ガンビア

さあ、ショータイムだ - ケニアと国際法廷

1月
19

ケニアの大統領ウフル・ケニヤッタとその副大統領ウィリアム・ルトの審理は、国内と国外での司法と政治的安定に影響しうる

ケニアを内戦の間際に導いた暴力的な選挙の5年後に、申し立てられた指導的犯罪者の何人かがついに審理にかけられている。9月10日の、その最初のものは、3月に副大統領に選ばれたカレンジン族の指導者であるウィリアム・ルトだ。1か月か2か月後に、彼の上司であり、別に審理にかけられる、キクユ族の指導者であるウフル・ケニヤッタ大統領の番が来るだろう。

その二人の男たちは、たっぷり1,300人の死者を出した2008年初めのお互いの共同体を民族浄化と殺人の活動で対抗したことで、告訴されて裁判を受ける。しかし、彼らは、幾分かは審理されているハーグの国際刑事裁判所(ICC)に対して民族的そして部族的感情をかきたてることによって、この3月に行われた議会と大統領選挙に勝つために、去年手を組んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として出血している - 女性器切除

10月
03

野蛮な習慣は少し珍しく、そして少し人気が無くなっている

「私は出血でほとんど死にそうだった。」12歳の時に女性器切除(FGM)に苦しんだ女性人権活動家ボガレッチ・ゲブレは語る。彼女の組織ケンバティ・メンティ・ゲジマは、彼女の母国エチオピアでその行為を減らすことで信頼されている。彼女は人々に辞めるようには言わない、と彼女は語る。彼女はただ、象徴的な傷から、少女の陰核のすべてか一部の除去、そして(陰唇を縫い合わせる)陰門封鎖にまでわたる、その処置は、聖書にもコーランにも書いてないし、文化や法律もそれを求めていないと説明するだけだ。アフリカの伝統に基づき老いも若きも男女問わず伴う、そのような「共同体の会話」は、UNICEFの新しい報告によって強調された、FGMを経験したエチオピア女性の数とそれが継続すべきだと考えるエチオピア女性の数との間の、びっくりさせる違いを説明するのに役立つかもしれない。

1.25億人以上の現在生きている少女と女性が、それがもっとも一般的な29の中東とアフリカ諸国で、何らかの形でのFGMを受けている。3,000万人が今後10年にわたってその危険がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自分の足を撃つ - 50歳のアフリカ連合

8月
11

国際司法をバカにすることは、その大陸の勃興を妨げるかもしれない

その大陸中からの国家元首が、アフリカ連合とその前身のアフリカ統一機構の50回目の誕生日を祝って、エチオピアの首都アディスアベバに5月27日に集まった。彼らは、何十年も前に彼らが協力すると想定されたことをいかによくやったかを祝い、それからハーグの国際刑事裁判所への一斉攻撃の火ぶたを切ることによって物事に少し風味を添えた。現在その連合の議長を務めるエチオピアの首相ハイレマリアム・デサレンに率いられて、彼らは様々にその裁判所を人種差別でアフリカ人を「狩っている」と非難した。

それが11年前に運営を始めて以来、その裁判所がほかのどの大陸よりもアフリカに注意を払っているということは事実だ。しかし、それは、その大陸がちょうど過剰な恐ろしい内戦を経験しており、その司法制度が全体として最も堅固でないためだ。その騒ぎに出席した大統領のうち二人がその裁判所に狙いを定められている。スーダンのオマル・アル=バシルは人道に対する罪で指名手配されており、ケニアの最近選ばれた大統領ウフル・ケニヤッタは似たような罪で今年の終わりに審理に立ちはじめる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サハラの燃え上がる鞍 - アフリカの薬物取引

10月
15

北西アフリカの過激派は、コカイン交易で資金を得ている

ひとつの単純な事実の美徳で、シエラレオネの首都フリータウンの国際空港は最近まで、密輸業者の楽園だった。そこにはスキャナーも金属探知機もなかったのだ。しかし、その遅ればせながらの到着は、ラテンアメリカから西アフリカを経由してヨーロッパに入る薬物の流れをかなり弱めている。たくさんのほかの積み替え点がある。

国連の薬物事務所は、その取引が年に60トンものコカインを運んだと2010年に推計した。それはそれ以来急速に成長している。いくつかの推計によれば、ヨーロッパの薬物全体の1/4がアフリカ経由で到着しているという。もっとも一般的な経路は、ギニア=ビサウからマリやニジェールへ、そしてそこからリビアやエジプトに向かうものだ。その領域の大部分がイスラム過激派に支配されている。彼らは、立ち上げたいと思っているタリバン型の政府のための戦闘資金を得るために密輸業者とともに働いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物に出かける大陸 - アフリカの消費財

9月
07

アフリカの急速に成長する中産階級は支出する金を持っている

アフリカの消費者は十分に供給されておらず、過大請求されている、とユニリーヴァのアフリカ責任者フランク・ブラエケンは説明する。最近まで、アフリカ人の髪に特化して作られたシャンプーや黒い肌のための化粧品を欲する南アフリカ人は、高価なアメリカの輸入品以外にはほとんど選択肢がなかった。ユニリーヴァは機会を見つけた。そのモーションズ・ブランドのシャンプーとコンディショナーが今ヒットしている。

その英国オランダ系の消費財大手は、アフリカの消費者のために製品を仕立てる大きな努力をしている。買うことのできる食品、水節約型の洗剤、そして現地の好みに合った身づくろい製品だ。それはまた、ほかの事業も助けている。去年、ユニリーヴァはヨハネスブルグにモーションズ・アカデミーを開設した。毎年、それは自分のサロンを開きたい5,000人もの理髪師を訓練する。それはまた、製品をテストし、新たなビジネスモデルを試してみる研究所でもある。もしそれがうまくいけば、ユニリーヴァはそれをアフリカの他の所でまねする計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

世界の司法の新顔 - ファトゥ・ベンスダ

6月
30
ガンビアのファトゥ・ベンスダは国際刑事裁判所で有罪判決の数を増やせるのか?
 
1970年代にガンビアで育った少女として、国際刑事裁判所の将来の首席検事は繰り返し彼女の夫に打たれる親類の女性を見た。それは4年間にわたって毎週行われた。そして毎週毎週、その暴力が始まった時11歳だったファトゥ・ベンスダは、そのけがをした親類の治療のために彼女を病院に連れて行き、それからそのますます怒れる少女はその女性を守るために何もしない隣人や家族を非難した。ほぼ40年後、ベンスダは「私の親類ができることは絶対に何もない。両親や年長者と呼ばれるものは、(彼女に)“彼はあなたの夫でしょ”というだろう。たとえ警察に行ったとしても、彼らはそれが民事だといった。それは完全に望みのないことだった。」と言われたのを、依然として覚えている。それはまた、人格形成の経験だった。「私はそれについてとてもとても怒った。それは本当に私に印をつけた。」はだしに明るい柄のドレスを着て、ガンビアの首都バンジュールの彼女の穏やかな家でベンスダは語る。「私は法律が人生においてやりたいことだと決心した。私はただ座って訴訟を見るためだけに学校から裁判所に行ったものだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

半分入ったグラス - アフリカの民主主義

4月
10

代議制政府は、最近の中断にもかかわらず、依然としてアフリカで進んでいる

アフリカ政治はどちらに行くのだろうか?大統領が3月25日に若いライヴァルに対して選挙によって負けたことを認めて、1960年の独立以来破られていない民主主義の伝統を延長したセネガルの道だろうか?それともより困難な方向にある隣のマリの道だろうか?セネガルの選挙の数日前に、若い軍司令官たちがマリの首都バマコの大統領公邸を強襲、略奪し、より広い地域に望みを与えていた20年にわたる民主主義を突然終わらせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ガンビア を購読