エンダ・ケニー

ティーショク(アイルランド首相)の頓挫 - アイルランド

9月
14

景気後退が戻ってきて、銀行員の悪事が発覚する

アイルランドの首相エンダ・ケニーにとって、銀行員たちの会話の録音が漏れたことほど、イライラさせる時間になったことはほとんどないだろう。6月30日にケニー氏の政府は6か月のEUの持ち回り議長国を終え、その間にEUは予算を仕上げた。そのうまく行った仕事は、アイルランドがヨーロッパで失った権威をいくらか回復するのを助けただろう。

悲しいことに、ケニー氏の成果は、納税者の費用に関わらず破綻した機関を前の政府が救うことを確かめるようアングロ・アイリッシュ銀行の役員が企んだ5年前のテープの暴露によって、影が薄くなった。アングロのテープの調子と中身についての大衆の抗議が起こった。アイリッシュ・インディペンデントに掲載されたその抜粋は、2008年9月に世界的金融危機が展開し、アングロが巨大な預金流出を食い止めるのに苦労していた時の、銀行の役員の間での電話の会話を物語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

フランスの独自性

8月
22

大西洋横断自由貿易協定は、映画製作者への補助金に対して必要なく停止を命ずる

ベレニス・ベジョは、サイレント映画時代についての受賞映画『アーティスト』の中で、まったく言葉を発することなしにスターダムに上がった。しかし、今週、欧州議会で、彼女はアメリカとの大西洋横断自由貿易圏の計画に反対する声だった。ヨーロッパの映画製作者は、ブリュッセルが幾分かは彼らをハリウッドとの競争から守る補助金と割り当てを許す文化的例外を諦めるのではないかと恐れる。フランスの公的資金がなければ、『アーティスト』は決して作られなかっただろう、とベジョ女史は宣言した。彼女は、文化的例外を失うことは「本を燃やし、博物館を閉鎖し、親指を切り、第1子を犠牲にし、ベルリンの壁を再建する」ようなものだろう、としたドイツの映画監督ヴィム・ヴェンダースからの手紙を読み聞かせた。

メロドラマは自然に人々を撮影することになる。より困らせるのは、フランスが始める前にその世界でもっとも野心的な貿易交渉を容易に殺そうとするように見える自殺的行為だ。音響映像サーヴィスが全部交渉から除外されなければ、今週末のルクセンブルグでの通商担当大臣会議で、欧州委員会がアメリカとの交渉を始める任務に拒否権を発動するだろう、とフランスは主張する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として制限的だ - アイルランドの堕胎議論

2月
26

アイルランドの堕胎についての法律を緩和する制限された計画が、鋭い議論を惹き起こす

アイルランドの最高裁は21年前に、女性の命を死の危険にさらすかもしれない妊娠のリスクがあれば、堕胎は合法だと裁定した。その訴訟は、最高裁がひるがえした、下級裁判所に堕胎のためにイングランドにわたることを止めた決定をされた、性的虐待を受け自殺的な10代の若者を巻き込んだ。しかし、後に続く政府はその裁判所の決定を無視した。アイルランドは依然として先進国中で最も制限的な堕胎の体制を持っている国の一つだ。毎年4,000人以上のアイルランド人女性が英国にわたって妊娠中絶する。アイルランドの問題への英国的解決だ。

しかしながら、3年前、欧州人権裁判所はアイルランドにその堕胎法を明白にすることを要求することによって政治家が措置を講じるよう恥いらさせた。より最近には、あるインド生まれの歯医者が繰り返し中絶を要求していたにもかかわらずゴールウェイの病院で流産の後に亡くなった時の国際的な抗議によって、その議論は再点火された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ケルトの変容

1月
29

アイルランドは緊縮を通しての調整のモデルなのか?

「お祝いが待ちきれない。」ダブリン空港のポスターは、花火でばか騒ぎする人々の写真で宣言する。1年間続くお祭りといい気分にするイヴェントである「ギャザリング」は、アイルランド系海外居住者を祖国アイルランドに引き戻すという意味を持つ。これをさげすんで、感傷的な外国人から金を搾り取るための単なる策略だとみるものもいる。より強い批判は、アイルランド系は再び散らばっているというものだ。その経済的苦悩に対するアイルランドの伝統的反応である移民は、再開し、加速すらしている。

バラードはずっと別れの悲しみを喚起している。「多くの20歳の若者たちがさよならを言った。」1960年代にダブリナーズは歌った。1980年まで、典型的な移民は貧しい労働力だけではなく、不満を持った卒業生でもあった。それから、「ケルトの虎」の日々の経済的好況がその呪いを壊すように見えた。若い男女は母国で給料の良い仕事を得ることができた。アイルランドは外国に出て行った人の何人かを引き戻しており、外国で獲得したその技術とネットワークが好況を加速している。初めて、アイルランドは、特に東ヨーロッパから多くの外国人労働者を惹きつけている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

西の夜明け - アイルランドとユーロ危機

1月
07

なぜアイルランド人は、彼らの救済計画を後にするために手助けするのに値するのか

ほとんどのユーロ圏の周辺のほとんどの見通しは暗いままだが、西にかすかに表れる望みがある。2013年の終わりまでに、アイルランドはその救済計画を後にし、再び自分の足で立つことができるかもしれない。

アイルランドの回復は、アイルランドとその首相エンダ・ケニーと同様に、ヨーロッパとその事実上の指導者アンゲラ・メルケルドイツ首相への一押しを提供するだろう。救済の対価として課された緊縮と構造改革の議論を呼んだ治療がうまくいくということを示すだろう。それは、特に秋に投票に行くドイツの有権者といったヨーロッパの中核の選挙民に、ギリシャの場合とは違って救済が彼らに終わりなき税金の要求を宣告することではないと安心させるだろう。そして、アイルランドによる債券市場への維持された収益は信頼をより一般的に押し上げ、ポルトガルやスペインのようなほかの救済された経済を助ける。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
エンダ・ケニー を購読