シリア

中国とジハーディスト – 中国と西側を結びつける代わりに、ジハーディストの暴力は彼等を更に分断するリスクがある

2月
11

理屈としては中国と西側が協力することのできる一つの外交政策上の問題は、ジハーディストのテロとの戦いだ。中国と西側の指導者が会うとき、彼等の声明は普通「全ての形態の」テロリズムを非難し、それに対抗するためのさらなる協力を約束する。しかし、パリでのシャルリー・エブドへの凶行と最近の国内での成功した対テロ作戦に対する中国の反応は、大きな認識の差を明らかにしている。

中国は、パリの攻撃を無条件に批判した。しかし、その報道機関はまたシャルリー・エブドもムスリムを攻撃したとして非難した。「表現の自由マニア」だというのだ。

西側の中国国内のテロに対する反応は、更に問題だと見なされる。「テロとの戦いと宗教的過激派の黙認という二重基準は、誰にとっても良いことではない。」中国の公式新聞チャイナデイリーは今週激しく非難した。その新聞は、ウイグル人ムスリムが中国の新疆から出て、まずはトルコに、それからシリアかどこかの過激派に参加するのを助ける密出国のネットワークを破壊したことを祝った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本とジハード – 砂の嵐

2月
11

離れた列島が、テロとの戦いから離れたままでいることに苦労している

中東歴訪中の日本首相安倍晋三は、イラクとシリアの過激派ジハーディスト集団イスラム国(IS)が22億ドルの身代金をすぐに支払わなければ二人の日本人人質を殺すと脅したニュースで、横から殴られた。その要求金額は、数日前に安倍氏がエジプトでISと戦う国々に与えると約束した金額と同じだ。

日本は中東の石油とガスにとても依存しているので、その地域での安定を育てる欲求が促されている。いかにその人質機器を扱うかは今、安倍氏のもっともきつい外交政策への挑戦だ。彼はその二人の開放のためにあらゆる手段を用いると誓った。しかし、身代金の支払いは、日本の同盟国アメリカの怒りを買うだろう一方で、日本は救出作戦自体を始める技術も、そして平和憲法のためにその法的裏付けも、持っていない。ISとのいかなる交渉でも、日本はテロとの戦いに屈しない姿勢を保持しなければならない、とある政府高官は語るが、人質解放の方法を探らなければならない。過去には、日本は身代金を支払った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

脅かされる現金 - アフリカでの電子支払

3月
14

ポール・エドワーズは、有料テレビと携帯電話をアフリカにもたらした。今度は電子支払だ

「満足した人々は革新しない」アフリカで電子支払のためのスイッチと線を供給する企業であるエマージング・マーケット・ペイメンツ(EMP)の社長、ポール・エドワーズは語る。エドワーズ氏は確かに休まないタイプだ。1990年代の初めに、彼は南アフリカの有料テレビ会社でアフリカの他の部分にも拡大したマルチチョイスの社長だった。数年後、彼はアフリカ最大の携帯電話会社MTNを経営した。EMPは彼のアフリカでの3つ目の大事業だ。その目標は、かなりの所に銀行がない大陸に電子支払いサーヴィスをもたらすことだ。

アフリカ人のたった15-20%しか銀行口座を持っていないが、60-70%は携帯電話を持っている、とエドワーズ氏は語る。携帯電話のクレジットは、すでに料金決済の手段として使われている。ケニアのGDPの1/4は、その国の形態マネーサーヴィスであるM-Pesaを通って流れている。銀行と携帯電話の浸透率の差は、電子支払いサーヴィスの隠れた需要の規格だ、と彼は語る。アフリカのほとんどの取引は現金で決済されるが、徐々により多くの顧客が電子支払いの安全性と便利さを選びそうだ。EMPはそのような取引が滑らかに流れるよう確保する仕組みを打ち立てている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ストライキ中の超大国

2月
21

アメリカ人は本当に孤立主義者にはなっていない

1940年の長い暑いワシントンの夏のある夜、アメリカ人たちがいかにヨーロッパでの戦争を取り扱うかを議論するとき、フロリダ州選出上院議員クラウド・ペッパーは、警察から電話を受け、彼の偶像をどうするかを尋ねられた。しばしの困惑の後で、ペッパー氏は彼の名前を掲げた等身大の人形が、車の後ろのキャピトルヒルの周りで引きずられる前に、上院の前の樫の木につるされていたことを知った。その私刑は、帽子をかぶった怒れる女性たちによって行われた。彼が若者に強制軍事訓練を受けさせるよう要求したことに激怒した孤立主義者の母親たちの運動のメンバーたちだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウラジーミルに不機嫌になる - ロシアと西側

12月
20

西側が敵対的なロシアにとって生活をより難しくすることができる3つの方法

ほぼ14年前にウラジーミル・プーチンが最初にロシアの大統領になった時、彼はリベラルではないが親西欧的な方向に動いているとの望みがあった。しかし、来週のサンクトペテルブルグでのG20サミットに世界の指導者を歓迎する準備をする時、シリアについての国際外交についてでも、反対派指導者の投獄や同性愛の権利に様な国内問題にしても、彼が明白に反西欧のコースをとっていることがかつてないほど明らかになっている。実に、西側に対する敵意は、彼の3期目の大統領の特徴になっているのだ。

幸運なことに、プーチン氏の影響は減少している。ロシアのガスに頼っていたヨーロッパ諸国は、いじめるのが簡単だったものだ。いま、エネルギー消費の減少、ロシアを回避する新しいパイプライン、シェールガスやオイルの他の場所での開発、そしてロシアのエネルギー生産がEUの競争法に従うことが合わさることが、彼の影響力を侵食している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブーム、ブーム - 北アフリカの密輸

12月
08

北アフリカの政府は、武器と薬物の違法な流れをくいとめるのに苦労している

2年前のアラブの目覚め以来、密輸の鮮やかな網が、北アフリカにわたって広がっている。チュニジアからの卵の密輸は、今チュニジア人の中に国内で不足するだろうと恐れているものがいるので、大事業だ。リビアの港を経由したヨーロッパ車の活発な取引は、多くの人々が関税を避けることができるようにしている。エジプトの補助金付の燃料のうち1/5が今、密輸業者によって売られている。

その地域の政府は、増加する薬物取引に特に悩んでいる。アルジェリアは今年の前半に50トン、そして去年73トンのマリファナを押収し、それは2008年のほぼ倍だ。それは、幾分かは当局による取り締まりの結果だが、薬物網はその国中に浸透しており、業者は国際的な犯罪者と密接に協調しているおかげでその手法を洗練させている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

暗闇の芸術 - コンゴの国連

8月
21

ほとんど顧みられないが、国連はその最初の戦争を戦おうとしている。それはやる価値のある賭けだ

アフリカの経済は徐々に上昇しているが、コンゴ民主共和国では、多くにとっての生活はこれまでと同じくらい悪い。武装した男たちが罰を受けずに強姦略奪をする。反乱集団は、鉱物資源と農業潜在力の豊かな広大な土地を恐怖で満たしている。結果として何百万人もが亡くなっている。そして、何年にもわたって、外部世界は肩をすくめる以上のことはほとんどしていない。その主要な努力である14年目になる国連の平和維持活動は、遠く離れたところで殺人的な無秩序にもぐりこむ前に、隣のルワンダでのジェノサイドによって発火した民族紛争として始まった「アフリカの世界戦争」を終わらせるのに失敗している。

今、事態は変わっている。ルワンダ政府は最近までコンゴの反乱軍を支援していたが、その残酷さと国際的な怒りに辱められて、その支援をやめた。それは、無駄にするには惜しい機会を贈るので、国連の安全保障理事会は、少なくとも反乱軍のいくらかと戦うために3,000の軍隊を展開して、新たな政策を試している。国連の記章をつけた南アフリカ、タンザニア、そしてマラウィからの兵士たちは、コンゴ東部で大混乱をまき散らしている非正規軍を引き受けるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

重要な懸念 - アメリカ太平洋政策

6月
30

軸とか再均衡とか呼んで、アメリカの太平洋政策は少し不安定なように見える

中国を伴う安全保障の発展についての議会への年次報告の中で、ペンタゴンは今週、中国軍の新しいものと古いものを批判した。新しいものは、アメリカの政府を目標にしたサイバー攻撃への中国軍の関与への無遠慮な非難だった。古くて、一般的で、正当化されたものは、「中国の軍事力増強と戦略的意思決定をめぐる透明性の欠如」への不平だった。

しかし、中国は、アメリカ自身の戦略もまたむしろ不透明だと反論したかもしれない。オーストラリア訪問中のバラク・オバマが合衆国はアジアで「より大きく長期的な役割」を果たすだろうという彼の「戦略的意思決定」を説明してから18か月になる。しかし、アメリカ軍の高官の中にさえも、まったくではないにしても、これが何を意味するのかは依然として完全にははっきりしないというものもいる。最初に「太平洋の軸」と呼ばれたその戦略は、のちに「再均衡」と名付けなおされた。オバマ氏の政権による演説の中でのあいまいな言及は、どの書面によっても詳細を加えられていない(実に、今週の努力で見過ごされているのは、ペンタゴンは自身の戦略よりも中国の戦略についてより詳細を語っているのだ)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

決定的取引 - 武器取引規制

4月
30

今週の国連での武器取引条約についての投票は多くの命を救いうる

それは、クイズゲームのトリビアルパーシュートのための良い質問だろう。アメリカの強力な銃保有賛成組織の全米ライフル協会が、シリア、イラン、そして北朝鮮で共通して得たものは何か?その答えは、4月2日に国連総会で154か国によって圧倒的に承認された世界的な武器取引条約(ATT)にすべて反対したことだ。

次の段階は、その条約に賛成した国々が、6月初めにそれに公式に加盟し始めることだ。それぞれの署名国は、それから、本国でそれを批准しなければならない。その条約は、たぶん今年の終わりまでには、50か国目が批准した90日後に発効する。いくつかの国にとっては、批准は単純な過程だ。他の国にとっては、難しいと判明しうる。

オバマ政権は強い支持者で、すぐに加盟しそうだ。しかし、たとえアメリカ法曹協会がその条約は(NRAが主張するように)武器を持つ憲法上の権利を一切侵害しないと確認しても、上院で批准に必要な2/3の多数派を得るのには苦労するだろう。アメリカの防衛産業もまた、他の国の武器輸出国がそれの運営している高い標準に近づくようになることを望んで、それを支持している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

シリア を購読