンアメリカとカリブ海諸国をわたって、その傾向はマフィントップのように目立つ。国連機関の食糧農業機関は、その地域が発展途上世界で最も体重の重い地域になっているという。その脂肪の蔓延が始まった1990年と比べて、飢えを通してよりも過食を通して、いまラテンアメリカでは、はるかに多くの健康な生活の年月が失われている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

美しきゲームへようこそ - サッカーへの悪者のガイド

9月
18

サッカークラブは簡単に泥棒機械として使われうる。これが手引書だ。物語は本物だが、ほとんどの詳細は隠されている

新しいサッカーシーズンが近づき、それとともに新しい選手、高価すぎるレプリカ商品、そして不快なクラブ所有者もだ。もしあなたがその一人ならば、あなたが自分の評判だけをきれいにしており、慈善のスポーツバカがそうすることに大金を失う意思を持つとほとんどの観察者は間違って推測するだろう。それは親切すぎる。あなたの新しい資産は、あなたの汚いカネを洗うのに役立つだけではない。それはさらにカネを稼ぎもするのだ。

サッカー道楽に入るにはよい時だ。銀行はそれほど気前がよくなく、融資について感傷的だ。税務官も、大きなグラスゴーのクラブレンジャースが発見したように、それほど寛大ではない。それは、税金の延滞によって破産を強いられ、そのあとで新しい所有者の下で再編成されている。しかし、厳しいときは、クラブが死に物狂いで、安くなっていることを意味する。多くの所有者がしているように、控えめな管轄で持ち株会社(またはその避難所)を立ち上げれば、あなたは自由になる資金洗浄と着服機械を持つ。当局はあなたを邪魔しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

利益なしの名誉? - 高等教育事業

9月
11

ビジネススクールが民間企業と結びつくことは興味深い事例研究だ

ビジネススクールを経験する種類の人々は、利益のために提供されている教育という考えに何の問題も感じないだろう、と思う人がいるかもしれない。しかし、アリゾナの苦闘している学校サンダーバードが教育会社のローリエートとの提携を計画していると3か月前に発表した時、卒業生と学生の間に騒ぎがあった。その契約の保留を求める嘆願はほぼ2,000の署名を集めた。「売り払う」ことによって、サンダーバードの経営陣は学校のブランドを薄め、その学位を安くしている、とそれは言う。

サンダーバードは、第二次世界大戦後の元空軍基地に建てられたその学校自身、非営利のままだ、と主張する。その提携は、その学校のオンライン教育と幹部のためのコースを拡大し、学士号を導入するための外国キャンパスを作り出すために使われるだろう。しかし、去年上院委員会によって発行されたアメリカの営利高等教育会社への破滅的な報告は、その取引についての疑念を説明する役に立つ。それは、2009-10年の学校年度にそのような組織は政府から320億ドルの学生援助を得たことを見つけた。彼らは州立大学よりも高い料金を課すが、教育にそれほど費やしていない。その落第率は警告すべきものだ。2008-09年に、中央値の学生はたった4か月しか続かなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

詰め込まれた - 農業

9月
11

下院は農場法案を拒絶する

少なくともここ40年間で初めて、下院は農場法案を6月20日に拒絶した。罪のなすりあいが飛び交っている。共和党は民主党が「統治できない」と言う。民主党は共和党が「アマチュア」だと言い返す。豊かな農民への費用の掛かる給付で詰め込まれたその法案は、ほとんど悲嘆する価値がない。しかし、2つの側が一緒に働けなかったので、真剣な改革の可能性はいま離れているようだ。

5年ごとに更新にかけられるその農場法案は、2つの大きな関連しないものを調整しなければならない。(連邦政府が食料スタンプを与える)貧者の苦境の緩和と(政府が補助金を与える)農民を甘やかすことだ。納税者はこのすべてに10年にわたって1兆ドルを払い、うち1/5は農民へ、4/5は金に困った家庭へ行った。

伝統的に、その法案は、農業州の共和党員と都市部の民主党員に同じようにごちそうした超党派のものと考えられる。これは、それが普通騒ぎなく可決することを意味する。しかし、去年と今年はそうではなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興ブランドの戦い

9月
08

西側のブランドは発展途上国のそれからの包囲にさらされるようになっている。

過去20年間は、経済力の新興世界への巨大な再分配を経験している。しかし、今のところそれに相当するブランド力の再分配はない。フォーチュン誌の2012年の一覧の売上収入による500の大企業には、132の合衆国を除いたどの国よりも多くの73の中国企業が含まれていた。しかし、インターブランドの2012年の100の「最高の地球規模ブランド」の一覧には、中国企業は一つも含まれていなかった。

しかしながら、新著『Brand Breakout』の中で、二人の学者ニルマルヤ・クマールとジャン=ベネディクト・スティーンカンプは、発展途上国の企業が迅速にブランディングの芸術を学んでいると論ずる。数少ない新興市場のブランドがすでに地球規模になっている。ヨーロッパでサッカーの試合を「エミレーツ」を網膜に焼き付けることなく見るのは難しい。さらに近づいているものもある。中国のハイアール〈白物家電〉チリのコンチャ・イ・トロ(ワイン)そしてブラジルのナチュラ〈美容品〉だ。発展途上世界の勃興によって包囲されると感じる西洋人は、依然として高価なブランド品の高地を保持していると考えて自身を慰める。しかし、新興市場の競争相手が彼らの軍馬に乗っており、破壊鎚を持っていることに、彼らは疑いを持っていなくて当然だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金に向かう - エクアドルの鉱業

9月
03

ブラジルがその鉱業ロイヤリティを上げるとき、エクアドルはそれを下げる

エクアドル人は「比類のない金持ちの中で貧しく生きる。」アレクサンダー・フォン・フンボルトはその19世紀の冒険の中で注目したと言われる。新たに3期目に突入した大統領のラファエル・コレアは、ついにエクアドルの金、銀、銅などの鉱物の地価の富の鍵を開けることを狙っている。彼の最初の6年の任期中に追及されたポピュリスト政策は、国産会社と環境主義者を同じように遠ざけた。しかし、6月13日に可決された新鉱業法は、より実際的な方針を示唆する。

2009年の包括的な鉱業改革は、会社を官僚主義でつつみ、彼らを税で痛めつけた。その政府は、その鉱業体制を世界中のどこの国よりも最も儲かると褒めちぎった。投資家は注目し、他に行った。2月の大統領選挙が道を離れて、コレア氏は経路を変えている。その新法は、以前には青天井だったロイヤリティに8%の上限を課し、必要な許認可を合理化する。会社は、その投資を取り戻すまで、タナボタの税金を支払わない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ブラジル を購読