ナイジェリア

通話時間は金なり - 別の型のモバイルマネー

2月
06

前払い携帯電話通話時間の通貨としての使用

アフリカでのモバイルマネーは違った風味で来ている。ケニアのM-Pesaのようなサーヴィスに代表される洗練された種類のものは、口座所有者が携帯電話に命令を入力することによってほかの口座所有者に法貨を電気的に送ることができるようにする。それらのサーヴィスは人気があるが、古い形のモバイルマネーが繁盛するのを止めていない。この種のものは、前払い携帯通話時間を、電話間でやり取りでき、携帯電話を貸し出す業者がカネと交換することができ、またはモノやサーヴィスと物々交換できる、事実上の通貨として使う。前払い通話時間は、コートジボワール、エジプト、ガーナ、そしてウガンダでもっとも簡単に現金と交換するか店で使うことができる、と「通話時間送金」を携帯電話で容易にできるようにするマレーシア企業のトランゴのクリス・チャンは語る。通話時間は、ナイジェリアでも一般的にカネとして使われる。ヴィザのサブサハラ部門長のハンス・ヴァン・レンスバーグは、これが幾分かはそこの規制者が銀行が新しい形のモバイルマネーを提供するのを難しくしているからだという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サハラの聖戦 - マリとアルジェリアの危機

2月
05

フランスが聖戦士たちがマリを乗っ取るのを止めはじめるとすぐに、アルジェリアの彼らの共鳴者たちは彼らの地域的到達を示すために別の蹂躙をしでかした

半年間、その地域のアフリカの政府と特にフランスや合衆国といった様々な西側諸国は、アル=カーイダにつながった反乱軍が国の北半分を乗っ取ったマリについて苛立っている。今年の初めに、聖戦士たちが突然南に押し出し首都のバマコすらも脅かしたとき、問題は劇的に悪化した。

だから、フランス大統領のフランソワ・オランドは行動することを決めた。1月11日、フランスの飛行機が襲いかかり、反乱軍とその基地を爆撃した。さしあたりバマコは安全だ。しかし、フランス大統領は自身にひるませるような仕事を課している。彼の作戦が正確に何を狙っているのか、そしていつどのようにして彼の軍隊が出ていくのか誰も知らない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

こだわれ、しかしいきづまるな - フランス、マリ、そしてアルジェリア

2月
03

フランソワ・オランド大統領は正しい呼びかけをしているが、身動きが取れなくなってはならない

マリは、災害が突然現れ国境を越えて毒をまき散らすと脅すまでは、その不運な住民を除いてはほとんど誰も多くを心配していない、かなりおさめやすい国の一つだ。1月16日に、マリの同志に同情を持つ聖戦士たちが、マリに隣接する最も離れた南部アルジェリアでガス田施設を急襲し、アメリカ、英国、フランス、そして日本を含んだ国々の40人もの外国人労働者を人質にとった時、それはまさにそれをした。これは、聖戦士たちの脅威が増加しているサハラ地域に関心を集中させている。

アルジェリアでの攻撃は、実際にはフランスによる勇敢な行動への反応だ。マリでは、ほぼ1年前にアル=カーイダにつながった反乱軍がその国の北半分を乗っ取って以来、悪い血が凝結している。それから、今月の初めに、聖戦士たちはさらに南に進み、首都のバマコを危うくしていた。それは、旧植民地領域に重心を傾けるのに慎重だったフランスの社会主義の大統領フランソワ・オランドに、マリの弱くて手に負えない政権を助けるために軍隊を送るよう促した。1月14日に、フランス軍はマリの兵士たちと並んで反乱軍がバマコに最も近付いているディアバリーの町を取り戻す行動に出た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウンマへの金融 - イスラム金融

1月
18

マレーシアはイスラム金融の突撃を主導する

マレーシアが誇るべきものの中で、金融サーヴィスでの指導力は明らかなものではない。だが、いくつかの点で、その国は世界で最も重要なイスラム金融の中心だ。資産に置いてその国の銀行制度の1/5を少し超えた部分がイスラム法に従っている。ムスリム諸国の平均は12%かそこら、しばしばそれよりも低い。マレーシアはイスラム債権であるスクークの世界的市場を独占している。その国は世界最初のスクーク国債を2002年に発行した。2012年の最初の9か月間で、その国は世界の総スクーク発行のほとんど3/4を占めていた。マレーシアにはまた、「イスラム金融の思想指導力のための」国際標準決定機関であるイスラム金融サーヴィス委員会の本部もある。

その国はいかにしてこのニッチを切り開いたのか?マレーシアのムスリム遺産、外部志向の性質、そして英国やシンガポールのような金融ハブとのつながりが、その場所を宗教の世界と資本主義を橋渡しする天然の候補者にしたのだ。中央銀行のバンク・ネガラ・マレーシアもまた協力的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカ人たちは退職制度の成長に圧力をかけている - アフリカの年金制度

11月
29

改革は、投資、填補、そして統治に力を発揮している

ある国の偉大さが、いかにそのもっとも弱いメンバーを扱うかによってはかられるのならば、ケアへのその経済的能力はその年金制度によってはかられるかもしれない。退職計画はぜいたく品だ。いよいよ、サブサハラアフリカ諸国の中にはそうする余裕があり、またすべきであると感じているものもあるぜいたく品だ。

南アフリカは別として、かなりの年金基金資産を持っているその地域の主要国には、ボツワナ、ガーナ、ケニア、そしてナイジェリアがある。アフリカの投資銀行BGLグループの2010年の報告「ナイジェリアを世界年金産業の中に置く」によると、ボツワナはその地域の主要国の中で最大の一人あたり年金資産を持っており、17%とGDPに占める年金資産の割合が最も高いものの一つになっているという。これは、ナイジェリアの5%、7%のガーナ、23%のケニアと比較できる。

ボツワナと隣国のナミビアは、早いスタートから利益を得た。「彼らは、20-30年前に南アフリカに続いて強制職業貯蓄を採用した。」インヴェステック資産管理の管理部長ターボ・コジャネは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より危険な方向への安定したあゆみ - 南アフリカの通信

11月
15

外国に乗り出す携帯電話会社

ヨハネスブルグ証券取引所に上場するMTNが2001年にナイジェリアでの営業を立ち上げていると発表した時、南アフリカのアナリストの中には仰天するものもいた。

母国市場で強くて急成長する事業を持つ通信事業者が、多くの人によって世界で最もリスクの高い投資先の一つだと認められているところへ、なぜ乗り出すのだろう?

10年がたち、MTNはこれらの初期の懐疑がひどく間違っていることを証明している。

現在、MTNナイジェリアは、4,300万人以上の顧客を持ち、はるかにその携帯電話グループの最も利益の上がる営業子会社だ。それは、2012年6月終わりまでの利子・税・減価償却・資産償却を引く前の利益率が60.5%だ。

それは、その南アフリカでの利益率35.4%のほぼ倍だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ほかの人が到達していない気持ち良い部分 - 南アフリカの酒造業

11月
13

その大陸のもっとも新しい国でのSABミラーの冒険

イアン・アスルワース=エルヴェイが南スーダンの最初の醸造所を立ち上げるというミッションを引き受けた時、彼はテントの中に入った。9か月間、そして一晩320ドルでだ。

SABミラーの子会社である南スーダン・ビヴァレッジのその南アフリカ人管理者は、ほとんどすべてがまだ建設されていない場所へ入ることの困難を払いのける。

「私は、南スーダンが世界中のほかのどんな発展途上国と比べてもいかなる大きなリスクをもたらすとは考えていない。」彼は語る。「物事はここではただより簡単に簡単になっているのだ。」

南スーダン人は、アルコール禁止の北のハルトゥームの体制から分離することに2011年1月に投票した。

現在、南アフリカはほかのアフリカに対する最大のアフリカの投資家だが、その南スーダンの拡大は未知の領域への珍しい襲撃を記録する。

「過去10年間にわたって南アフリカからの安定した流出のしたたりがある。」シティのサブサハラアフリカのストラテジスト、レオン・マイバーは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未開の土地での利益と損失 - 南アフリカの小売業投資

11月
12

社会資本が限られているとき、そこには機会がある

合衆国の小売ウォルマートが南アフリカのグループマスマートを買収する入札を申請した時、それは2つの傾向を反映した。それは、アフリカの強い成長への多国籍企業の増加する興味と急速に増加する中産階級に食い込みたいという欲求を例証する。

それは、その大陸ではるかに最も大きい南アフリカの小売りがその拡大計画を強化しており、マスマートをアフリカに入る最初の巨大小売になる論理的なプラットフォームにしている、という事実を強調する。

マスマートは、北、東、西に動く前に隣国から始め、1990年代の半ば以来母国市場外での存在感を増している。

去年ウォルマートがそのグループの株式の51%を24億ドルで取得するときまで、それはその地域の14か国で営業する南アフリカで3番目に大きな小売だった。

しかし、マスマートだけがより広いアフリカ戦略を追い求めるものではなかった。南アフリカの小売りは、その大陸中に拡大するための突撃を主導している。

その大陸最大の小売りショップライトは、その不安定さで悪影響を受けているコンゴ民主共和国の首都キンシャサに勇敢にも最初の支店を開いて、今年17か国で営業している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大陸政策は違った方向に引き入れられた - 南アフリカの外交

11月
09

プレトリアは幾つかのありそうもない運動を擁護しており、ほかの地域国家と犬猿の仲になっている

自由、民主主義、そして人権をその外交政策の中心に置いたネルソン・マンデラの下で始まった国にだけれども、南アフリカは最近幾つかのありそうもない運動を擁護している。

分断されたアフリカ連合で、ジェイコブ・ズマ大統領は、去年コートジボワールで血なまぐさい選挙後の行き詰まりを終わらせるよう妥協を探って、ローラン・バグボを支持する陣営を率いた。

今国際刑事裁判所で人道に対する罪によって審理を待っているバグボ氏は、彼がフランスに率いられた新植民地主義の陰謀の犠牲者だとプレトリアを説得した。

しかし、南アフリカの位置は、国連に認められた結果によれば、投票で選ばれた(現大統領の)アラサン・ワタラとそれを対立させた。

ほかの地域大国の裏庭をもてあそんで大陸のタブーを踏みつけているそれはまた、プレトリアをナイジェリアや西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)と犬猿の仲にしている。

リビアのこととなると、南アフリカの位置はさらに混乱していた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

銀行は新たな市場を追い求めてカネを追いかける - 南アフリカの金融拡大

11月
08

その大陸は世界で最も早く成長している経済のいくつかの故郷だ

スタンダード・バンクの子会社であるCFCスタンビックが今年南スーダンにその最初の支店を開いた時、それはその大陸中で拡大のペースを加速する南アフリカのより深遠な例を記録した。

アフリカでもっとも新しい国の南スーダンは、その大陸でもっとも未開発で最貧の国の一つだ。それは、独立を成し遂げて16か月後にも、その北の隣国スーダンとの急な武力衝突に入る売る緊張に、依然として悩まされている。

しかしながら、それは、特に石油といった原材料に富んでいる。CFCスタンビックのジュバ支店が公式に開店した時、スタンダード・バンク・アフリカの頭取のクリス・ニューソンは、南スーダンの天然資源の潜在力は「強い成長を駆動し、エネルギー部門、社会資本開発、そして農業で投資を惹きつけるよう期待された」、と語った。

その開店は、資産においてアフリカ最大の銀行で20%が中国のICBCに所有されているスタンダード・バンクが、南アフリカを除いてその大陸で17か国にその存在を拡大したことを意味した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ナイジェリア を購読