イラン

より危険な方向への安定したあゆみ - 南アフリカの通信

11月
15

外国に乗り出す携帯電話会社

ヨハネスブルグ証券取引所に上場するMTNが2001年にナイジェリアでの営業を立ち上げていると発表した時、南アフリカのアナリストの中には仰天するものもいた。

母国市場で強くて急成長する事業を持つ通信事業者が、多くの人によって世界で最もリスクの高い投資先の一つだと認められているところへ、なぜ乗り出すのだろう?

10年がたち、MTNはこれらの初期の懐疑がひどく間違っていることを証明している。

現在、MTNナイジェリアは、4,300万人以上の顧客を持ち、はるかにその携帯電話グループの最も利益の上がる営業子会社だ。それは、2012年6月終わりまでの利子・税・減価償却・資産償却を引く前の利益率が60.5%だ。

それは、その南アフリカでの利益率35.4%のほぼ倍だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カネは語る - 通貨は抵抗する

10月
23

ソーシャル・メディアとしてのカネの利用は何千年もさかのぼる

カネはメッセージを伝えるのによいメディアなのだろうか?最初、ロシアの反対派活動家で注目されるブロガーのアレクセイ・ナヴァルニイは懐疑的だった。しかしそれから、彼は計算した。もし5,000人のロシア人がそれぞれ100枚の紙幣にスタンプを押せば、それらは人から人に手渡されるので、すべての国民は少なくとも1枚のそれらの紙幣を手にするだろう。

イランの環境運動のメンバーは、その反政府デモの間に紙幣にスローガンを書いてこの戦術を使った。これは、汚された紙幣はもはや銀行に受け取られないという裁定を促した。同じように、オキュパイ運動の支持者は、ドル紙幣に所得不平等についてのスローガンとインフォグラフィックを付け加えた。そして、中国の法輪功運動のメンバーは、紙幣にメッセージを書いて政府の迫害を攻撃した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鼻をつまみ、話をしろ - ナイジェリアの反乱

10月
19

もし北での暴力に政治的解決法を見いだせなければ、ナイジェリアはバラバラになるだろう

もし紛争の重力が、銃が使われた長さで測ることができるのならば、ナイジェリアの北のチェックポイントの兵士たちが銃身に銃刀をつけ始めたことは、注意する価値がある。今年、そこで1,000人以上の人々がテロ攻撃で亡くなり、それは2011年から50%以上増えている。それに反応して、政府は、犯人であるボコ・ハラム(「西側の教育は罰当たりだ」)と呼ばれるムスリム過激派集団と戦うために、重装備機動部隊をアフリカで最も人口稠密な国の道に展開している。それは、とりわけ、より良い統治と厳しいイスラムへの固着のために戦う。

その紛争は、国全体を巻き込む潜在力を持つ。1.6億人のナイジェリアの人口は、ムスリムとクリスチャンに均等に分かれ、その多くが仲良くやっている。しかし、近年、幾分かは土地紛争のために、悪化している。衝突はますます一般的になっており、混ざり合った街で宗教的なゲットーが形成されている。ボコ・ハラムは教会を攻撃している。政治家の中には、極めて危険な前途である、国の分割の可能性をおおっぴらに口にするものもいる。ナイジェリアの領域の統合性が最後に問われた40年前のビアフラ戦争の間に、100万人の人々が亡くなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来に帰る - 非同盟運動

9月
25

非同盟運動は時代錯誤的に見えるかもしれない。そうではない理由がある

今年の初めに、私の家族と私は、高齢の門番が近づいてきたとき、メキシコ市人類博物館で恐ろしいアステカのフリーズを見つめていた。彼は、我々がどこから来たのか知りたかった。「インドだ」我々は言った。すぐに、彼の唇は笑みで歪んだ。インドは導いた、と彼は解説した。それは社会主義の過去を持ち、帝国主義に持ちこたえ、反植民地運動の望みを提供した。私の初歩のスペイン語では残りについていけなかったが、彼は初代インド首相のジャワハルラール・ネルーの名前を言うとき、胸をたたいた。ネルーの娘で首相でもある、インディラ・ガンジーは「私の母親」のようだ、と彼は言った。

我々は非常に驚かされているが。彼の感情はそれほど驚くべきことではない。最近のほとんどのメキシコ人がガンジーをその母親だと参照するのを想像するのは難しい一方で、その門番のインドへの愛情は異常ではなかった。実に、そのような夢見るようなまなざしの団結はかつて北の国々の外に住んでいた前の世代の全世界観を形作った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

孤独の魅力 - 独り身

9月
15

一人で住むことが世界中で増えている。これは悪いニュースか?

ニューヨークの30代独身についてのかつて人気があったアメリカのテレビ番組「セックス・アンド・シティ」のプラダを身に着ける主人公は、中東の女性のロールモデルではなさそうだ。その二つ目のスピンオフ映画は、一部がアブダビで撮影されたが、当局はそれが撮影されることやそこで上映することすらも止めた。

しかし、独身の生活様式は、湾岸でさえも広がっているようだ。婚約者に金融支援を提供するアラブ首長国連邦の結婚基金による最新の統計によると、30を超える女性の約60%が未婚で、それは1995年の20%から上がっており、政府報道官のサイード・アル=キトビが「とても心配すべき」という傾向だ。

もしそれで快適になるのならば、UAEはただ一か国ではない。独身はほとんどどこでも増えている。調査会社のユーロモニターは、世界は、2020年までに、20%の上昇になる4,800万人の新たな独身生活者を加えるだろうと予測する。これは、独身が世界のほとんどの場所で最も早く増加する家計集団になるだろうことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

代理人たちのための遊び場 - スーダンたち

7月
01
イランとイスラエルがスーダンのごたごたにより関与し始めている
 
スーダンと南スーダンの政府は、イランとイスラエルから支援を得ている。北と南の間の平和のためにはよい兆しではない。5月の初めに、国連の安全保障理事会は、両方のスーダンに、もし戦いをやめどのように石油収入を分け彼らの紛糾している国境を定めるかについて議論を始めなければ、制裁を課すと脅した。しかし、数週間以内に、スーダンの派遣団が、その政府が石油探査を含めた経済的つながりの強化を約束したイランへ行った。イランの大統領モハムド・アハマディネジャドは、どちらも国際的制裁に直面している彼の国とスーダンが「傲慢な大国と人類の敵」の犠牲者だと語った。
 
イスラム主義者に支持された軍事クーデターが1989年にオマル・アル=バシールを権力の座につけて以来、シーア派のイランはスンニ派が支配的なスーダンを北東アフリカの有益な味方だ、そしてスーダンの東側をエジプトへそしてガザ地区のパレスチナのイスラム集団のハマスへ武器を輸出する回廊だとみなしてきた。イスラエルは、そのルート上のイラン輸送部隊を2009年に爆撃した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

チャイナ・シンドローム - 軍事戦略

6月
25

空海戦闘が今ではペンタゴンの優先事項だが、それには批判者もいる

10年のうち最善の部分に、産業規模の対反乱作戦への要求がアメリカの支出の優先順位を決め、その戦略的思考者に取りついてきた。しかし、今では新しい軍事的流行がとってかわった。先週末、アジアの防衛大臣のシンガポールでのシャングリラ対話で、レオン・パネッタは、軍事的資源の意味で、アメリカのアジアに対する「最均衡」が何を意味するのかということに詳細を加えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

3つの島の物語 - 人口統計

11月
02

10月の終わりに世界人口は70億に達する。うろたえるな

1930年には、地球上の全人口25億人は南イングランドの381平方キロの岩のワイト島に密集して押しこむことができた。1968年には、英国の小説家ジョン・ブラナーが、当時35億人になっていた地球上の人々が立つだけの余地のために、アイリッシュ海の572平方キロメートルのマン島が必要だっただろうと観察した。ブラナーは2010年までに世界人口は70億に達し、より大きな島が必要になるだろうと予測した。それ故に、1968年に人口過剰についての彼の小説のタイトルは「ザンジバル(東アフリカの1,554平方キロ)に立つ」だった。

ブラナーの予測はたった半年ずれただけだった。国連人口局は、10月31日に世界人口が70億人に達すると言っている。(アメリカの人口統計局は2012年3月としている。)国連は、その日に生まれた世界で70億人目となる人を指名しようとすらしている。60億人目のアドナン・ナヴィックは1999年の10月12日にボスニアのサラエボで生まれた。彼は、次の10億人目が生まれるときに、ちょうど12回目の誕生日を過ぎた頃になるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

イラン を購読