ツヴァル

海の変化 - 太平洋諸国

12月
20

太平洋の指導者の集まりは、気候変動を心配する

太平洋諸国の指導者は、太平洋諸島フォーラム(PIF)の年次首脳会談のために、9月3日から6日に、マーシャル諸島の首都マジュロに集まっている。ホストのクリストファー・ロヤック大統領は、気候変動についての「マジュロ宣言」への支援について派手な宣伝をしている。彼は、54,000人の住民がいる29の低地の環礁とサンゴ礁の島々の集まりである彼の国は、特に海水面上昇の脆弱だと語る。ロヤック氏は、今年のマーシャル諸島北部での数か月にわたる深刻な干ばつと、6月に堤防を破りマジュロの飛行場の滑走路に流れ込んだいつもの年よりも高い潮位は、地球温暖化の結果だと語る。

マーシャル諸島は人造の環境破壊についてよく知っている。第二次世界大戦後10年以上にわたって、アメリカはその北部にあるビキニとエニウェトクの環礁で多数の主として秘密の核実験を行った。ビキニと隣のロンゲリックは、人が住めないままだ。隣のキリバスやツヴァルのように、その国の全部の島々は海抜ほんの数メートルで、海洋の上昇によって飲み込まれうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ツヴァル を購読