アルバニア

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もしメレスもいけば… - エチオピア

8月
17
エチオピアの大物の報道される悪い健康が神経をいら立たせている
 
エチオピアの普通ならば精力的な首相のメレス・ゼナウィは、6月半ばから人前に姿を現していない。G8やG20といった大きな会議に定期的に招待された彼は、しばしば「アフリカの声」と考えられている。しかし、彼は、とりわけ自国の首都のアディスアベバで開かれた今月初めのアフリカ連合の首脳会談に欠席した。彼の政府は、最初にベルギーの病院で彼が重大な病気に臥せっていたというのを否定してから、病気休暇を発表したことによって不確かさを加えた。ある週刊紙が彼の健康についての記事を発表しようとした時、当局はその報道を止めた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

遠すぎる橋? - 遺跡保護

4月
14

 

会社はイタリアのバラバラになった宝物を生き返らせる役に立ちたいと思っている―高い値段で

有名なポーランド人映画監督ロマン・ポランスキが2007年に(今は行き詰っている紀元79年のヴェスヴィオ山の噴火についての大予算の叙事詩であ る)映画ポンペイを作る契約を結んだ時、ポンペイ遺跡の母国であるイタリアは、撮影のための彼の一番の選択肢だった。しかし、そのプロダクションは、現実 的なイタリア人役人が例によって映画クルーが考古学遺跡を踏みにじることに反対し、スペイン政府がイタリアに安いオファーで勝ったために、最後にはスペイ ンに移った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

リヴァプールからの視点 - 起業家クラスターの作り方

3月
26

起業家クラスターは作るよりも殺す方が簡単だ。政策立案者はこれを覚えておくべきだ

3月13日に3,000人の人々が年次の世界起業家会議に集った。彼らは、ヴァージングループのリチャード・ブランソン卿の「ねじ込め、それをしよう。」と題した講演を聴いた。彼らは、テスコの元社長のテレンス・リーヒー卿のいかにして「中にいる勝者」を解き放つかについての話を聞いた。そして何よりも、アルバニア人がエジプト人と、ガーナ人がラトヴィア人と、といったように猛烈にネットワークを作った。このすべての起業家礼拝の場所は、リヴァプールだった。

リヴァプールで起業についての会議を開くことは、リヤドで女性の権利についての会議を開くことのように少し聞こえるかもしれない。その町は、とても違った価値の集まりとしてかたく認識されている。英国人ならみんな、仕事嫌いとされるスカウサー(リヴァプール人)について豊富な冗談を言うことができる。スーツを着たスカウサーをなんと呼ぶ?被告人さ。スカウサーのラップトップは何?ピザだよ。などなど。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アルバニア を購読