潘基文

いまのところ、とてもよい - マリの選挙

10月
06

うまく行った選挙は平和を近づけるが、さらなる努力が必要とされる

1年を少し超える間に、活気のない西アフリカの国マリは、民族蜂起、イスラム主義者の反乱、軍事クーデター、一連の飛行機ストライキ、国連平和維持部隊を含んだ何千もの外国軍の到着、そしてついに民主的政府を再建するための選挙を7月28日に経験している。多くの観察者のように、国連の事務局長潘基文は、その国を改善するための国際的計画の一部の、その投票について慎重だ。「たとえその選挙が完全ではなくとも、その結果はすべての参加者によって尊重されなければならない。」彼は語った。

潘氏は彼の願いをかなえられそうには見えない。マリの内務大臣は、選挙前の一番人気だった(「IBK」として一般に知られる)イブライム・ブバカル・ケイタは、投票の合計約1/3に基づいた大きなリードをしている、と発表した。その大臣は、もしその傾向が続けば、ケイタ氏は8月11日に予定される決選投票を避けるのに必要な50%の閾値を超えるだろう、と付け加えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

珍しい協力 - 国連と世界銀行

8月
11

二つの世界機関を率いる男たちは、同じ言葉と言うだけ以上のことを話している

眼鏡をかけた二人の韓国人がコンゴ民主共和国の混雑して混沌とした首都のキンシャサのスラムにはためく巨大な横断幕から笑いかけた。広告されているその二人の主役は、国連の事務総長潘基文と、世界銀行の総裁で韓国系アメリカ人の医療専門家ジム・ヨン・キムだ。彼らは、二つの広がる組織の新たな提携を始めるために、5月22日に一緒にアフリカのもっとも暑苦しい巨大都市を訪れた。

そのもっとも簡単な形で、彼らの考えは、国連の政治的議題を支持するために世界銀行がその金融力を使うようにするというものだ。アフリカの大湖地域の場合では、世界で最も燃え上りやすい地域の一つである東コンゴで平和を守るための国連の新たな努力を支持するために、その銀行は開発基金として10億ドルを約束している。キム氏が潘氏に皮肉を言ったように、「あなたがたが軍隊を持ってきて、我々がカネを持ってくる。」のだ。

その二人の男たちは、ある明白な関係を持っている。その一組がその地域を一緒に旅行した時、その国連の男の厳粛な演説は、その若き対応者のより速くより砕けた話し方にうまく合っていた。側近は、彼らの間での韓国語での長くて生き生きした議論について話す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来に帰る - 非同盟運動

9月
25

非同盟運動は時代錯誤的に見えるかもしれない。そうではない理由がある

今年の初めに、私の家族と私は、高齢の門番が近づいてきたとき、メキシコ市人類博物館で恐ろしいアステカのフリーズを見つめていた。彼は、我々がどこから来たのか知りたかった。「インドだ」我々は言った。すぐに、彼の唇は笑みで歪んだ。インドは導いた、と彼は解説した。それは社会主義の過去を持ち、帝国主義に持ちこたえ、反植民地運動の望みを提供した。私の初歩のスペイン語では残りについていけなかったが、彼は初代インド首相のジャワハルラール・ネルーの名前を言うとき、胸をたたいた。ネルーの娘で首相でもある、インディラ・ガンジーは「私の母親」のようだ、と彼は言った。

我々は非常に驚かされているが。彼の感情はそれほど驚くべきことではない。最近のほとんどのメキシコ人がガンジーをその母親だと参照するのを想像するのは難しい一方で、その門番のインドへの愛情は異常ではなかった。実に、そのような夢見るようなまなざしの団結はかつて北の国々の外に住んでいた前の世代の全世界観を形作った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

核の最終段階 - 大きくなるゼロの訴え

6月
21

爆弾の禁止は難しいが、不可能ではない

世界から核兵器を取りのぞくことは長い間平和主義左翼の理想だった。しかし、過去数年間、主流派の政治家や退役将校、そして学会の戦略家らが、どのように成し遂げるかについてはとても異なった考えを持っているとはいえ、同じ目標を共有し始めている。それは部分的にはグローバルゼロという来週ロンドンで3度目の年次「サミット」を開催する運動団体のおかげだ。

グローバルゼロは、2006年の終わりにブルース・ブレアによって設立された。彼は、元大陸間弾道弾発射管理官で、数年前にワシントンD.C.でシンクタンクの世界安全保障研究所を始めたブルッキングス研究所のフェローである。彼は、既存の非核化努力とは全く異なった世界的な運動を一から始めることに着手した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
潘基文 を購読