ジンバブエ

風刺的な韻文 - 政治とユーモア

12月
31

指導者たちをからかうことは、かつてないほど多くの人々によって楽しまれる喜びだ

政治的冗談はかつてないほど遠くに広がる。去年、アメリカの風刺雑誌のオニオンは北朝鮮の丸顔の指導者金正恩を「生きている中で最もセクシーな男」だと宣言した。中国の人民日報は、そのノミネートをまじめに受け取り、その名誉を祝福するために55枚の写真を広めた。オニオン誌が、田舎の白人アメリカ人はバラク・オバマよりもイランの当時の大統領マフムード・アハマディネジャドに好意的な意見を持っていると発表した偽の世論調査を公開した時、あるイランの国営ニュース機関はこれを本当のニュースとして報道した。たくさんの人々がオニオン誌を彼ら自身を楽しませるものとしてそれほど無邪気に見ているのではない。去年、そのサイトのトラフィックは70%程度増えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悲しくて遺憾な衰退 - アフリカ民族会議

9月
11

ネルソン・マンデラの下で勝利を収めた与党は洗浄をひどく熱望しおり、さもなければそれは最後には打ち負かされるのに値するだろう

与党アフリカ民族会議(ANC)は、多くの古い革命組織と同じように、記念日を好む。有権者たちに世間の注目を集めている英雄的なネルソン・マンデラのイメージとともに過去の闘争と勝利を思い出させることは、依然として選挙に地滑り的に勝つ役に立つ。2009年の前回、次点の白人が率いる民主同盟(DA)のたった17%に対して、それは投票の2/3を勝ち取った。その100周年を祝うグランドファンファーレを調整した後で、ANCは民主主義支配20周年を記念して2014年に別の大きなパーティーを準備している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカでの珍しい食肉の成功 - ザンビーフ

8月
18

ある急成長する食品会社が、その本国を越えて顧客を探している

ザンビアの首都ルサカの贅沢な場所にあるショッピングセンターのマンダヒルの上得意は、とても締まって大ぶりなその牛肉と鶏肉が好きだ。そのモールにある、南アフリカのスーパーマーケットチェーンショップライトの支店で売られている肉は、12切れにまで切られてトレイでやってくる。肉は週に3回届けられる。切断、整え、味付け、そして包装は、展示キャビネットの後ろにあるガラス張りの部屋で、厳しい基準に沿って行われる。見ることのできる肉屋たちは、車でそこに買い物に来る富裕なルサカ人にとって、新鮮さの象徴のようなものだ。その店は全ショップライト帝国の中で最も繁盛していると言われる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鳥のえさに及ぶものはない - ナイジェリアのジンバブエ人農民

5月
20

なぜナイジェリアでの商業的農業はそれほど難しいのか

18人の白人ジンバブエ人農民が当時の知事の招待に応じてナサワラ州の土地のまとまりに定住してから7年後に、たった一家族しかそこに残っていない。他の人たちはみな絶望で諦めたのだ。35歳のブルース・スペインとその父で66歳のコリンは、その豪胆な妻たちと一組の幼児たちとともに、頑張っているが、かろうじてだ。首都のアブジャから車で二時間東にある平らな乾燥した低木地帯で、スペイン一家とそのジンバブエ人同胞たちは、様々な農業事業を実験している。しかし、主に低品質の種と肥料のために、農産物収益はものさびしい。機会が壊れた時に部品を手に入れるのは難しかった。スペイン一家の最後の望みは、鳥のえさを大量生産する工場だ。「良い種が利用でき、盗難の要素が対処されるまでは、ナイジェリアには商業農業はほとんどないだろう。」スペイン氏の父親は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

CARクラッシュ - 南アフリカの外交政策

4月
30

その兵士13人の死は南アフリカの大国としての制限を暴露する

「我が国の軍人が立派な原因で亡くなった」中央アフリカ共和国(CAR)の首都バンギのそばで反乱軍によって3月23日に殺された13人の南アフリカ兵のための慰霊祭で、南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマは宣言した。「彼らはその国の外交政策を守って亡くなったのだ。」致命的な待ち伏せ攻撃の1日後に、バンギは1月に仲介されたばかりの権力分割協定に我慢が出来なくなったセレカとして知られる反乱軍同盟の手に落ちた。CARの大統領フランソワ・ボジゼは近くのカメルーンに逃れた。そしてズマ大統領は、1994年の白人少数派支配の終わり以来南アフリカがこうむった最大の数の軍事的犠牲者という結果になった交戦について、怒りに満ちた疑問に直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱物以上に - アフリカと中国

4月
16

中国のアフリカとの貿易は成長し続けており、新植民地主義への恐れは誇張されている

北京からの5人の旅行者集団が、フィーヴァーの木の黄色い幹と霧のような枝に囲まれた埃っぽい飛行場に着陸する前に、彼らの自家用機でケニア山を低空で通り抜け、リフトヴァレーに向かった。彼らはシマウマやキリンがうろつく草の生えた広場を横断し、襲ってくるバッファローを見続けながら写真を撮る。彼らがテーブルに座る時、彼らは空腹のようだが、くつろいでいる。「去年、私は何人かの友人とともに南極に行った。」と二人の主婦のうち一人が言い、永久凍土の上のペンギンの群の写真をiPhoneで見せる。中国人たちはアフリカにかつてないほどの大人数でやって来て、それを訪問、仕事、そして取引の快適な場所だと見つけている。推計100万人が、今アフリカに住んでおり、10年前の数千人から増えており、更にやって来続けている。中国人は南アフリカに4番目に多くやって来ている人々だ。その中には、その指導者としての最初の外遊でタンザニアとコンゴ民主共和国も訪れる、中国の新しい主席習近平も含まれるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

チアリーダーと否定的な人々 - 南アフリカ

4月
06

誰がアフリカの将来について正しい呼び出しをしているのか?

過去10年にわたって、南アフリカ政府は、アパルトヘイト時代の象徴的な町のソウェトの改装に、鉱山収入を使っている。道路に穴はなく、警察の巡回は安全の手段を提供し、子供たちは学校へ行く。しかし、彼らの両親には仕事がない。多くがその日中を先進世界からまっすぐやってきたショッピングモールのマポニャモールで、そして夜を黒人が合法的にはバーに行くことができなかったときに最初に開店した民間の飲み屋街のシェビーンズで過ごす。公式な全国失業率は25%だが、本当の数字は40%を超えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

下にある富 - ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ

4月
06

商品は、潜在的にはの未来にとって最大の脅威だ

北ザンビアを2つに分けるグレート・ノース・ロード上のエアコンの効いた車の後ろから、アフリカが豊かでよく統治されるようになりうると論じることは簡単だ。その国の道路制度はとても良いので、多くの訪問者は車を借り、自分で運転する。警察は優しく、休息所はたくさんある。同じことアフリカは南部アフリカの多くで当てはまる。舗装道路は肥沃なサヴァンナと開けた砂漠にわたってすべての方向に広がる。

ほとんどの道路はその下に埋まっていたものを元手に作られている。鉱物と金属の富だ。1世紀以上前にセシル・ローズが到着して以来、現地の採掘者は巨万の富を生み出し、来るべきアフロ楽観主義を起こさせている。植民地時代の鉄道から現代的空港まで、公的社会資本はこの資源の富がなければ存在しないだろう。タンザニアの南西国境から車で1日のカッパーベルトの中央で、1895年以来銅が掘られている。煙を吐く精錬所とスラグ置き場の山が町の向こうに現れる。高電圧電線と2車線の道が田舎を切り裂いている。「最初の子は弁護士になってほしいんだ。」鉱山の警備をする3人の子の父親は言う。「できると思うんだ。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大物よさようなら - コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア

4月
03

アフリカの多くでの統治は見た目に改善しているが、進歩は平たんではない

午前7時にコートジボワールの商業首都アビジャンを去ると、公務員ラッシュアワーと呼ばれるものに飛び込む。大統領は、行政官はその机に午前7時半につかなければならないと命令し、ほとんどはそうしている。ある西側の大使は疑い深い態度でいう。「もし会議に5分遅れれば、5分間失っているんだ。」

かさ上げされた2車線を走って事務所に向かうと、公務員たちがエレヴェーターに乗り込み、近代的なガラス張りの塔の上階の机に上る。こそこそと暇つぶしのためのiPadなどの電化製品を持っているものもいる。

コートジボワールの統治は見えるほどによいものではめったにない。賄賂は依然として会議よりも早く問題を解決する。野党は意地悪くもっとも最近の選挙をボイコットした。政治風景の間に深い裂け目が通っている。だがしかし、国家会計は秩序を保っており、債務は減っており、新しい道路が建設されている。これが、アフリカの多くでの絵だ。ナイジェリアのような資源の豊富な国では特にさらに多くのことをする必要があるけれども、ガーナでのように権力の分配はより公平になっており、その使用はより要求にかなうようになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ジンバブエ を購読