ベニグノ・アキノ

詳細に悩まされる - フィリピンでの平和維持活動

7月
29

去年のミンダナオの和平協定の幸福感の後で、仕事はそれを固定することだ

フィリピン諸島の南にあるミンダナオ島のコタバト市の外数マイルの所にずんぐりしたまごつくほどに新しい建物が主要道路から離れたところに1棟だけぽつんと立っている。それは多く見えないかもしれず、確かに多く費用がかからなかったのだが、それは、フィリピンの政治的な未来に重要な役割を果たすかもしれない。だから、これは、いかめしい銃を持ったゲリラ戦士たちを将来のバンサモロ州を運営する思慮に富んだ経済を理解する行政官にするバンサモロ指導者管理研究所なのだ。少なくとも、それが理屈だ。

それは、去年の10月に政府とバンサモロの故郷のために戦うイスラム主義反乱グループのモロ・イスラム解放戦線(MILF)との間の枠組み合意が調印されて以来始まっているいくつかの計画のほんの一つだ。その合意は、約12万人の人々を殺し、200万人以上の家を奪った両側の間の何十年にも及ぶ戦いを終わらせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物騒動 - 東南アジアの軍事支出

3月
28
国々はたくさんの武器を買っているが、それは軍拡競争に数えられるのだろうか?
 
小さな島国のシンガポールはたった500万人強の人口を持つに過ぎないが、銀行、法務、そしてゴルフの静かなきちんとした中心地としての十分受けるに値する評判を持っている。しかし、フェアウェイを超えて、それは武器が満ちあふれている。
 
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の報告によると、シンガポールは今では、中国、インド、パキスタン、そして韓国といった明らかな巨人たちの後にくるだけの、世界で5番目の武器輸入国だ。シンガポールは武器輸入の世界の総支出の4%を占めている。その一人あたり防衛支出は、アメリカ、イスラエル、そしてクウェート以外のどの国よりも上だ。今年、97億ドル、または国家予算の24%が防衛に費やされる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ベニグノ・アキノ を購読