カーネギー・メロン大学

バベルを征服する - 機械翻訳

1月
18

コンピューターによる同時翻訳は、近づいている

1960年代のテレビシリーズ「スター・トレック」の中で、どれだけ宇宙遠く宇宙船エンタープライズが旅をしても、それが遭遇したどんな異星人も流暢なカリフォルニアの英語で言葉を交わすだろう。それは、カーク船長とその船員たちが、異星人の脳波を読み取り同時に彼らの概念を適切な英語の言葉に変換することのできる、小さくコンピューター化された宇宙翻訳機を身に着けているということによって説明された。

もちろんSFだ。しかし最善のSFは事実の前兆となる習慣がある。多くの人が、最初の「スター・トレック」シリーズでも見られたぱかっと開く通信機が、折りたたみ携帯電話の設計を触発したと信じている。そして、より不吉なことでは、いくつかの武器軍事装備会社が、フェーザーに著しい類似を示す高エネルギーレーザー兵器を開発している。それでは、自動同時翻訳が形になり、学校でのすべての退屈な語学学習が余分なものだと宣言されるのにどれだけかかるだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

匿名マネタリスト - ビットコイン

10月
23

壮大な破壊の後で、オンライン通貨が驚くべき復活を遂げている

「私に国の貨幣供給の管理をさせてくれ。そうすれば、私は誰がその法を作ろうと気にしない。」そういったのは、ロスチャイルド銀行王朝の創設者アムシェル・ロスチャイルドだった。彼は、まったく発行当局を持たないオンライン通貨のビットコインについてどう考えるだろう?去年の投機的なバブルと崩壊の後で帳消しになったが、そのオンラインの秘密通貨は、特にその法を周航する能力のおかげで、依然として強くなっている。

ビットコインは2009年にサトシ・ナコモト(中本哲史?)として知られる謎の人物によって考えだされた。それは、世界最初で、今のところたった一つの脱集権化されたオンライン通貨だ。中央銀行の代わりに、ビットコインは強力なPCを持った人が発行することができる。それは、極端に難しい数学的問題を解くことによってそれらを作ることができる。その問題は、ビットコインの全体としての供給があまりに早く増えることのないよう自動的に難しくなる。それらは、取引が暗号によって認証され、オンラインで取引される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゼロサム議論 - 資本課税議論の新潮流

5月
16

経済学者は資本が課税されるべきではないという見方を考え直している

役員たちは、アメリカの法人税率が経済の弱さの責任があると激しく非難する。ミット・ロムニーの運動はバラク・オバマの「資本との戦い」の遂行を非難する。実際に、アメリカの資本への課税は過酷というよりも理解しにくい。(州と地方税を含んで)39.2%というその最高税率は豊かな世界で最高水準だが、抜け道のためにほとんどの会社は最終的に26.7%を支払っており、英国の実効税率の27.4%と似たようなもので、ドイツの31.6%より低い。アメリカのキャピタルゲイン課税は15%で、多くのほかの国よりも低い。そしてもし、ロムニー氏がより熱心な資本の守護者ならば、どちらの男も改革の必要性に合意する。これは戦いというよりも小競り合いだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
カーネギー・メロン大学 を購読