アザワド解放民族運動

いまのところ、とてもよい - マリの選挙

10月
06

うまく行った選挙は平和を近づけるが、さらなる努力が必要とされる

1年を少し超える間に、活気のない西アフリカの国マリは、民族蜂起、イスラム主義者の反乱、軍事クーデター、一連の飛行機ストライキ、国連平和維持部隊を含んだ何千もの外国軍の到着、そしてついに民主的政府を再建するための選挙を7月28日に経験している。多くの観察者のように、国連の事務局長潘基文は、その国を改善するための国際的計画の一部の、その投票について慎重だ。「たとえその選挙が完全ではなくとも、その結果はすべての参加者によって尊重されなければならない。」彼は語った。

潘氏は彼の願いをかなえられそうには見えない。マリの内務大臣は、選挙前の一番人気だった(「IBK」として一般に知られる)イブライム・ブバカル・ケイタは、投票の合計約1/3に基づいた大きなリードをしている、と発表した。その大臣は、もしその傾向が続けば、ケイタ氏は8月11日に予定される決選投票を避けるのに必要な50%の閾値を超えるだろう、と付け加えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

神聖ではない同盟 - マリの分離

6月
04

トゥアレグの反乱軍とアル=カーイダは北に獰猛な新しい国を作るために合同する

銃声が夜の静寂を切り裂いた。何週間にもわたって、ガオとトンブクトゥという古い砂漠の町の住民は、ライヴァルのトゥアレグの反乱軍が衝突するのを恐れてきた。1月から3月の間に、彼らは一緒になってマリ軍に対する破壊的に有効な作戦を行い、その最後の軍隊が4月の初めに立ち止り、アザワドと呼ばれる独立国家を宣言した。しかし、対抗意識がそれから燃え上り、無法と党派心がそれ以来広まっている。

5月26日に破裂した機関銃が、住民をあわてて避難場所に送った。しかし、その射撃は祝福のためだと判明した。そのフランス語のイニシャルMNLAで知られる世俗集団アザワド解放民族運動は、地元で支配的なAnsar Eddine(信念の守護者)と呼ばれる集団からのイスラム原理主義者と取引を成立させた。その二組は軍隊を合同し、暫定政府を立ち上げることに合意した。平和がやってくるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北部マリでの2012年反乱

3月
20

通常2012年トゥアレグ反乱として知られる北部マリでの反乱は、2012年1月にサハラ砂漠のアザワド地域のトゥアレグや他の人々によって、マリ政府に対する分離主義反乱として始まった、継続中の事件だ。それはアザワド解放民族運動(MNLA)に率いられた、かつては遊牧民だったトゥアレグの人々によって、少なくとも1916年までさかのぼることのできる一連の反乱の、直近の具現化だ。MNLAは、かつての反乱軍や、リビア内戦でリビア国民評議会かリビア軍かのどちらかで戦っていた重武装のトゥアレグ戦士の大量の帰還兵によって形成されている。MNLAはそれには非トゥアレグの人々も参加しているという。

背景

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アザワド解放民族運動

3月
20

アザワド解放民族運動(Mouvement National pour la liberation de l'Azawad) かつてアザワド民族運動(MNA:フランス語イニシャル)だったアザワド解放民族運動(MNLA:フランス語イニシャル)は、マリのアザワド地方に拠点を置く政治的軍事的組織だ。その運動は、かつてリビア軍で戦っていたり、リビア国民評議会の側で戦っていたりし、2011年のリビア内戦後に戻ってきたトゥアレグによって構成されていると言われる。その運動は、2011年の10月に設立された。その運動はまた、他のサハラの部族の人々も含んでいる。マリ政府は、アラブの春の間の他の国の反応と同様に、イスラム・マグリブのアル=カーイダとのつながりを持っているとしてその運動を非難している。しかし、MNLAはその主張を否定している。

歴史

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アザワド解放民族運動 を購読