ナイジェリア

売春をして - フランスと売春

7月
24

新しい政府はもっとも古い職業を廃止したいと思っている

初心者にとって、森の中の道路のわきに閃いている地面の上の棒に結び付けられたみすぼらしい青いビニール袋は、単なるゴミかもしれない。しかし、木の下にいる女性のその太ももまである白いブーツときついショーツは、何か違うことをあらわしている。売春はパリの高級な部分から追われているので、女性たちはその取引を他の所で営んでいる。首都の外の森から、繁栄する事業が歩道で広く昼間に始まり夜遅くまで続くかなり移民の多い18区のバルベス大通りに至るまで広がっているのだ。

先月社会主義者の女性大臣ナジャット・ヴァロー=ベルカセムは、その取引を全部禁止したいと宣言して、騒ぎの原因となった。「問題は、(答えがイエスである)我々が売春を禁止したいかということではなく、いかにしてそれをする手段を自分たち自身に与えるか、だ。」と彼女は言った。1年前、国会は、フランスの「廃止主義者」の見方とその「売春なき社会」を作り出す欲望を再確認する決議を可決した。売春それ自身は違法ではないが、売春宿は、客引きや(3月にドミニク・ストラス=カーンにかけられた罪である)売春あっせんのように、違法だ。今、その大臣は顧客も同様に犯罪化するというより厳しい考えを提起している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

再び飢えている - サヘル

7月
19

飢饉の繰り返される脅威に合わせて準備するより良い方法があるに違いない

サハラ砂漠の南の縁に広がった広大な乾燥地であるサヘルで、ほぼ1,900万人の人々が食料不足になっている。国連によれば、100万人以上の5歳以下の子供たちが死の危険にあるという。さらに300万人が、「激しい栄養失調」だとそれは言う。6月19日に、それは、世界のより豊かな国々に、飢餓を寄せ付けないようにするために、16億ドルを見つけるよう頼んだ。

これはここ7年でその地域を襲った3度目の大きな食糧危機だ。今回のものは、旱魃、去年の貧しい収穫、高い食料価格、そして半ダースのサヘル諸国の中の一つであるマリの不安定によって引き金が引かれた。その理由は2005年や2010年とほとんど同じだ。危機ではない年でさえも、国連の子供関連機関であるユニセフはその地域で87万の極度の栄養失調の事例を取り扱っているという。

ロンドンの東洋アフリカ研究学院のカルロス・オヤは、この慢性的な不安定が、自然によるものではなく政策の失敗の結果だという。この地域での灌漑は不適切だ。政府は正しい穀物準備の積み上げができていない。その大陸の反対側で政治闘争に荒らされているジンバブエのような国でさえも、約40万トンのメイズの備蓄をしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

諸国民の真の富

7月
14

富を評価するより良い方法を提案する新たな報告

「富とはその利点なしのものではない。」ジョン・ケネス・ガルブレイスはかつて書いた。「そして、しばしばされてきたことだが、反対の事例は、広く説得的だと証明されたことがない。」富の明白な利点にもかかわらず、諸国は自国のものを数え続けるのに貧弱な仕事をする。彼らはその豊富な天然資源、熟練労働力、そして世界的な社会資本を自慢するかもしれない。しかし、この自然、人的、そして物理的資産の在庫を合計する金融手法で、広く認識されているものはない。

経済学者は、普通GDPを代わりに決める。しかし、それは富ではなく所得を測るものだ。それは資産の在庫ではなく、ものとサーヴィスの流れを評価する。そのGDPである経済を測定することは、貸借対照表をのぞき見することなしに、四半期利益によってある会社を判断するようなものだ。幸せなことに、国連は、今月、ケンブリッジ大学のパーサ・ダスグプタ卿によって監督された報告の中で、20か国の貸借対照表を公表した。それらは、3つの種類の資産を含んだ。「製造された」または物理的資本(機械、建物、社会資本など)、人的資本(人口の教育と技術)、そして自然資本(土地、森林、化石燃料、そして鉱物を含む)だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

代理人たちのための遊び場 - スーダンたち

7月
01
イランとイスラエルがスーダンのごたごたにより関与し始めている
 
スーダンと南スーダンの政府は、イランとイスラエルから支援を得ている。北と南の間の平和のためにはよい兆しではない。5月の初めに、国連の安全保障理事会は、両方のスーダンに、もし戦いをやめどのように石油収入を分け彼らの紛糾している国境を定めるかについて議論を始めなければ、制裁を課すと脅した。しかし、数週間以内に、スーダンの派遣団が、その政府が石油探査を含めた経済的つながりの強化を約束したイランへ行った。イランの大統領モハムド・アハマディネジャドは、どちらも国際的制裁に直面している彼の国とスーダンが「傲慢な大国と人類の敵」の犠牲者だと語った。
 
イスラム主義者に支持された軍事クーデターが1989年にオマル・アル=バシールを権力の座につけて以来、シーア派のイランはスンニ派が支配的なスーダンを北東アフリカの有益な味方だ、そしてスーダンの東側をエジプトへそしてガザ地区のパレスチナのイスラム集団のハマスへ武器を輸出する回廊だとみなしてきた。イスラエルは、そのルート上のイラン輸送部隊を2009年に爆撃した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカへの入り口? - 南アフリカ

6月
17

南アフリカの事業の卓越は変わっている

南アフリカは去年、ブラジル、ロシア、インド、中国からなる堂々たるBRICSクラブにSの字を足すことになる誘導を行った。しかし、それはその国を含むことを正当化するのに苦労している。加盟国中最小の経済(インド)の1/4と最小の人口(ロシア)の1/3以下しか持たないその国がそれを主張する主要な資格は「アフリカへの入り口」だ。その大陸の経済は世界で2番目に早く成長しており、人口は10億人強(中国やインドからそれほど離れていない)で、その全体としてのGDPはほぼ2兆ドルでロシアやインドのものよりも大きい。それでも、南アフリカはまさにそれが主張するような疑いなくアフリカで最も強力で洗練された経済なのだろうか?

それは、本当にかつてはより不安定なアフリカ諸国を北に切り開くのに慎重な投資家にとって、出発地としての役割を果たした。しかし、過去数十年の間に、その大陸は全体としてより平和的に、民主的に、そして安定的になっている。結果として投資は流れ込み、そしてしばしば南アフリカを迂回している。2倍の速さで経済成長しているアフリカ諸国の中には、投資家にとってのその大陸の明らかな第一歩というその主張に挑戦しているものもある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

開発の最善の物語 - アフリカの幼児死亡率

5月
31

アフリカはかつてどこにもなかったほどの幼児死亡率の最大の下落を経験している

それは「ほんの少ししか認識されていない素晴らしい成功物語だ。」世界銀行ナイロビ事務所のガブリエル・デモンバインズは語る。」ハーヴァード大学ケネディ・スクールのマイケル・クレメンスは、それを単に、「開発の最大で最善の物語」と呼ぶ。それは、いまアフリカ中で勢いを増している幼児死亡率の大きな減少だ。

デモンバインズ氏と同じく世界銀行のカリナ・トロムレロヴァによれば、2005年以来生活状況の詳細な調査を行っている20のアフリカ諸国のうち16の国で、(1,000人の新生児のうち5歳以下で死ぬ子供の数で占められる率である)幼児死亡率の低下を報告している。12の国で、1990-2025年の間に幼児死亡率を2/3切り下げるというミレニアム開発目標(MDG)の達成に必要とされる率である、年に4.4%以上の減少だった。セネガル、ルワンダ、ケニアといった3か国は、MDGの率のほぼ倍で、約10年で幼児死亡率を半分にするのに十分な、年に8%以上の下落を示した。これら3か国は今、過去10年の間に世界で最も成功した経済の一つであるインドの幼児死亡率と同じレヴェルだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ナイジェリア を購読