国連

それを正しくやる - ガーナの最高裁

1月
19

判事が遅ればせながら去年の選挙で資格を認めた。それは待つ価値があった

大統領選挙の9か月後に、運動の看板が依然としてガーナの田舎に飾られている。いま、最高裁がその結果を保証したので、それはついに下げられるかもしれない。8月29日に、その裁判所は敗れた候補者のナナ・アクフォ=アドによる訴えを拒絶し、ジョン・マハマを大統領として確認した。その法的闘争は、アフリカの民主主義の新たの地平を描いた。20年以上公平な政府を経験し、ガーナはその大陸のモデルとみなされる。それは、1992年に民政移管されてから6回連続の平和的選挙を経験している。大統領は2度暴力なしに変わっている。にもかかわらず、アクフォ=アド氏の陣営は不正を叫び、1,100万人の投票の40%を無効にするよう求めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

多目的複合大都市 - 賢い都市

1月
10

熱狂する人は、前世紀に電気がしたのと同じくらい、データサーヴィスが今世紀都市を変えることができると考えている。それを証明するのは長い道のりだ

泥棒でさえも、今ではスマホアプリを持っているようだ。(アムステルダムのスラングで「簡単な窃盗」のような意味の)マッキー・クラウウェは、自転車が良い目標のような、例えばリーストラートやタインストラートといった、コソ泥のためのその町で最善の場所を明らかにする。そのアプリは、その暗い技術を、ある地区で報告された、可処分所得、犯罪水準、そしてほかの問題についてのおおやけに利用できるデータをまとめたものに頼っている。盗むのによい場所は、例えば、高い所得、低い犯罪報告、そして壊れた電灯といった条件かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

賭け金を上げる - 国連とコンゴ

12月
28

よりしっかりとした国連は近隣関係をかき乱す危険がある

東コンゴの国連介入部隊は、怒りでその最初の1発を発射した。8月21日以来、その地域で不正な武装集団を抑えるために力を与える独断的な権限を持つその軍隊は、コンゴ民主共和国の正規軍と組んで、去年の11月に短期間侵略された北東部の交易の中心地であるゴマを占領するよう最近脅かしている反乱軍を攻撃している。主に南アフリカとタンザニアからの攻撃ヘリ、砲兵隊、そして地上軍が、攻撃を強行している。その狙いは、コンゴ軍の反逆者を含んでいるM23反乱軍を、そのロケット砲や迫撃砲がもはやその町やその市民を脅かすことができないほど十分にゴマから遠くに押しやることだ。

しかし、少なくとも80年のコンゴ軍兵士と反乱軍が亡くなったその行動は、その3,000人強の部隊がにんじんとして使われるべきか、それとも平和促進にこだわるべきかの、国連内での違いをあらわにしている。その国民の中には、その介入部隊が純粋に、反乱軍が再びゴマに包囲攻撃を始めないよう確保するための抑止力だとみているものもいる。それに反乱軍を負かせてそれを永遠に粉砕してほしいと思っているものもいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次はなんだ? - マリの新大統領

12月
08

マリの新たに選ばれた大統領は、彼の前任者よりもうまくやらなければならない

西側政府、特に1月に聖戦士詰め合わせがその国を乗っ取らないようにするために軍隊の急派を率いたフランスからの激しい圧力の下で、幸いにもほとんど遺恨なく、大統領選挙がついに決着した。元財務大臣のスマイラ・シセは、元首相のイブラヒム・ブバカール・ケイタに決選投票の末敗れたと認めた。(よく知られた呼び方の)IBKが2週間前の1回目投票で40%対20%の投票で勝った後に、他に立候補した25人のうち22人は、彼を支持することを約束した。最終投票の翌日、シセ氏は、最初は投票操作を主張したけれども、ケイタ氏を首都バマコの彼の家に訪ね、祝福した。一方、彼は新大統領を、活発だが合法な野党として、待ち構え続けるだろうと宣言した。運が良ければ、マリの政治は、少なくともしばらくは、鎮まってしかるべきだ。

ケイタ氏は選挙戦の中で自身を、恥をかいてきた国に名誉を回復するだろう断固とした指導者として紹介してきた。当時の文民政権の悪政にうんざりした怒れる兵士たちによる去年3月のクーデターは、その国の広大な北部2/3が反乱軍の手に落ちた後に起きた。それはひいては、元宗主国のフランスによる軍事介入を促進し、その反乱軍をその国の岩だらけのサハラの縁に追いやり始めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

境界の問題 - GDP計測

10月
09

アメリカはそのGDPの測り方を変えている

経済学は乱雑な学問分野だ。科学にしてはあまりに流動的だし、アートにしてはあまりにがっしりしている。たぶん、それは、経済学者のもっともよく使う計量である国内総生産(GNP)ももつれていることにも当てはまる。GDPは経済の領域での産出の総価値を測る。その明らかな単純さは、なぜそれが毎月0.1ポイント単位でじろじろ見られるかを説明する。しかし、分析の基礎として、それはかなり主観的だ。それは、何が領域に数えられるか、何が算出に数えられるか、そしていかにそれを評価するかについての難しい決定に基づいている。実に、経済学者は依然としてそれを微調整しているのだ。今週、主に経済的資産に数えられるものの定義が動いた「境界」のために、アメリカのGDPは5,600億ポンド、または3.6%上がった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貧乏の肖像

10月
03

人々を貧困から引き上げることについての合意は、驚くほど最近のことだ

7月17日に、インドは最新の貧困の数字を発表した。それらは、勇気づけられる物語を語る。貧困線以下のインド人は、2004-05年の37%を超えるところから下がって、2011-12年には22%に少し満たないところになったのだ。選挙がそれほど遠くないので、これらの数字は異論なくは通らないだろう。否定的な態度を取る人は、すでにその数字が政府をよく見せるために早く発表されていることに不平を言っている。しかし、政治的反対派がそれについて頑張って戦う時でさえも、彼らが論議しないことについて注記することは価値がある。誰も貧困の減少が悪いことだとは言っていない。そして誰も、政策立案者が大量の貧しい人々を貧困から出すことを助けようとするべきだということについて論じていない。これは、世界的な合意を写している。国連であれ世界銀行であれ、雑多な役人であれ意識の高い有名人であれ、誰もが貧困の軽減は望ましくかつ可能だと考えている。その議論は詳細についてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

敏感な情報 - 気候科学

9月
28

次のIPCC調査の中の頂点

「その報告はみんなからの英知を怖がらせるだろう。」最近イヴォ・デ・ボアは語った。彼は元国連の気候交渉責任者で、気候変動に関する政府間パネル (IPCC)の来たるべき第5次評価報告書について話していた。しかしながら、その報告書が公開されるまで2か月となり、かつてほどそれが恐るべきことではないかもしれないと、ひとつの兆候が示唆する。

問題のその兆候は、気候の敏感性についてだ。これは、大気中の二酸化炭素の水準のある増加に反応して、世界平均気温がどれだけ増すことを予想するかについての、研究者によって使われる基準だ。エコノミスト誌によって見つけられ、ページの裏面に複製された、公表されていない報告からの一つの表によると、CO2濃度が425ppmと485ppmの間では、2100年の温度はその産業化前の水準よりも1.3-1.7℃上になるだろう。それは、2007年に作られたIPCCの以前の調査よりも低いだろう。当時、それは445-490ppmの濃度は、2.0-2.4℃の温度上昇の結果となりそうだと考えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

オーストラリアの支配 - ソロモン諸島

9月
21

穏やかに成功した介入の10年

全ての外国の冒険が失敗する運命にあるわけではない。7月24日は、1,000近くの島がある離れた太平洋の群島への、オーストラリアが率いた介入であるソロモン諸島地域支援ミッション(RAMSI)の10回目の記念日だ。兵士たちは、素早く敵対する民兵集団を武装解除しその銃のほとんどを破壊した太平洋諸島フォーラムによる努力の一部として、展開された。

それ以来ほとんどの間、2006年4月の暴動を鎮めるために少し展開されたこと以外には、その平和維持部隊は注目を浴びていない。RAMSIは、公的金融を回復し、闘士を起訴し、警察を再構築することを狙った、主として文民の組織になっている。いま、その使命は徐々に終わっている。軍事部門は7月1日に終わり、ほとんどの他の助けは、オーストラリアとニュージーランドからの援助機関に率いられた2国間の枠組みに変わるだろう。

RAMSIは残り、主としてより良い警察を作り出すことに働く。王立ソロモン諸島警察は、内戦中に深く評判が傷つけられ、2000年6月のクーデターに関わった。多くの高官は、それ以来退職したか首を切られたが、その評判はひどいままだ。対照的に、主にオーストラリアの警察官で構成されたRAMSIの警察力は、良い評判を受けている。もし彼らが外れれば、問題は戻ってくるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らはただ諦めない - マダガスカルの選挙

9月
07

古い衛兵はその国の政治的見通しを破滅させることを決めたようだ

それはすべてとても望みがあるように見えた。2009年初めのクーデター以来4年間の政治的忘却の後で、マダガスカルの大統領選挙への日付がついに決められた。7月24日だ。国連がそれを裏書きした。欧州連合は資金を提供している。そして、南部アフリカ開発共同体(SADC)は、クーデターで追い出されたマーク・ラヴァルマナナも、クーデターを起こしたアンドリー・ラジョエリナも出馬しないだろう協定を仲介した。しかし、それから、追い出された大統領の妻ララオ・ラヴァルマナナが、彼の色で出馬するのを決めることで、ぶち壊しにした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より大きな銃が途中にある - コンゴ民主共和国

8月
22

東コンゴの新たな国連介入軍が、もっともしっかりした司令を持っている

その国で2番目に大きな町ゴマの空港に到着した後で、新たな国連軍によってコンゴでみられた最初の道路の広がりは、前に何が横たわっているかを完全に指し示すものだ。舗装されている部分が珍しいその道路は、中央の支配に反対したツチの兵士たちによるそれほど昔ではない素晴らしい勝利の場所だ。重装備した彼らは、去年の遅くに、火山の丘から、国連軍が間もなく拠点を置くだろう小さな町のサケへの道に沿ってキヴ湖の浅い岸へさっと下り、復員したコンゴ軍兵士たちを彼らの前に押している。道路の両側にある人の高さの草には、数日間制服を着た死骸が散らかり、ハエがゆっくりしたもの、酔っぱらい、そして不運なものの上に群がっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

国連 を購読