イラン

一般教書演説 - 「中産階級経済」

1月
26

バラク・オバマは2016年への基調を整えようとする

大統領の年次一般教書演説はある規則の下での儀式だ。例えば、連合はいつでも「強い」。大統領与党はいつでも彼を応援し、野党はそうしない。しかし、主要な規則は、大統領は彼の議題が他の人たちを説得することによってのみ実行することができる、とは決して認めないことだ。1月20日のバラク・オバマの6回目の演説も例外ではなかった。実際には、それは世界でもっとも力のある男の弱さをかつてないほど示した。

オバマ氏の演説は楽天的だった。アメリカは今、金融危機の「ページをめくることができる」と彼は語った。失業率が下がり、赤字が縮小し、燃料が安くなったことを受けて、彼は「我々は、地球上の他のどの国よりも我々自身の未来を自由に書くよう、景気後退から回復している。」と結論づけた。卒業率の上昇を指し示して、彼は政府が「我々の子供たちがより競争の激しい世界に準備する」為の応分のつとめを果たしている、と論じた。彼は「中産階級経済」を主張した。これは、明らかに、「勤労家庭が絶え間なく変わる世界の中でより安心を感じられるよう助けることを意味する。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

風刺的な韻文 - 政治とユーモア

12月
31

指導者たちをからかうことは、かつてないほど多くの人々によって楽しまれる喜びだ

政治的冗談はかつてないほど遠くに広がる。去年、アメリカの風刺雑誌のオニオンは北朝鮮の丸顔の指導者金正恩を「生きている中で最もセクシーな男」だと宣言した。中国の人民日報は、そのノミネートをまじめに受け取り、その名誉を祝福するために55枚の写真を広めた。オニオン誌が、田舎の白人アメリカ人はバラク・オバマよりもイランの当時の大統領マフムード・アハマディネジャドに好意的な意見を持っていると発表した偽の世論調査を公開した時、あるイランの国営ニュース機関はこれを本当のニュースとして報道した。たくさんの人々がオニオン誌を彼ら自身を楽しませるものとしてそれほど無邪気に見ているのではない。去年、そのサイトのトラフィックは70%程度増えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウラジーミルに不機嫌になる - ロシアと西側

12月
20

西側が敵対的なロシアにとって生活をより難しくすることができる3つの方法

ほぼ14年前にウラジーミル・プーチンが最初にロシアの大統領になった時、彼はリベラルではないが親西欧的な方向に動いているとの望みがあった。しかし、来週のサンクトペテルブルグでのG20サミットに世界の指導者を歓迎する準備をする時、シリアについての国際外交についてでも、反対派指導者の投獄や同性愛の権利に様な国内問題にしても、彼が明白に反西欧のコースをとっていることがかつてないほど明らかになっている。実に、西側に対する敵意は、彼の3期目の大統領の特徴になっているのだ。

幸運なことに、プーチン氏の影響は減少している。ロシアのガスに頼っていたヨーロッパ諸国は、いじめるのが簡単だったものだ。いま、エネルギー消費の減少、ロシアを回避する新しいパイプライン、シェールガスやオイルの他の場所での開発、そしてロシアのエネルギー生産がEUの競争法に従うことが合わさることが、彼の影響力を侵食している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

米の山 - タイ経済

10月
12

ますます不人気な政府は、その最悪で最も費用がかかる政策にこだわる

それは、インラック・シナワトラの政府にとって幸せな二周年ではなかった。自身元首相だった彼女の兄のタクシン・シナワトラへの多数の強硬な反対派が、タクシン氏の過去の犯罪への恩赦を与え、亡命からの復帰の可能性を開きうる法案に対するデモをするために、8月7日にバンコクの街路に繰り出した。たぶん、インラック女史は、今では、いつものクーデターのうわさとともに、これらの種類のデモに慣れている。たぶん、より心配なのは、彼女の政府の長所だと思われる経済実績についての、広がり増加するうろたえだ。

今週、バンコク大学によって行われた世論調査は、その政府への支持率がその最低水準に下がっていることを見つけた。その評判を最も傷つけているのは、米を補助するその主要な枠組みだ。これは、遠くから妹の政策のほとんどを指示するタクシン氏の発明品だった。それは、2011年の選挙運動中に、有益な得票源だった。しかし、その費用はいま、政府の財政と経済全体の両方を危険にさらしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もしミット・ロムニーが勝っていたら?

9月
30

起こらなかった勝利からの教訓

「私を非難するな、私はロムニーに投票したんだ。」共和党の間で人気のあるTシャツは示す。別の冗談は、保守的なブログ界隈で人気のあるもので、「彼らは、もし私がロムニーに投票したら…っていったんだ。」で始まり、それからその州に起こった恐ろしいことを付け加えるのだ。例えば、「彼らは、もしロムニーに投票したら、デトロイトは破産するだろうよ、って言ったんだ。そして彼らは正しかった!」このすべては、ほとんど下院でバラク・オバマを邪魔するくらい面白い。

しかし、もしミット・ロムニーが2012年に勝っていたらどうだろう?アメリカは彼のホワイトハウスでの1期目をいまほぼ200日過ごしていただろう。いかに物事が違って見えたかもしれないかを考えることは価値がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

重要な懸念 - アメリカ太平洋政策

6月
30

軸とか再均衡とか呼んで、アメリカの太平洋政策は少し不安定なように見える

中国を伴う安全保障の発展についての議会への年次報告の中で、ペンタゴンは今週、中国軍の新しいものと古いものを批判した。新しいものは、アメリカの政府を目標にしたサイバー攻撃への中国軍の関与への無遠慮な非難だった。古くて、一般的で、正当化されたものは、「中国の軍事力増強と戦略的意思決定をめぐる透明性の欠如」への不平だった。

しかし、中国は、アメリカ自身の戦略もまたむしろ不透明だと反論したかもしれない。オーストラリア訪問中のバラク・オバマが合衆国はアジアで「より大きく長期的な役割」を果たすだろうという彼の「戦略的意思決定」を説明してから18か月になる。しかし、アメリカ軍の高官の中にさえも、まったくではないにしても、これが何を意味するのかは依然として完全にははっきりしないというものもいる。最初に「太平洋の軸」と呼ばれたその戦略は、のちに「再均衡」と名付けなおされた。オバマ氏の政権による演説の中でのあいまいな言及は、どの書面によっても詳細を加えられていない(実に、今週の努力で見過ごされているのは、ペンタゴンは自身の戦略よりも中国の戦略についてより詳細を語っているのだ)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

コンテナ、そして異議を含む - アフリカの角

6月
24

戦略的な港がさらに政治的に脆弱になっている

赤い船積みコンテナがインド洋を渡ってきたばかりの貨物船の脇のタンドールのように熱いドックの上のクレーンにつるされている。突然、何かが少し間違うようになっている。そのコンテナは、足によって滑るかもしれない。何の害もなされていない。たぶん機械的な欠点のせいだろう。またはオーヴンのドアが開くように感じられる突風のせいかもしれない。明るいヴェストを着た男たちが、パニックを起こしてドックの周りを走り回り、犯人を見つけようとしている。ジブチでは、港がすべてだ。

この紅海上の元フランス領ほど一連の桟橋に頼っている国はない。シンガポールや香港のような、同じように港として始まったほかの国は、ここ数十年で多様化しているが、ジブチはそうではない。それは、金融サーヴィスの中心となるための熟練労働者が不足している。しかし、関連しない三つの発展のおかげで、それはかつてないほど並外れた積替えの中心になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

裸の野望 - 性産業の禁止

6月
02

アイスランドは世界最古の事業を違法にすることを決める。それは成功できるのか?

超リベラルのアイスランドはオンラインポルノを禁止したいと思っている。それは単に、性産業全体を廃止する最新の一歩に過ぎない。2009年に、それは(犠牲者として取り扱う)売春婦を買った者に罰金刑と懲役刑を導入した。2010年に、それはストリップクラブを違法にした。2月に、その政府はわいせつ物がオンラインに満ち溢れているのを気にすることを決め、アイスランド人の中にはそのほとんどを意味するととっているものもいる、暴力的なまたは下劣なポルノを禁止するという考えを持ち出した。商業的な性を合法化にしろ犯罪化にしろ管理するのに完全に成功した国はない。しかし、世界中で、特に豊かな民主主義国で、政策立案者は、アイスランドが成功するかどうかを見守っており、もしそうするならばそのあとに続くかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

決定的取引 - 武器取引規制

4月
30

今週の国連での武器取引条約についての投票は多くの命を救いうる

それは、クイズゲームのトリビアルパーシュートのための良い質問だろう。アメリカの強力な銃保有賛成組織の全米ライフル協会が、シリア、イラン、そして北朝鮮で共通して得たものは何か?その答えは、4月2日に国連総会で154か国によって圧倒的に承認された世界的な武器取引条約(ATT)にすべて反対したことだ。

次の段階は、その条約に賛成した国々が、6月初めにそれに公式に加盟し始めることだ。それぞれの署名国は、それから、本国でそれを批准しなければならない。その条約は、たぶん今年の終わりまでには、50か国目が批准した90日後に発効する。いくつかの国にとっては、批准は単純な過程だ。他の国にとっては、難しいと判明しうる。

オバマ政権は強い支持者で、すぐに加盟しそうだ。しかし、たとえアメリカ法曹協会がその条約は(NRAが主張するように)武器を持つ憲法上の権利を一切侵害しないと確認しても、上院で批准に必要な2/3の多数派を得るのには苦労するだろう。アメリカの防衛産業もまた、他の国の武器輸出国がそれの運営している高い標準に近づくようになることを望んで、それを支持している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

イラン を購読