イラク

中国とジハーディスト – 中国と西側を結びつける代わりに、ジハーディストの暴力は彼等を更に分断するリスクがある

2月
11

理屈としては中国と西側が協力することのできる一つの外交政策上の問題は、ジハーディストのテロとの戦いだ。中国と西側の指導者が会うとき、彼等の声明は普通「全ての形態の」テロリズムを非難し、それに対抗するためのさらなる協力を約束する。しかし、パリでのシャルリー・エブドへの凶行と最近の国内での成功した対テロ作戦に対する中国の反応は、大きな認識の差を明らかにしている。

中国は、パリの攻撃を無条件に批判した。しかし、その報道機関はまたシャルリー・エブドもムスリムを攻撃したとして非難した。「表現の自由マニア」だというのだ。

西側の中国国内のテロに対する反応は、更に問題だと見なされる。「テロとの戦いと宗教的過激派の黙認という二重基準は、誰にとっても良いことではない。」中国の公式新聞チャイナデイリーは今週激しく非難した。その新聞は、ウイグル人ムスリムが中国の新疆から出て、まずはトルコに、それからシリアかどこかの過激派に参加するのを助ける密出国のネットワークを破壊したことを祝った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本とジハード – 砂の嵐

2月
11

離れた列島が、テロとの戦いから離れたままでいることに苦労している

中東歴訪中の日本首相安倍晋三は、イラクとシリアの過激派ジハーディスト集団イスラム国(IS)が22億ドルの身代金をすぐに支払わなければ二人の日本人人質を殺すと脅したニュースで、横から殴られた。その要求金額は、数日前に安倍氏がエジプトでISと戦う国々に与えると約束した金額と同じだ。

日本は中東の石油とガスにとても依存しているので、その地域での安定を育てる欲求が促されている。いかにその人質機器を扱うかは今、安倍氏のもっともきつい外交政策への挑戦だ。彼はその二人の開放のためにあらゆる手段を用いると誓った。しかし、身代金の支払いは、日本の同盟国アメリカの怒りを買うだろう一方で、日本は救出作戦自体を始める技術も、そして平和憲法のためにその法的裏付けも、持っていない。ISとのいかなる交渉でも、日本はテロとの戦いに屈しない姿勢を保持しなければならない、とある政府高官は語るが、人質解放の方法を探らなければならない。過去には、日本は身代金を支払った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ストライキ中の超大国

2月
21

アメリカ人は本当に孤立主義者にはなっていない

1940年の長い暑いワシントンの夏のある夜、アメリカ人たちがいかにヨーロッパでの戦争を取り扱うかを議論するとき、フロリダ州選出上院議員クラウド・ペッパーは、警察から電話を受け、彼の偶像をどうするかを尋ねられた。しばしの困惑の後で、ペッパー氏は彼の名前を掲げた等身大の人形が、車の後ろのキャピトルヒルの周りで引きずられる前に、上院の前の樫の木につるされていたことを知った。その私刑は、帽子をかぶった怒れる女性たちによって行われた。彼が若者に強制軍事訓練を受けさせるよう要求したことに激怒した孤立主義者の母親たちの運動のメンバーたちだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

フラッキングの父 - ジョージ・ミッチェル

10月
07

ジョージ・ミッチェルほど世界を大きく変えた事業家はほとんどいない

合衆国は、最近落胆のぬかるみに入っている。その雰囲気は、「That Used to Be Us: かつての超大国アメリカ―どこで間違えたのか どうすれば復活できるのか」(トーマス・フリードマンとマイケル・マンデルバウム)や、「Time to Start Thinking: America in the Age of Descent(考え始める時だ:没落の時代のアメリカ)」(エドワード・ルース)といった陰気な題の本の奔流で反映される。ここ数十年で初めて、アメリカ人の大多数が、彼らの子供たちが彼等よりも貧しくなるだろうと考えている。ヤンキーはできる、の楽観主義は、ヨーロッパ人の何も成し遂げることができない、の消極主義に凝固する危険にさらされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

オーストラリアの支配 - ソロモン諸島

9月
21

穏やかに成功した介入の10年

全ての外国の冒険が失敗する運命にあるわけではない。7月24日は、1,000近くの島がある離れた太平洋の群島への、オーストラリアが率いた介入であるソロモン諸島地域支援ミッション(RAMSI)の10回目の記念日だ。兵士たちは、素早く敵対する民兵集団を武装解除しその銃のほとんどを破壊した太平洋諸島フォーラムによる努力の一部として、展開された。

それ以来ほとんどの間、2006年4月の暴動を鎮めるために少し展開されたこと以外には、その平和維持部隊は注目を浴びていない。RAMSIは、公的金融を回復し、闘士を起訴し、警察を再構築することを狙った、主として文民の組織になっている。いま、その使命は徐々に終わっている。軍事部門は7月1日に終わり、ほとんどの他の助けは、オーストラリアとニュージーランドからの援助機関に率いられた2国間の枠組みに変わるだろう。

RAMSIは残り、主としてより良い警察を作り出すことに働く。王立ソロモン諸島警察は、内戦中に深く評判が傷つけられ、2000年6月のクーデターに関わった。多くの高官は、それ以来退職したか首を切られたが、その評判はひどいままだ。対照的に、主にオーストラリアの警察官で構成されたRAMSIの警察力は、良い評判を受けている。もし彼らが外れれば、問題は戻ってくるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

さらに大きな銃 - ナイジェリアのテロ

7月
14

大統領は賭け金を上げる

地域的反乱に直面し、自分の軍隊が反乱軍と同じだけの市民を殺す暴力的な襲撃を煽り立てているとき、最善の反応はなんだろう?ナイジェリアのグッドラック・ジョナサン大統領は、それがさらに多くの軍隊を送ることだと考えているようだ。5月14日、彼は、最も頻繁にテロリスト攻撃に苦しんでいる北部3州に、非常事態を宣言した。

数も増やしたが戦術も練り直した2007年のイラクにおけるアメリカ軍の「サージ」とは違って、ナイジェリアは野蛮な聖戦士集団のボコ・ハラムをハンマーを持って追いかけている。「我々は奴らを追い詰め、探り出すのだ。」その大統領は国営テレビで宣言した。先月のバガの町での一つの襲撃で、軍隊は2,000以上の家屋を破壊し、市民の犠牲者は30-200人にわたると推計される。ナイジェリアはさらに多くのそのような事件を経験しそうで、潜在的に聖戦士傾向を持たない心配した北部人をテロリストのシンパに変えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2030年生まれの一群 - 昆虫への手引き

7月
07

セミが次に帰ってくるときに、アメリカはいかにそれらに注意するか

今後数週間にわたって、何十億ものセミの幼虫が、17年間の地下での眠りから目覚め、アメリカの東部諸州の明るい日光の下に現れる。彼らの奇妙なサイクルは、その国中の記者の注意を惹いている。オスは大群で旅をし、つがいに求婚しようとして、とてつもない騒ぎを作り出し、半狂乱で愛し合い、そして悲しまれずに死ぬ。セミは同じことをする。たった一つの違いは、彼らが未完成の小説だけではなくさらに17年後に孵化する卵を残すことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会主義インターナショナル – アレックス・ファーガソン卿

6月
30

アレックス・ファーガソン卿は世界を抱きしめ、それを征服した。彼の左翼のファンは注目すべきだ

英国の歴史は、政治的偉大さのウィンストン・チャーチルによる定義では、「天気を作った」男女によってちりばめられている。しかし、マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソン卿だけは時を作ると信じられる。

泣く子も黙る意思の力で、26年間赤い悪魔を監督しているアレックス卿は、彼のチームがひどくゴールを必要としているときはいつでも、数分を付け加えるよう審判を脅したと言われる。彼のとりこになったサポーターや気分を害したライヴァルはそれを「ファギー・タイム」と呼ぶ。その存在を論ずる者もいる。しかし、世界で最も豊かで人気のあるスポーツクラブの一つのほぼ1,500試合の責任者を務めた後で、5月8日に差し迫った引退を発表したアレックス卿の偉大さは、疑いがない。いかなる分野でも、ここ最近で、彼ほど成功を収めた英国人はほとんどいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

所有と淑女

4月
21

所有権と経済成長はいつも一緒に進むわけではないかもしれない

少なくともア・レイ・ダウの僧侶や村人の目には、アウンサンスーチーの頭から後光は滑り落ちている。その経歴をミャンマーでの働く政治家として再開したそのノーベル平和賞受賞者は、政府によって差し押さえられた土地の上にあるレパダウン山のそばの銅山開発に彼女が支持を与えることによって、今月初めに村人たちをうろたえさせた。村人たちは、政府が力によってその抵抗を壊した後で、12月にスーチー女史がその計画への調査を主催することに同意した時、もっと期待した。彼女は彼らの土地への市場価格での補償を勝ち取ったが、それを耕地利用に戻すこと、そしていくつかの場合には先祖伝来の家に戻ることという村人の望みを打ち砕いた。

スーチー女史の決定は、中国の複合企業体ノリンコの子会社が(ミャンマーの軍にくっついた持ち株会社とともに)その鉱山の合弁事業相手だという事実によって大きく影響を受けているようだ。鉱山を止めることは、中国のような外国投資家が「我々の国がその経済で信頼され得ないと考える」ことにつながる、と、彼女は3月13日にその村を訪れた際に村人たちに語ったと伝えられる。それは、ミャンマーがひどく必要としている成長が少なくなることを意味するだろう、と彼女は続けた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

イラク を購読