通貨

プラスティックのポンド - 新しい貨幣

3月
09

紙幣は終わりに近づいている

イングランド銀行は、ショッピングセンターでその調査を見せているとは知られていない。ふつう、そのデータ解析担当は、ワシントンD.C.やフランクフルトの陰気な部屋にいるがり勉タイプの相手役とその考えを交換する。しかし、その最新の計画は異なっている。3年間にわたって、イングランド銀行は、その貨幣を研究しているのだ。いま、それはそれがプラスティックで作られるべきだと公衆を説得したいと思っている。

広く定義した英国の現金のうち、たった約3%しか、いずれかの物理的形態をとっていない(残りはデジタルだ)。30億の紙幣が流通しており、額面は約580億ポンド(920億ドル)だ。9月10日に、その銀行の業務局長のクリス・サーモンは、ある貨幣を紙(実際には綿と亜麻でできている)で作るのをやめて、2016年から5ポンドと10ポンドについてポリマーを使いたいといった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らはドルを信じる - ハイパーインフレの後のジンバブエ

6月
16

汚れたドル紙幣、高価な信用、いっぱいの店、からっぽの工場

ハラレの郊外ブラーサイドのOKマートストアは、ある晴れた土曜日の朝に活発な仕事をしている。小売りチェーンのOKジンバブエに所有されたその店は、その国で最大のものだ。それは、アメリカやヨーロッパのどの大きなスーパーマーケットよりも幅広い雑貨と消費財を備えている。ほとんどは輸入品だ。ブランド商品が少し高いと思う人々のために、OKジンバブエは中国で作られた一連の電化製品である独自ブランドトップノッチを提供する。

町中心部のはるか南にある産業地区は、むしろそれほど繁栄していないように見える。食品製造業と繊維会社がそこにみすぼらしい出先を持っている。半ダースの油料種子サイロは空っぽだ。ほんのわずかな地元製造業者だけが、その製品をOKストアに納入できるほどに依然として活発だ。その一つは、コカコーラも作っている醸造業者のデルタだ。他には、ニューバリーやマディソンといったタバコブランドを持つBATジンバブエがある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バルトの野望 - ラトヴィアとユーロ

6月
02

ラトヴィアは来年の1月にユーロ圏の18番目の加盟国になりそうだ

ヴァルディス・ドムブロフスキスは、阻止されない。キプロス、スロヴェニア、そして継続するユーロ危機にもかかわらず、そのラトヴィア首相は彼の国を2014年1月1日にその単一通貨に参加させたいと思っている。今週、彼は、スペイン人と並んでラトヴィアのたくらみについてもっとも懐疑的であるフランス人を説得するために、パリに飛んだ。

それにもかかわらず、ラトヴィアは楽勝であるべきだ。その小さなバルト海の国は、努力なくしてマーストリヒトの条件を満たす。今のところ、ユーロ圏はそのすべてに従った国を拒絶したことはない。さらに、ラトヴィアの経済はしっかりと成長しており、その通貨はほぼ10年間ユーロにペグしており、その民間と法人の債務の90%までもがすでにユーロ建てになっている。その北の隣国エストニアは2011年に加盟し、3番目のバルト国家リトアニアは2015年に後に続きたいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

キル・ビル - 紙幣と硬貨

4月
15

赤字はついにアメリカがドル紙幣を硬貨に変えるよう促すのか?

今年の初めに、ブログ界隈では1兆ドルのプラチナ硬貨を鋳造してアメリカがその負債を払うよう求める声に満ちていた。その考えは幸いにも消えたが、それを生み出した財政圧力は、それほどばかげていない変種への刺激を提供している。ドル紙幣を廃止し、代わりにドル硬貨にすることだ。

大きな経済の中で、アメリカは額面の低い紙幣を発行している数少ないものの一つだ。英国は1983年に1ポンド硬貨を導入した。カナダはその1ドルと2ドルの紙幣を1987年と96年にそれぞれ硬貨に置き換えはじめた。アメリカはドル硬貨を鋳造しているが、消費者に無理やり紙幣への好みをやめさせることに失敗している。14億ドル相当程度のドル硬貨が連銀の金庫に積みあがっており、財務省に2011年にその生産を中断する命令を促した。

自動販売機運営会社から公共交通提供者まで、ドル紙幣を数えて積み重ね、間違って入れられた紙幣によって止まった機械を修理する費用について不平を言う。多くがすでにドル硬貨を扱う装置を搭載しているが、「我々はその変更を実行することによって節約を収穫しなかった」と、提言集団ドル硬貨同盟のコンサルタント、アーロン・クラインは嘆く。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ペニーが落ちる - 硬貨鋳造

3月
31

小さな金属のかけらに反する事例

ほとんどの人々は1セントのものに2セントは支払わないだろう。しかし、アメリカの政府はただそれをするのに去年1.16億ドルを費やした。その金を失う購入はお金そのものだ。主にその主原料の亜鉛の価格のために、2006年以来生産するのに1セント以上かかるペニー玉だ。

カナダが学んでいるように、鉄鋼はもっとよくない。そこの政府は最近その鉄でできたペニーを捨てた。アメリカの政治家は、その北の隣国の教訓を学ぶのに気が進まない一方で、気づいているかもしれない。2月14日のオンラインフォーラムで、バラク・オバマはペニーがもはや彼が信じるところのお釣りではないとほのめかした。15年前、一握りのペニーがあればマクドナルドでハンバーガーが買えたが、インフレのために硬貨では今ではフレンチフライ一つも買うことができないことを意味する。瓶に追いやられ、クッションの後ろで無くなり、ペニーは商業の促進というその主要な機能を行うことができなくなっている。自動販売機と駐車メーターはそれを受け付けない。取引の度に数秒を費やし弄んで、ペニーは紙幣を苦しめ、経済に年に何百万ドルもの費用をかけさせる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もうVIX吸入器はない - 南アフリカの通貨

3月
08

ランドはもはや世界のリスク欲求の信頼できるはかりではない

それはかつては簡単だった。世界経済が困難な時には、投機家はランドを売った。事態が明るく見えると、彼らはそれを買った。要素の独特な混合が、南アフリカの通貨を、いかに投資家が感じるかのよいはかりにした。その(購買力平均ベースでの)一人当たりGDPは中国とブラジルの間にあり、だいたい年に1.1万ドルだ。それは、信認がある時に投資家が幸福に感じ、心配な時に慎重になる、新興市場のカテゴリーにまさにそれを当てはめる。南アフリカはまた、豊かな場所の金融的配管を持っている。その市場は深く流動的だ。資本は、荒っぽい価格の揺れなしに国境をまたいで流れることができる。

だから、最近の地球的市場のより元気のいい調子は、ランドにとって良くあるべきだった。投資家が変動的な株価に対しての保険のためにいくら払うかを反映した指標であるVIXは、ユーロ圏の危機が最もひどかったときの45を超える数字からだいたい13に下がっている。しかし、ランドはまるで投資家が依然として恐れているかのように取引されている。南アフリカへの資本の流れは減速し、他の新興市場への殺到と対照的だ。それは、被害を出している。2年前、1ドルは7ランドだった。今、それは9ランドだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争ゲーム - 通貨切り下げ競争

2月
06

通貨切り下げを成し遂げるための別の戦い

多くの英国サッカー場は観戦の問題を抱えている。最近では健康と安全上の理由から競技場はすべて座席だが、ファンの中には座ることを拒絶するものもいる。彼らは試合中立ち、その後ろの人たちにそれに続くことを強いる。最後には、競技場のその部分のみんなが立ち上がる。誰の視界も改善しないが、みんなが大きく快適さを損なう。

外国為替市場は、今のところ同じような問題に直面している。ほとんどすべての国が、その輸出業者が価格競争力を持ち市場シェアを得ることができるように、その通貨を弱くしたいと思っている。しかし、ある通貨が下がれば、ほかのものは上がらなければならない。これらの国々はその通貨を戻そうとし、世界は最後には最初に戻る。

ブラジルの財務大臣グイド・マンテガは、2010年9月にその過程を「通貨戦争」と表現し、今週ロシア中央銀行の第一副議長アレクセイ・ウリュカエフは、次の切り下げ競争の警告をよみがえらせた。財務大臣の集まりユーロ・グループの長ジャン=クロード・ユンケルは今週、単一通貨の為替市場が「危険なほど高い」と呼んだ。ノルウェーの中央銀行は、たとえその国が住宅ブームのさなかにあるとしても、クローネの強さが金利を引き上げることに用心深くなる原因となるだろうというヒントを得た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

弱きものがその地を受け次ぐだろう - 通貨

10月
25

新たな政府の優先順位と非伝統的金融政策への熱狂は、通貨市場の動き方を変えている

歴史のほとんどにわたって、ほとんどの国は強い通貨を、または少なくとも安定したそれを欲してきた。金本位制とブレトンウッズ体制の時代には、たとえそうすることに必要な金利が経済の下降を促したとしても、政府は為替レート水準の維持に大きな努力をした。1930年代や70年代のような例外的な経済状況においてのみ、これらの努力があまりに痛みを伴うと考えられ、ペグは放棄された。

けれども、世界的金融危機に引き続いて、強さと安定は流行遅れになっている。多くの国はその通貨が弱くなるのに賛成しているようだ。それは、輸出業者が市場シェアをとる役に立ち、金融状況を緩和する。その経済状況への市場の信認として通貨の上昇から喜びを得るよりもむしろ、諸国は今警告で反応している。強い通貨は、そうなるとあとから率が下がっても何の利益も生まなくなってしまう輸出業者の破産を駆り立てうるだけではなく、輸入価格を下げることにより、母国でのデフレを作り出しうる。債務危機に置いては、所得の下落は悪いニュースだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カネは語る - 通貨は抵抗する

10月
23

ソーシャル・メディアとしてのカネの利用は何千年もさかのぼる

カネはメッセージを伝えるのによいメディアなのだろうか?最初、ロシアの反対派活動家で注目されるブロガーのアレクセイ・ナヴァルニイは懐疑的だった。しかしそれから、彼は計算した。もし5,000人のロシア人がそれぞれ100枚の紙幣にスタンプを押せば、それらは人から人に手渡されるので、すべての国民は少なくとも1枚のそれらの紙幣を手にするだろう。

イランの環境運動のメンバーは、その反政府デモの間に紙幣にスローガンを書いてこの戦術を使った。これは、汚された紙幣はもはや銀行に受け取られないという裁定を促した。同じように、オキュパイ運動の支持者は、ドル紙幣に所得不平等についてのスローガンとインフォグラフィックを付け加えた。そして、中国の法輪功運動のメンバーは、紙幣にメッセージを書いて政府の迫害を攻撃した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国のワゴンに引っかかって - オーストラリアの二車線経済

9月
12

成功の重い負担が語り始めている

シドニー近くの現代オーストラリア誕生の地であるボタニー湾の岸は、その国の二速の経済のスナップ写真を提供する。オーストラリア全体の賃金平均の4倍を提供する西オーストラリアとクイーンズランドの好況に沸く資源豊富な州への「フライイン・フライアウト」労働者を運び去る飛行機が湾を超えて離陸する。湾の南側のカーネルの外出禁止の労働者にとって、見通しはそれほどよくない。石油会社のカルテックスは、ほぼ60年間そこでガソリンを生産している精製所を閉鎖するだろうと、最近発表した。600を超える職が無くなる。かなりが資源富鉱帯のおかげで上昇するオーストラリアの通貨のために、代わりにアジアの精製所からガソリンを輸入しカーネルで貯蔵する方がその会社にとって安くなる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

通貨 を購読