ナイジェリア

アフリカの次の大きな戦争 - 合意しないスーダンたち

5月
05
分割から1年もたたないうちに、二つのスーダンたちは紛争を起こしそうだ。中国が平和へのカギを握っている
 
部族を分断したり多すぎる多様な人々を不幸にも一緒に一塊にしてひどく引かれた植民地主義的な国境は、かつてはアフリカで多くの暴力をたきつけた。独立から半世紀後、たとえいくつかの国境が依然としてひりひりさせるとしても、本格的な戦争は珍しい。最後の開いた傷口は、主にキリスト教とアニミズムの南がムスリムの支配的な北から分離した2011年7月9日に近づいているようだ。200万人もの人々を殺した数十年に及ぶ戦争の後で、分割はアフリカ人と西側の仲裁者の両方にとって成功を表すように見えた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダは下り坂だが、なくなったとはとても言えない - ジハーディスト・テロリズム

5月
02

中核部分は打ち負かされているが、提携者は戦いを継続している

数字が物語を教えてくれる。アメリカの反テロリズム作戦は、徐々に、アフガニスタンやパキスタンの部族地帯から、イエメン、ソマリア、そしてアフリカのほかの部分に移っている。たった6週間で、イエメンでのアラビア半島のアル=カーイダ(AQAP)に対する無人機攻撃は、約90人の戦士たちを殺している。ウェブサイトのロング・ウォー・ジャーナルによると、シャブワ県アザン地区で5人の戦士を殺したと考えられている今週のものを含んで、アメリカは4月に4つの攻撃を始めたという。3月に、アメリカは、おそらくその地域の依然として秘密の新しいCIA飛行機基地から飛び立ったプレデターかリーパーの無人機で、4つの攻撃を行った。

それは、南北ワジリスタンの聖域にある、「中核的」アル=カーイダに対する無人機攻撃の速度が落ちていることと対照的だ。今の傾向では、2010年のピーク時の117回の攻撃に比べると半分になる、前年比1/3減になるだろう。その年に、彼らは800人以上の反乱者とテロリスト(そして14人の市民も)を殺した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

法律と貧者

4月
11

新興市場の裁判所は多くの人が推測するよりも貧者にとって良い

12月にインドの内閣は、人口の2/3に安い食料を得る権利を与える(法によって強制可能だと考えられた)「食糧への権利」法案を承認した。議会は依然としてそれに承認を与えなければならないが、その考えは流行の一部だ。インドの法律は、すでに、教育、保健、そして賃金労働の権利を約束している。そしてインドは、社会的と経済的権利をその憲法に組み入れ、これらの権利を施行するのに裁判所を使う多くの国の一つだ。インドネシアの憲法裁判所は、2004-06に政府に教育支出を増やすよう要求する裁定を出した。南アフリカの最高裁判所は、気の進まない大統領、ターボ・ムベキに、様々な反HIV/AIDS計画を始めるよう義務付けた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

半分入ったグラス - アフリカの民主主義

4月
10

代議制政府は、最近の中断にもかかわらず、依然としてアフリカで進んでいる

アフリカ政治はどちらに行くのだろうか?大統領が3月25日に若いライヴァルに対して選挙によって負けたことを認めて、1960年の独立以来破られていない民主主義の伝統を延長したセネガルの道だろうか?それともより困難な方向にある隣のマリの道だろうか?セネガルの選挙の数日前に、若い軍司令官たちがマリの首都バマコの大統領公邸を強襲、略奪し、より広い地域に望みを与えていた20年にわたる民主主義を突然終わらせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ンゴジに敬意を表す - 世界銀行

4月
09
世界がバラク・オバマに実力主義の意味を示す黄金の機会だ
 
世界銀行からのエコノミストが金と助言を施すために貧しい国々を訪れるとき、彼らは繰り返し政府に身びいきを排し、最高の使える候補者にそれぞれの重要な仕事をやらせるよう教える。それはよい助言だ。世界銀行はそれを取り入れるべきだ。次の総裁の任命に際し、その銀行の総務会は、もっとも影響力のある出資者のアメリカの候補者を拒絶し、ナイジェリアのンゴジ・オコンジョ=イウェアラを選ぶべきだ。
 
世界銀行は、世界最高の開発機関だ。その総裁は政府での経済と金融での経験を必要とする(それは結局銀行なのだ)彼か彼女はまた、開発分野での広い経験を持っているべきだ。オコンジョ=イウェアラ女史は、これらの性質をすべて、そしてコロンビアのホセ・アントニオ・オカンポはいくらか持っている。バラク・オバマが押しているアメリカ人公衆衛生教授ジム・ヨン・キムは対照的に、せいぜい一つだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

塊からラガーへ - アフリカのビール

4月
07

大陸の渇きをいやす競争

統計はめったにアフリカには当てはまらない。ビール消費を見てみる。平均的なアフリカ人は商業的に生産されたビールを年にたった8リットルしか飲ん でいない。平均的なアメリカ人にがぶ飲みされる70リットルかそこらに比べれば、アフリカ人は白けたやつらの群れのように聞こえるかもしれない。しかしそ うではない。

アフリカ人は、ソルガム、キビ、そして多かれ少なかれ何かしら発酵性のものから作った自家製の酒をかなりの量ごくごく飲んでいる。ロンドンに上場しているビールメーカーのSABミラーによる調査では、量で測ると、アフリカの自家醸造市場は公式の市場の4倍の規模だという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スマートフォンの奴隷

3月
19

超接続可能性の恐怖と、どのようにして自由の度合いを回復するか

「召使」(1963)は忘れることのできない映画の一つだ。(ダーク・ボガードによって演じられる)陰謀をたくらむ従者と彼のふしだらな主人(ジェームズ・フォックス)との関係の無慈悲な解体だ。その従者は彼の主人が状況を一変させるまで、その弱点を利用する。その物語は、へつらうボガードが堂々としたフォックスに仕えることで終わる。この映画は、ハロルド・マクミランの英国の階級構造の告発だ。しかし、別の気がかりな関係を考えることなしに、それを見るのは難しい。ビジネスマンとそのスマートフォンの関係だ。

スマート装置は時には力を与える。彼らは我々の指先に情報世界をもたらす。彼らは人々を、異臭を放つ見知らぬ人と一緒に電車に押し込む代わりに家から働くよう、自由にする。それは柔軟な労働時間を求める親には巨大な恩恵だ。スマートフォンとタブレットはまた、人々にコーヒーのために並ぶといったそうでなければ無駄にされていただろう空きの時間に仕事をすることによって、効率性を増進する。それらは、電子メールを午前1時に送るようプログラムすることによって、怠け者に24時間働いているという幻想を作り出す役にすら立つ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

栄養のパズル - 貧困と食料

2月
26
なぜ、それほど多くの貧しい国々の人々が、そんなにも悪いものしか食べていないのか、そしてそれに対して何ができるのか?
 
サン・パウロの最も貧しく、最も誤って名付けられた貧民街の一つである、エルドラドでは、何人かの8歳の少年たちが、かつて薬物ギャングや飢餓でよりよく知られたグラウンドの1区画でサッカーをしている。彼らは健康な状況のように見えるが、そうではない。試合後に、彼らはピッチの脇にある一袋のバナナに寄り集まる。
 
「学校では、子供たちは毎日完全な食事を食べる。」地元慈善団体の「危機に瀕した子供たち基金」の事務局長、ジョナサン・ハナイは説明する。「しかし、休日には彼らは朝食も昼食もとらずに我々のところにくる。だから我々は彼らにバナナを与えるのだ。それらは腹を満たし、安く、そして脳を刺激する。」栄養失調はかつてエルドラドでは見えずに広がっていたものだ。今ではそれは少なくなり、同じように重要なことに、それはもはや隠れていない。「それはより見えるようになり、だから人々はそれに対して何かしている。」
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ナイジェリア を購読