カタール

新興ブランドの戦い

9月
08

西側のブランドは発展途上国のそれからの包囲にさらされるようになっている。

過去20年間は、経済力の新興世界への巨大な再分配を経験している。しかし、今のところそれに相当するブランド力の再分配はない。フォーチュン誌の2012年の一覧の売上収入による500の大企業には、132の合衆国を除いたどの国よりも多くの73の中国企業が含まれていた。しかし、インターブランドの2012年の100の「最高の地球規模ブランド」の一覧には、中国企業は一つも含まれていなかった。

しかしながら、新著『Brand Breakout』の中で、二人の学者ニルマルヤ・クマールとジャン=ベネディクト・スティーンカンプは、発展途上国の企業が迅速にブランディングの芸術を学んでいると論ずる。数少ない新興市場のブランドがすでに地球規模になっている。ヨーロッパでサッカーの試合を「エミレーツ」を網膜に焼き付けることなく見るのは難しい。さらに近づいているものもある。中国のハイアール〈白物家電〉チリのコンチャ・イ・トロ(ワイン)そしてブラジルのナチュラ〈美容品〉だ。発展途上世界の勃興によって包囲されると感じる西洋人は、依然として高価なブランド品の高地を保持していると考えて自身を慰める。しかし、新興市場の競争相手が彼らの軍馬に乗っており、破壊鎚を持っていることに、彼らは疑いを持っていなくて当然だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カネ、援助、そして外交 - スーダン

4月
30

スーダン人、特にダルフール人は新たな取引を得るだろうか?

新しい「自由の雰囲気」を約束して、スーダン大統領オマル・アル=バシルは4月1日にすべての政治犯を解放するだろうと宣言した。7人の有名人がすぐに解放された。彼の大臣たちは、バシル氏の軍隊とその代理民兵が今世紀の初めに荒らし、それによってその大統領がハーグの国際刑事裁判所にジェノサイドの疑いで告訴された、西部地域のダルフールの長期的発展のために何十億ドルもが約束されるかもしれないカタールでの4月7日の会議に出席するために出発する。望みのある新発展の一覧を手際よく仕上げるために、2年前に彼の国から分離した南スーダンとの、バシル氏の長く続く争いは、先月調印された協定のおかげでついに終わるかもしれない。

26年間権力の座にあった後で2015年に辞めると言っている、今改革を決心している指導者のバシル氏もそうだ。彼の国民のほとんどはそれに賭けないだろう。しかし、もし彼が本当に、ほかの国民はもちろん、ダルフールに新たな政策を与えることを決心しているのならば、それは確かに劇的な変化だろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ボーナスマネー - カリブ海のサッカー

4月
16

別のFIFAスキャンダル

人口たった1.5万人のカリブ海の非常に小さい英国領アンギラは、サッカー統治団体FIFAの209の加盟者のうち、もっとも小さなものの一つだ。その代表チームは世界で206位で、下にはブータン、サン・マリノ、そしてタークス・カイコス諸島しかいない。1997年のその最初の試合以来の成績は、28戦2勝だ。しかし、それはFIFAの会長ゼップ・ブラッターがその不評な組織を呼ぶ「FIFAファミリー」による養育の欠乏のためではない。

FIFAがほかのすべての加盟者に与えた年に25万ドルのサッカーへの投資に加えて、2003年に地域連盟はその島の首都のヴァレーにトレーニングセンターを建設するための65万ドルを受け取った。2010年にブラッター氏はこれを始めるためにアンギラに行った。FIFAによれば、そのセンターは安全フェンス、人工照明、そして事務所と更衣室付の観覧席を持ったピッチからなる予定だった。現在、訪問者は、さびて壊れたフェンス、雑草の生えたでこぼこのピッチをつつく鶏、そしてコンピューター端末が依然としてプラスティックに包まれたままの空っぽで明らかに使われていない事務所を持った小さな観覧席を見つける。2011年2月に贈られた追加の50万ドルで作られるはずだった宿舎、体育館、カフェ、教室は、何の兆候もない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

FIFAのサーカスが町にやってくるとき、評判が問題となる - ワールドカップ

11月
03

サッカーのお祭りを迎えることはどの国にとっても大きな仕事だが、少なくとも入札の勝者はそれを正しくやる多くの時間がある

計画をひどく真剣に受け取る人々にとって、FIFAのワールドカップよりも遠くを見ることはできない。世界は次の3つの大会がどこで行われるか知っている。それは2年間にわたってすでに知られているのだ。

2年後に行われるブラジル大会の後で、そのFIFAのサーカスは2018年にロシアで、そして2022年にカタールにテントを張る。カタールにとって、それはその地球規模のイヴェントのために必要とされる設備を作るだけではなく、それ自身を宣伝するための12年を持つことになる。

カタールの考え方の中で、長期的計画はとても大きい、と2022年のワールドカップの入札でカタールに助言したコンサルタントのマイク・リーは語る。その国は、多様化した経済を狙い、特に公共交通といった社会資本に大きな投資を心に描いている2030年までの国家ヴィジョンを設定している。

「ワールドカップの入札に勝つことは、その国家計画と、国際的舞台への到達の両方にとてもよく調和している。」リー氏は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ガスの上の足 - 日本のエネルギー安全保障

10月
10

核危機は日本の外交政策の優先順位の再形成に役立つ

日本の政府がどれだけ長く生き延びることができるかについての疑念が高まり、2030年代の終わりまでに原子力から脱却するという先週のその決定は、半焼けのように見える。はたして、9月19日にそれは、建設中の少なくとも二つの原子炉が2050年代まで操業可能なままにすることによって、締め切りを見せかけることを取り下げた。

そのあいまいさは、首相の野田佳彦が近いうちに行うと約束した総選挙に大きく関係する。2011年3月の福島核災害以来、大衆の意見は核エネルギーに強く反対に変わっている、と世論調査は指し示す。しかし、大企業はもしその脱却があまりに早く起これば、日本経済は傷つくと論ずる。原子力発電所を持っている地方政府も、その戦略について不平を言っている。

今のところ、その政府の政策は、実行するのにあまりに小心な脱却にリップサーヴィスをしているように見える一方で、エネルギーの代替源に先を争ってもいる。核災害の前ですらも、日本は液化天然ガス(LNG)の世界最大の輸入者であり、今、世界の産出の1/3を消費している。しかし、よい価格を担保するのと同時に信頼できる供給を確保することは、外交政策の頭痛になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

絵のしきい - アート保険

9月
22

保険業者は、あまりにも多くの価値のある芸術作品が一緒に貯蔵されていると心配している

投資のために購入された芸術の多くは、一度も展示されたことがない。代わりに、作品はしばしば、特別な倉庫か無税で持ち主を変えることができる「フリーポート」に保管されている。ジュネーヴとチューリッヒにある世界最大のフリーポートは、それぞれが十分100億ドル以上の価値のある絵画、彫刻、宝石、金、絨毯などのものが保管されていると信じられる木枠で満たされている。

手狭な空間にそれほどの価値がつまっていることは、保険業者を神経質にしている。「ほんの少しの設備にリスクが集中していることは、産業としての我々を本当に困らせているものだ。」専業芸術保険者のヒスコックスのロバート・リードは語る。いかにリスクが集中しているかがちょうどはっきりしたのは、2009年にスイス法が収集家に彼らの貯蔵ロッカーの中にある内容詳細を要求した変化の後のことだった。ブラックウォール・グリーンの仲介業者アダム・プリドューによると、収集家は以前はその保険業者に伝えることなく作品を倉庫の中に動かすことができた。「あなたは1億ドルの収集品を2億ドルの収集品のユニットの隣に置くことができ、それは保険業者がお互い30メートルの距離で隣接する3億ドルの負債を認識できないことを意味した。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争ではなく、法を作る - 海洋紛争

9月
15

海洋境界についてのけんかをいかにして解決するか

よちよち歩きの子供がバスタブの中のゴムのアヒルとけんかするように、国々が再び彼らの間にある海上の島々の支配についてのけんかをしている。最新のけんかは日本と中国の間で無人の列島を巡って膨らんでいる。もし所有権が変わるのならば、それは国々の間での新しい海洋国境を作り出すだろう。

海洋紛争は、すぐには無くなりそうもない。半分以上の世界の海の国境(国々が出会う想像上の線)は引かれていないままだ。幸運なことに、すべての紛争が最後に民族主義者の感情やさらに悪いものの引き金を引いているわけではない。むしろ、間を埋めるためのゆっくりとした争いが続いており、高給の弁護士が古い地図について議論し、条約を分析し、取引を徹底的に検証している。

かつては岸からの大砲の射程で定義された沿岸水域についての主権は1982年以来国連の海洋法に関する国連条約(UNCLOS)によって指針が与えられている。署名したものは、その海岸から12カイリ(22キロ)まで「領海」として主張でき、その中では彼らは法を施行できるが、国際海運に干渉してはならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
カタール を購読