ヴァチカン

一般的ではない運動 - 反中絶行動主義

10月
15

新型の道徳活動家があらわれている

華奢な体格で物腰柔らかなWang Linは全然典型的な活動家のようではない。そして彼の運動もまた中国では一般的ではない。中国の厳格な一人っ子政策を施行するために30年以上にわたって野蛮に使われている中絶だ。8月2日に、当局は彼らがその政策を「改善するための計画を提案」するだろうと発表し、それは彼らがそれを最後には廃棄することを意図している別の兆候だ。

しかし、Wang氏の目的は、強制についてではない。彼は、中絶それ自身に反対しているのだ。彼の立場はアメリカ人には見慣れたものだろうが、中国では珍しい。多くの中国人は家族計画政策に反対しているが、中絶が倫理的かどうかに関しては「ほとんどの中国人は一顧だにしない」と彼は語る。

中国での社会的価値の変化は、より多くの人々が婚前交渉をし、新しい調査によれば、未婚の生殖能力のある女性の20%の妊娠につながっていることを意味する。そのうち、91%は中絶に頼った。しかし今、何人かの人々がこの実用的なやり方に疑問を呈している。

数人のヴォランティアとともに自宅で働く(ペンネームの)Wang氏は、画像を含んだ冊子やウェブサイトを公開し、生命は受胎で始まり、すべての殺人は間違っていると論ずる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

実に復活! - ラテン語の復活

10月
03

死んだ言語が生きており、オンラインを飛び回り、放送にのっている

教皇ベネディクト16世が2月に辞めた時、彼はラテン語を使い、彼の言葉を理解した出席していたたった一人の記者だったジョヴァンナ・キリにスクープを与えた。それは、ラテン語のありそうもない生き残り、そして生きた言語としての復活を、タイミングよく思い出させるものだった。ドイツのラジオ局ラジオ・ブレーメンは、2001年から『Nuntti Latini Septimanales(週刊ラテンニュース)」と呼ばれる週に一度のニュースまとめを放送している。フィンランドのYLEラジオ1は、80を超える国にリスナーがいる、似たような番組を1989年から放送している。

ツイッターの140文字の題辞と警句は、ラテン語にとって理想的だ。5文字で時に英語の10文字以上のことを言うことができる、とケンブリッジ大学のラテン語学者デヴィッド・バターフィールドは語る。ツイートはまた、面倒くさい長い従属節の余地を残さない。『The Pontifex Latin(教皇ラテン)』アカウントは、1月にベネディクト16世が始めてから13.2万人のフォロワーを獲得している。それは、たぶんウェルギリウスの言葉が依然として共通言語であるたった一つの現代の職場である、ヴァチカンのラテン文字事務所によって運営されている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

給料が機能するようにする

7月
31

なぜボスは業績連動給与を使うとき注意しなければならないか?

ある企業のすべての入力のうち、その労働者の努力はたぶんもっとも奇妙なものだ。それは、土地、工場、または機械と同じくらい重要だが、管理するのはより難しい。それはしばしば測ることすら困難だ。経営者はその企業の産出を計測できるが、労働者が仕事に費やした時間といった荒っぽい秤以上に彼らがつぎ込んだ努力は計測できない。従業員は情報の刃を持っており、自分の努力、産出、そして技能水準を知っている。この非対称性は、経営者が例えば技能は低いが勤勉なものと熟練しているが怠惰なものの区別をするのを難しくしている。懸命に働く従業員を報奨し、怠け者を罰することは、努力を支えうるが、ひどく逆噴射もしうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別のコンクラーヴェ - 世界貿易

4月
15

WTOは無関係から抜け出すことができるか?

世界貿易機関の総会は、5月にその事務局長を選ぶとき、渦巻く煙を飛び越える。しかし、注意のほんの一部のためにそれが与えるだろう物は、新しい教皇を選ぶためにヴァチカンに集まった枢機卿たちに今週捧げられたものだ。2008年にドーハの多国間交渉が崩壊して以来、WTOは広い自由化の利益を再建するのに苦労している。パスカル・ラミーの後を継いでWTOの最高職に就く9人の候補者は、そのジュネーヴの本部と加盟諸国の支持のために忙しく運動している。より広い世界はそれほど関心を持っていない。

WTOにとって事態は悪いかもしれない。最近の逆風を考えると、貿易は著しく良好なように見える。保護主義は、経済危機を通してかなり寄せ付けられなかった。世界貿易は2010年以来、世界の産出よりも早く成長している。WTOは、協定を監視したり紛争を解決したりするとき、かつてないほど重要だ。しかし、世界貿易交渉のウルグアイラウンドの結論からほぼ20年がたつ。ドーハラウンドが始まったのは2001年にさかのぼるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興都市の教会 - アフリカのカトリック

4月
14

ヴァチカンの支部は、激しい競争にもかかわらず、強くなっている

受難節の4回目の日曜日に、ゴスペルの讃美歌がガーナの沿岸の静かな道路に出現する。5人組の楽隊が大西洋の上の丘の単純なカトリック教会の祭壇に香を焚く司祭を歓迎する。楽隊は別にして、ミサは伝統的だ。讃美歌はヨシュア記からの一節と互い違いに歌われた。教区民は、時折歌と手拍子の短い爆発に足を向けるよう奮起させて、熱心に見物する。

ここケープ・コーストでは、ピーター・タークソンが教会指導者として20年前に最初の経験を積んだ。現在枢機卿のその64歳は、教皇候補として目され、その教会のアフリカでの急速な繁栄を強調する。ヴァチカンによれば、アフリカには世界全体の16%の1.86億人のカトリックがおり、半世紀前と比べて数で6倍以上になっている。

そのアフリカ教会の活気は、その大きさだけではなく、その信仰への献身によっても注目される。「アフリカ人は度し難いほどに信心深い。」アクラの大司教チャールズ・パルマー・バックルは説明する。ワシントンのピュー・リサーチ・センターによる2010年の調査は、サブサハラアフリカを世界で最も信仰心の厚い場所に位置付けた。キリスト教は伝統的なアフリカ宗教にとってかわったけれども、かつてのアニミズム的な儀式の熱意は伝えられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として制限的だ - アイルランドの堕胎議論

2月
26

アイルランドの堕胎についての法律を緩和する制限された計画が、鋭い議論を惹き起こす

アイルランドの最高裁は21年前に、女性の命を死の危険にさらすかもしれない妊娠のリスクがあれば、堕胎は合法だと裁定した。その訴訟は、最高裁がひるがえした、下級裁判所に堕胎のためにイングランドにわたることを止めた決定をされた、性的虐待を受け自殺的な10代の若者を巻き込んだ。しかし、後に続く政府はその裁判所の決定を無視した。アイルランドは依然として先進国中で最も制限的な堕胎の体制を持っている国の一つだ。毎年4,000人以上のアイルランド人女性が英国にわたって妊娠中絶する。アイルランドの問題への英国的解決だ。

しかしながら、3年前、欧州人権裁判所はアイルランドにその堕胎法を明白にすることを要求することによって政治家が措置を講じるよう恥いらさせた。より最近には、あるインド生まれの歯医者が繰り返し中絶を要求していたにもかかわらずゴールウェイの病院で流産の後に亡くなった時の国際的な抗議によって、その議論は再点火された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ヴァチカン を購読