アジア開発銀行

小川を上げる - ヴェトナムの洪水管理

6月
24

低地にある町は洪水を防ぐために抜本的な行動をとらなければならない

ホーチミン市(地元ではHCMCと呼ばれる)の川と運河は、そのバイクが動けない地区を通る血管のように曲がりくねって流れる。その町の場所は、安く物を作り南シナ海に簡単に接続する近くの港にトラックを運ぶ製造業者にとって良いところにある。しかし、それは、洪水を防ぐためのその町の非現実的な運動に精通している都市計画者たちを心配している。

かつてサイゴンと呼ばれたHCMCは、今のところ破壊的な洪水から免れており、支援者たちは今のところ助けるのに熱心だ。例えば世界銀行は、数少ない中央の地区の雨水と運河の社会資本を更新しており、4月8日には、オランダの町ロッテルダムからの役人が、HCMCが気候変動に適応するのを助けるために設計されたオランダとヴェトナムの合同計画を促進するために町にいた。しかし、町の半分近くは海抜1メートル以下にあり、地盤沈下を引き起こす地下水くみ上げは巨大な見たこともない影響を持つかもしれない、と科学者たちは語る。アジア開発銀行によれば、その町の70%近くは、すでに極度の洪水に対して脆弱だという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中所得のはったり - 中所得の罠

3月
18

国々は貧困と繁栄との間で「罠」にはまっているのか?

経済的立ち後れは利点を持つ。産業化にあとから来たものは、前に走っているものが先に切り開いた道に従い、そしておそらくその道に沿ったいくつかの段階を飛ばすことができるのだ。結果として、貧しい国々は、豊かな国々との差を狭めることができる。しかし、この幸福な経済的収斂の原則は、常に支配し続けるわけではない。貧しい国の中には、進むのに失敗するものもある。素早い進歩を遂げた後に道を見失うものもいる。一つ目はしばしば「貧困の罠」の犠牲者として描かれる。2つ目は、ますます「中所得の罠」の犠牲として描かれるようになっている。

世界銀行のインダーミット・ギルと今ブルッキングス研究所にいるホミ・カラスによって名づけられたこの罠は、マレーシアからメキシコまでの政策立案者を心配させている。それは、貧困を抜け出したが、依然として繁栄を待っている国々に絶えず付きまとっており、彼らの熱望を失望に、その経済的奇跡を幻想に変えるよう脅かしている。収斂の偉大な例である中国が罠に屈服するかどうかは、「みんなの心に去来する疑問だ」と、カリフォルニア大学バークレー校のバリー・アイケングリーン、アジア開発銀行の朴東炫、高麗大学のKwanho shinが、先月発表された論文の中で語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いまソフト部分へ

10月
25

「工場のアジア」の全盛期は考えるよりも早く終わっているかもしれない

朴載相は前に道を示している。PSYとして知られる韓国のラッパーは、今週英国のポップチャートで1位になり、アメリカでは2位につけた。(今のところ3・5億程度のオンライン視聴がされている)彼の素晴らしく馬鹿げたヴィデオ「江南スタイル」は、アジアの経済的原動力が無形物や足に落とすことができるものを輸出することで世界を導くことができることを証明している。警告的な経済減速に直面して、アジアの多くは教訓を学ぶ必要がある。サーヴィス産業が未来だ。

それが、アジア開発銀行(ADB)によって今週発表された、その地域の最新の「見通し」の粗い要約だ。ほとんど地域全体で、依然として西側のベンチマークによると人を驚かすほど自信にあふれているにしても、4月のADBの予想よりもはるかに陰鬱だ。アジアは、日本を除いた全体として、今年の経済成長は、2011年の7.2%から6.1%に減速すると予想されている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

手を貸す - アジアでの日本の銀行

6月
02

日本の大手銀行はヨーロッパ勢の後退による沈滞を持ち上げる役に立っている

アジアの輸出主導型経済がユーロ危機によって苦しみうる、潜在的には重なる、道が2つある。一つはヨーロッパへの貿易の減速だ。2つ目は、ユーロ圏の銀行によって拡大された、貿易信用からシンジケート・ローンに至るまで、金融の枯渇だ。アジア開発銀行のイワン・アジズが5月16日に東京で開催されたエコノミスト誌のベルウェザー会議で論ずるには、どちらの点もアジアを2008年のリーマン・ブラザーズの崩壊の後のようには脆弱にはしないという。理由の一つは、日本のメガバンクが、ヨーロッパ勢が立ち去った後の沈滞を持ち上げるために、自分たちの領域をふさぐためだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アジア開発銀行 を購読