ナイジェリア

脅かされる現金 - アフリカでの電子支払

3月
14

ポール・エドワーズは、有料テレビと携帯電話をアフリカにもたらした。今度は電子支払だ

「満足した人々は革新しない」アフリカで電子支払のためのスイッチと線を供給する企業であるエマージング・マーケット・ペイメンツ(EMP)の社長、ポール・エドワーズは語る。エドワーズ氏は確かに休まないタイプだ。1990年代の初めに、彼は南アフリカの有料テレビ会社でアフリカの他の部分にも拡大したマルチチョイスの社長だった。数年後、彼はアフリカ最大の携帯電話会社MTNを経営した。EMPは彼のアフリカでの3つ目の大事業だ。その目標は、かなりの所に銀行がない大陸に電子支払いサーヴィスをもたらすことだ。

アフリカ人のたった15-20%しか銀行口座を持っていないが、60-70%は携帯電話を持っている、とエドワーズ氏は語る。携帯電話のクレジットは、すでに料金決済の手段として使われている。ケニアのGDPの1/4は、その国の形態マネーサーヴィスであるM-Pesaを通って流れている。銀行と携帯電話の浸透率の差は、電子支払いサーヴィスの隠れた需要の規格だ、と彼は語る。アフリカのほとんどの取引は現金で決済されるが、徐々により多くの顧客が電子支払いの安全性と便利さを選びそうだ。EMPはそのような取引が滑らかに流れるよう確保する仕組みを打ち立てている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジンバブエから活気を盗む - ジンバブエの選挙

10月
17

ロバート・ムガベは、投票における更なる疑わしい勝利を主張する

7月31日のジンバブエの選挙の1日前の天気の良い午後に、ロバート・ムガベは外国人記者からの質問にうまく答えた。彼の公邸であるステート・ハウスの中庭に座って、その89歳はその大きく予言された死去について冗談を言った。彼は、その敵によって何度も死んだと思われた、といった。「しかし、彼らは決して私の復活については語らない。」

数日後、ムガベ氏の政治的幸運はほとんど誰も予想しなかったやり方で生き返ったことがはっきりした。大統領選に投じられた350万票のうち61%を得て、彼はその主敵の民主変革運動(MDC)のモーガン・ツァンギライを負かした。ムガベ氏のZanu-PFは210議席中158議席を得て、議会選挙でもMDCを圧倒した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

そのワニに再びズルをさせるな - ジンバブエの選挙

9月
30

アフリカの他の指導者、特にジェイコブ・ズマが、ロバート・ムガベに説明させる時だ

ロバート・ムガベの33年間の君臨がついに終わるかもしれないことは、想像でき、それをより強く言うことは無邪気だろう。もし7月31日に予定される総選挙と大統領選挙がかなり自由で公平ならば、モーガン・ツァンギライと彼の民主変革運動(MDC)は、ムガベ氏と彼の暴力的で無能で腐敗したZanu-PFを打ち負かすだろうことを、証拠が示唆する。

2008年の前回、MDCは議会選挙に勝ち、ツァンギライ氏はムガベ氏を大統領選の1回目投票で気持ち良く打ち負かしたが、ごまかしと暴力によって挫折した。ツァンギライ氏が2回目投票から身を引き、それからムガベ氏がツァンギライ氏とMDCをぎこちない連立政権に参加させるよう強いられすらしたのは、200人強のMDCの運動家が殺された後になってからでしかなかった。今回、Zanu-PFによる散発する暴力と、すべてがムガベ氏やその党と共謀した軍、警察、国有メディア、裁判所、選挙管理委員会、そして有権者登録管理者の努力にもかかわらず、ジンバブエの人々は、薄いけれども、その年老いた独裁者を追い出す可能性を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らに送金させろ - アフリカの資金移転

9月
22

資金洗浄についての西側の心配は、何百万ものアフリカ人の経済的生命線を脅かしている

モハメド・アブドゥルにとって、ソマリアの家族に金を送ることは、大きな国外居住者共同体がある東ロンドンスタンフォードの大通りへの旅を意味する。そこに着くと、彼は、現金、電話番号そして普通はソマリアの首都モガディシュに住む彼の祖母の名前を代理人に手渡す。数分後、店の助手として働くアブドゥル氏は、その現金が向こう側についたということを知らせるテキストメッセージを受け取る。ソマリアでの何十年もの戦争の間に開発されたこの早くて信頼できる制度は、いくつかの国連事務所や援助機関が職員に支払うのと同様に、多数の世界的なディアスポラによって使われる。

多分、長続きはしない。大きなリテール銀行のバークレイズは250程度の送金事業の口座を閉鎖するとの知らせを送達した。その銀行は、その決定がルーチンの法的見直しに従ったと語った。資金送金者の中には、「犯罪的行動を正しく見つける適切なチェックを持っていない」ものや、「知らずに」テロリストに資金を渡しうる、とその銀行は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い兆し - ニジェールでの聖戦

9月
14

別の貧しいサハラ国家が、暴力的なイスラム主義者の攻撃にさらされている

2年以上にわたって、ニジェールは隣り合うリビア、マリ、そしてナイジェリアでの血なまぐさい紛争から守られていた。しかし、その国の最も危険な収監者の何人かを自由にすることになった脱獄に続く、最近のどちらも中央砂漠地域にあるアガデスの軍事基地とアーリットのフランスのウラン鉱山への自爆攻撃は、たぶん世界で最も貧しい国でのイスラム過激派の到来を知らせている。

聖戦士たちは、ニジェールの政府が彼らの仲間の反乱軍を隣のマリから追い出そうとするフランスが率いる作戦を支持した後で、その国を目標にした。ニジェールはアメリカとフランスから軍事支援を受けており、首都のニアメから無人機を運用できるようにしている。「我々は攻撃に備えていたが、この規模ではなかった。」現地の治安専門家モウサ・アクファーは語る。「我々は衝撃を受けた。これらは我々の歴史上最初の自爆攻撃だった。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの角の苦闘 - ソマリアのシャバブ

8月
20

(書評)

ソマリアのアル=シャバブ:あるイスラム民兵集団の歴史と思想
Al-Shabab in Somalia: The History and Ideology of a Militant Islamist Group
By Stig Jarle Hansen. Oxford University Press

世界で最も危険な場所:無法国家ソマリアの内側
The World’s Most Dangerous Place: Inside the Outlaw State of Somalia
By James Fergusson. Da Capo Press

2005年に、40人弱のソマリ人がイスラム主義者のクラブを作り、間もなく自分たちをシャバブ(アラビア語で「若者」)と呼んだ。ひと世代にわたって混沌がソマリアに君臨し、軍事的支配者シアド・バーレが1991年に没落して以来、そこには本当の政府はなかった。しかし、1年以内かそこらで、シャバブは、いくらかの厳格な成功で秩序をもたらすことを求めたイスラム法廷の緩やかな連合の中で支配的な勢力になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

離陸への準備が十分とは言えない - アフリカの航空会社

8月
19

アフリカの低価格航空ファストジェットは立場を打ち立てるのに苦労している

最近、ウォルザー・オニンゴがケニアの首都ナイロビでの大学の仕事から故郷に戻るのは、飛行機で45分だ。その工学教授が湖畔の町キスムに到着するには、骨をゆするバスに8時間乗ることが必要だったものだ。今、彼は週末にさっさと帰る。彼は、そのバスが「することのない人々」のためのもので、時間を因数分解すると飛んだ方が安い、と語る。

片道バスチケットは15ドルだが、格安航空のFly540の到来で、彼は110ドルで飛ぶことができる。以前には、国営航空会社のケニア航空でのチケットは200ドル近かった。混雑した金曜の朝の便には、スーツを着た弁護士、大きな帽子をかぶった結婚式参加者や日帰りの葬式参列者がいた。午後の戻りの便は、徴税人に人気がある。最近まで、彼らの多くは穴の開いた高速道路を車でがたごと走ったものだ。

国際的航空会社団体のIATAは今週ケープタウンで年次総会を開き、アフリカ政府に、飛行機旅行の能力のほとんどで成長を押し上げさせるために、航路を自由化し燃料やチケットへのしばしば煩わしい税金を削減するよう要求した。「アフリカ大陸ほど飛行機産業の潜在力が大きなところはない。」IATAの事務総長のトニー・タイラーは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカでの珍しい食肉の成功 - ザンビーフ

8月
18

ある急成長する食品会社が、その本国を越えて顧客を探している

ザンビアの首都ルサカの贅沢な場所にあるショッピングセンターのマンダヒルの上得意は、とても締まって大ぶりなその牛肉と鶏肉が好きだ。そのモールにある、南アフリカのスーパーマーケットチェーンショップライトの支店で売られている肉は、12切れにまで切られてトレイでやってくる。肉は週に3回届けられる。切断、整え、味付け、そして包装は、展示キャビネットの後ろにあるガラス張りの部屋で、厳しい基準に沿って行われる。見ることのできる肉屋たちは、車でそこに買い物に来る富裕なルサカ人にとって、新鮮さの象徴のようなものだ。その店は全ショップライト帝国の中で最も繁盛していると言われる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ナイジェリア を購読