原子力資料情報室

今見るな - 日本の原子力の未来

5月
29

一連の災難が、政府にとって困った時にやってくる

去年の数日間、まるで日本が原子力エネルギーから完全に撤退するように見えた。地震と津波が2年前に忍び寄る核破壊を作り出した後で、民主党は2040年までに原子力エネルギーから脱却すると言った。それは素早く後戻りしたが、日本の50の商業原子炉のほとんどすべてがまだ操業停止中だ。

今年の2月に、当時与党に戻った自民党の指導者安倍晋三は、新政府は原子炉が今度の一組の新たな安全性テストを通過した後にそれらを再稼働させるだろうと語った。産業と政府との心地よい仲間であるその国の「原子力ムラ」は、歓迎した。しかし今、襲われた福島第一原発が、大衆に再び警告し始めている。4月15日に国連機関の国際原子力機関(IAEA)が、一連の危険な事故を調査するために流れ込んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
原子力資料情報室 を購読