ナイジェリア

リンポポ川の北で機会が差し招いている - 南アフリカからのアフリカ投資

11月
07

通信会社、小売、そして醸造業者が投資の跡を示している

それほど遠くない過去に、南アフリカのほかのアフリカへの最高位の輸出品は、アパルトヘイト後に傭兵や民間安全保障コンサルタントとして仕事を見つけた元特殊部隊の隊員だった。彼らが戦っていなかったとき、少なくとも国内や国際的な悪口が彼らのやっているような事業を禁止するよう法の変更を促進するまでは、彼らは確かに大陸の問題を抱えた場所のバーで時間をつぶすのが見られた。

今では、その大陸でもっとも浸透したホテルのロビーで、南アフリカのスーパーマーケットのマネージャーに出くわすことの方がよりありそうだ。

中国、インド、ブラジル、そしてほかの新興国のように、南アフリカはその大陸の好況を利用しており、比較的成熟した国内市場を越えて拡大しようとしているそこの会社は新たな利益源を北に見つけている。その国の経済は、1994年の白人少数派から黒人多数派支配への移行に続いて、国際的な制裁が解除され開放された後の数年間で事業が復活するにつれ、徐々に成長し始めた。アフリカ中からの経済的移民や事業家たちが群れを成してやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

難しい場所を好む起業家 - ベニー・シュタインメッツ

11月
04

ベニー・シュタインメッツは、天然資源の豊富な見通しのある辺境市場へ踏み込むという評判を持つ数少ない鉱業起業家の一人だ

今年の初め、シュタインメッツ氏は、ナイジェリアの陸上石油と発電部門が新たな投資に開放されるので、そのグループは何十億ドルもそこに投資する計画をしている、と本誌に語った。

「誰もが今電力部門に投資するためにナイジェリアに行くことができるが、知っているかい、彼らは終わっているのだ。そこにはストライキがあり、内戦の話、そして汚職がある。しかし、我々は難しい場所に投資する。(ベニー・シュタインメッツ・グループ・リソーシズは)積極的なやり方でこれらの機会を追い求める。それを実地でやらなければならないのだ。」

天然資源子会社を含むベニー・シュタインメッツ・グループ〈BSG〉は、その会社によれば、過去3年間のそれぞれで35億ドル以上の収入を持つ民間所有のコングロマリットだ。だが、シュタインメッツ氏は低い地位を保っている。彼は、その受益者がシュタインメッツ家である財団を構成するそのグループの子会社の非役員の顧問として働いている、と本誌に語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サハラの燃え上がる鞍 - アフリカの薬物取引

10月
15

北西アフリカの過激派は、コカイン交易で資金を得ている

ひとつの単純な事実の美徳で、シエラレオネの首都フリータウンの国際空港は最近まで、密輸業者の楽園だった。そこにはスキャナーも金属探知機もなかったのだ。しかし、その遅ればせながらの到着は、ラテンアメリカから西アフリカを経由してヨーロッパに入る薬物の流れをかなり弱めている。たくさんのほかの積み替え点がある。

国連の薬物事務所は、その取引が年に60トンものコカインを運んだと2010年に推計した。それはそれ以来急速に成長している。いくつかの推計によれば、ヨーロッパの薬物全体の1/4がアフリカ経由で到着しているという。もっとも一般的な経路は、ギニア=ビサウからマリやニジェールへ、そしてそこからリビアやエジプトに向かうものだ。その領域の大部分がイスラム過激派に支配されている。彼らは、立ち上げたいと思っているタリバン型の政府のための戦闘資金を得るために密輸業者とともに働いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダがねぐらを支配するところで - 分割されたマリ

10月
12

アル=カーイダとつながったイスラム主義戦士たちは、北西アフリカの一帯を支配する

エジプト、リビア、そしてチュニジアでの西側の外交職への攻撃は、北アフリカムスリム過激派にスポットライトを当てている。しかし、はるか南のサハラ砂漠では、アル=カーイダとつながりを持つ集団が前進している。民族の権利のために戦う反乱軍とともに動き、彼らはフランスほどの大きさの地域である北部マリを3月の終わりのたった3日で征服した。そして、過激派からの避難所が不安定なパキスタンやイエメンとは対照的に、ここでは彼らは完全に支配している。

伝説的な町トンブクトゥから外に広がる人口密度の低い土地は、暴力的なイスラム主義者が自由に新兵を訓練し、武器を運び、テロ攻撃を計画する広大な無法地帯になっている。それは、ベンガジのアメリカ領事館への最近の攻撃の後ろにいたと考えられるAnsar al-Shariaを含んだ、地中海からギニア湾にいたるあちこちで同盟者を持つイスラム・マグレブのアル=カーイダ(AQIM)の指揮下にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貧困の地理学

9月
22

世界の最貧層をいかに助けるかについて解くのは彼らがどこに住んでいるかに依存する

世界の最貧層はどこに住んでいるのか?明白な答えは、貧しい国々だ。しかし、最近の記事の中で、英国開発学研究所のアンディ・サムナーはその明らかな答えが間違っていることを示した。1日2ドル以下で生きている人の4/5は、貧しい国ではなく、一人あたりの国民所得が1,000ドルから12,500ドルの間の中所得国に住んでいるということを彼は見つけたのだ。彼の発見は、経済成長の長いが不公平な期間は多くの発展途上国を中所得の地位に引き上げたが、その人口の少数を貧困の苦境に残しているという事実を反映している。そのような国々に中国やインドのような大国が含まれるので、少数派すらもとても大きな数の人々を占める。中所得国は自国の貧困層を助ける余裕があるので、それは問題だ。もしその貧困問題が国境の中にあれば、外国援助は貧困削減にあまり関係がない。助けるより良い方法は、中所得国の国内政策をより「貧者にやさしく」することだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物に出かける大陸 - アフリカの消費財

9月
07

アフリカの急速に成長する中産階級は支出する金を持っている

アフリカの消費者は十分に供給されておらず、過大請求されている、とユニリーヴァのアフリカ責任者フランク・ブラエケンは説明する。最近まで、アフリカ人の髪に特化して作られたシャンプーや黒い肌のための化粧品を欲する南アフリカ人は、高価なアメリカの輸入品以外にはほとんど選択肢がなかった。ユニリーヴァは機会を見つけた。そのモーションズ・ブランドのシャンプーとコンディショナーが今ヒットしている。

その英国オランダ系の消費財大手は、アフリカの消費者のために製品を仕立てる大きな努力をしている。買うことのできる食品、水節約型の洗剤、そして現地の好みに合った身づくろい製品だ。それはまた、ほかの事業も助けている。去年、ユニリーヴァはヨハネスブルグにモーションズ・アカデミーを開設した。毎年、それは自分のサロンを開きたい5,000人もの理髪師を訓練する。それはまた、製品をテストし、新たなビジネスモデルを試してみる研究所でもある。もしそれがうまくいけば、ユニリーヴァはそれをアフリカの他の所でまねする計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

赤ん坊モニター

8月
29

貧しい国々では、低い出生率はふつう成長にとって良いことだが、それはまた不平等を増加させうる

人々がより小さな家族を持ち始める時、経済は利益を受ける。出生率が下がるにつれ、労働人口の大人の人口における割合は這い上がり、「人口動態の配 当」と呼ばれるものの基礎を敷く。子供が少なくなり、大人はそれぞれの子供の教育により投資し、人的資本を増加する。人々は退職後のためにより貯蓄する傾 向があり、だから投資のためにより多くの金が利用できる。そして女性が給料の出る仕事に就き、労働力の大きさを押し上げる。このすべては経済成長と家計の 所得にとって良いことだ。最近のNBERの研究は、ナイジェリアの出生率を女性一人につき子供一人だけ減らすことは、一人当たりGDPを20年間にわたっ て13%押し上げるだろうと推計する。しかし、低出生率のすべての帰結が素敵なわけではない。ハーヴァードの公共保健学部の研究者による新しい研究は、別 のそして驚くべき影響を見つける。短期間での高い不平等だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソマリアのチャンス

8月
23

合衆国が支援するアフリカ軍は平和をもたらすことができるのか?

過去20年間のソマリアの戦争の間のどこかで、生存が釣り合わなくなるような大きなレヴェルに破壊が到達した瞬間が来た。家がその石の中心部を道に投げ出し道路は20年分のがれきの下に埋まっているモガディシュの下町で、25万人の人々がひもで結びつけられたソダとプラスティックのまゆに住んでいる。

その華やかにタイル張りされたバルコニーで大臣や大使たちがかつて眼前のインド洋を眺めながらサンジョヴェーゼワインやカナッペを楽しんだ海に面したアル=ウルバ・ホテルの灰色の骨組みの中で、輝く白いプレハブのウガンダ軍食堂サーヴィスがアフリカ連合の平和維持軍のために牛肉とスパイスの効いたキャベツをバーベキューにしていた。西に30キロいったアフゴエを過ぎたところにある前線では、アラブの王子に所有される川沿いの宮殿があり、そこでは、戦争、基金、そして断続的な占領の期間を通して、ヤシやマンゴーの木が植えられた庭で一羽残ったダチョウを職員が世話している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

議論を呼ぶ任命 - アフリカ連合

7月
30

アフリカで最も強力なクラブの最高位は、南アフリカ人の下へ行った

4回にわたる投票の結果、南アフリカの内務大臣ヌコサザナ・ドラミニ=ズマは、最終的にアフリカ連合(AU)の54か国中37の承認を受けてAU委員会の議長に7月15日に選ばれた。その汎アフリカクラブは、これまで通り、現在ベナンのヤイ・ボニが務めるように、儀式的に毎年国家元首によって議長が務められるだろうが、今後4年間はドラミニ=ズマ女史が実質的にその催し物を取り仕切る。彼女の元夫ジェイコブ・ズマの下にある南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)は喜びを表した。

ドラミニ=ズマ女史は、その地位についた最初の女性で最初の南アフリカ人だ。彼女は国際的な舞台で洗練された実行者だ。そして彼女の任命は、その組織が今年の初めに2008年以来AUを運営している中国系の元ガボン外務大臣のジャン・ピンの後継者を選ぶのに失敗した後のレイムダック期間を終わらせる。

63歳のANCの猛者ドラミニ=ズマ女史は、1994年に多数派ルールが到来して以来、南アフリカの大臣だ。彼女の経歴には、醜聞や不正はない。ネルソン・マンデラの下で最初の黒人健康大臣として、彼女はHIV/AIDSの「魔術的」治療を裏書きし、薬物管理機関が抗議された時それを追い求めたとして非難された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ナイジェリア を購読