ハンガリー

鉄道貨物のライアンエアーへの探索 - ヨーロッパの鉄道

12月
11

EUはより多くのものを鉄道で動かしたいと思っている。進歩はゆっくりだ

航空では、民間所有の低価格航空会社の到来が市場を揺るがし、伝統的な国営航空会社を後退させている。しかし、ヨーロッパの鉄道事業では、乗客サーヴィスでは依然としてほとんど競争がない。競争により多くの余地があってしかるべき貨物ですらも、その市場は依然として国有の既存の会社に支配されている。2年前に採用された欧州委員会の『運輸2050』計画は、2050年までにその大陸全土の半分の中距離物流を道路から鉄道(または水運)にすることを約束する。しかし、国境を越えた鉄道「回廊」の設計でいくらかの進歩がなされているものの、より多くの選択と競争がなければその計画はそれほど遠くには進まないだろう。

より新しい、民営の鉄道貨物会社は、その市場に入ろうとする彼らの試みは、既存の企業によって挫折させられていると不平を言う。CERハンガリーの社長ラスツロ・ホルヴァスは、普通鉄道運営と同じく軌道も保有している国有の大企業が、彼の会社のような若い民間企業が拡大しようとするといつでも意地悪になる、と不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クロアチア人とつながり続ける - 欧州連合の拡大

9月
09

クロアチアの加盟の後で、ヨーロッパはさらなる新加盟国を認める準備ができているべきだ

欧州連合がユーロ危機によって不活発に傾いていると言う批判者は、間違っている。それにもかかわらず、競争、エネルギー、統一市場、そして通信といったような分野での政策立案は続いている。そして7月1日に、そのクラブは28番目の加盟国クロアチアを認めるだろう。

多くにとって、これはある過程の終わりの始まりを記録する。ほとんどの人々は、西バルカンは最後にはそのクラブに参加しなければならないと受け入れているので、加盟交渉はモンテネグロまで続き、そして来年セルビアと始めるだろう。しかし、すでにほぼ凍結されているトルコとの更なる交渉は、ドイツの主張で、トルコのデモ参加者への弾圧のために、10月まで延期されている。そして、誰もモルドヴァ、ウクライナ、またはコーカサスの加盟可能性について提起すらしない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴール!ゴール!ゴール! - ドイツサッカー

7月
30

ドイツのサッカーの勝利は、そのヨーロッパでの役割についてなんといっているか

今年のチャンピオンズ・リーグで、ドイツのクラブが優勝する。豊かな南部からのバイエルン・ミュンヘンであれ、ブルーカラーのヴェストファーレンからのボルシア・ドルトムントであれ、他のヨーロッパ人は不快な気持ちを持つかもしれない。この、(初めて)ロンドンのウェンブリースタジアムでどちらもドイツの決勝が行われることは、ドイツの優勢の別の兆候ではないのか?たぶん適切に、そこに就くために、彼らはユーロ危機の国からのライヴァル(バルセロナとレアル・マドリー)を処刑した。

サッカーは戦後のドイツ史を反映する。多くのドイツ人にとって、その国の心理的な再生は、スイスで西ドイツがハンガリーに勝って最初のワールドカップを勝ち取った1954年の「ベルンの奇跡」とともにやってきた。別の奇跡ヴァーチャフツワンダー(経済の奇跡)は、真っ最中だった。3年前に、パリ条約が調印された。3年後にローマ条約だろう。ヨーロッパ共同体が作られており、ドイツ人は再び大陸の家族の一員だと感じた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

記帳 - ISBNナンバー

3月
31

デジタル出版は、さらなるアナログ標準を運命づけるかもしれない。

1970年以降に出版されたどの本でも中を見れば、数字を見つけることができる。しかし、たぶんそれほど長くはない。英国で1965年に発明された国際標準書籍番号は、急速に本の分類の国際的制度として離陸し、150の機関(1か国ひとつで2か国語が公用語のカナダでは二つ)が今ではそのコードを発行している。流通と販売を簡単にするために小売業者によって立ち上げられたそれは、ますます新しい、小さい、個人営業の出版社を妨害している。しかし、デジタル出版はその独占を弱めている。

最初に入った出版社はISBNの偉大なブロックを得た。多くが依然として多数の在庫を持っている。カナダ、ハンガリー、クロアチアを含んだ8か国は、書籍の出版を元気づけるためにそれらを無料にしている。しかし、主流出版のどんな望みにもISBNが必要とされる英国、アメリカ、そして日本では、それらは高価だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

どこにも飛べない - 難民

3月
31

難民の数が増えその性質が変わるにつれ、その窮状は悪化している

彼らは急速に100万人に近づき、彼らの将来は暗い。シリアの恐ろしい戦争を逃れている難民が近いうちに母国に戻れるようには見えない。そして多くが外国で新生活をはじめそうでもない。彼らは隣国のキャンプやシェアルームに住んでいる。彼らは働くことができない。医療、教育、そしてほかのサーヴィスは完備されていない。「我々は生きているが生活していない。」2011年7月以来南部トルコのキャンプに妻や子供たちと一緒にいる39歳の化学教師ヤセル・ジャニは語る。

シリア難民の窮状は、増加する地球規模の問題を例示する。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は1,520万人(うち480万人はほかの国連組織によって面倒を見られているパレスティナ人)を数え、さらに2,640万人が国内で居場所を失っているという。しかし、ホストはますます難民に友好的ではなくなっており、かつてないほど彼らが恒久的に住むことを許す意思が無くなっている。紛争はより長引くようになっている。より少数のためにそしてより短い滞在のために設計された、国境を越えて逃げ出した人々を取り扱う古いやり方は、もはやめったに機能しない。難民と経済的移民の間の違いは不鮮明になりうる。新規到着者の生活水準と彼らが到着した国の暮らし向きの悪さもそうだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遺産への嗜好は地方の品種を後押しする - ワインの多様化

1月
04

土着ブドウの賞賛が、単にメルロー、カベルネ、またはシャルドネ以外の地球規模の多様化を促進している

10年間でどれほどの違いがあらわれたことか。1990年代の中ごろ、ワインの世界を巡って撮影したBBC2のためのテレビシリーズを作った。私は憮然とした予測でそれをチリで終えた。「私は未来を見、それはメルロー、カベルネ、そしてシャルドネだ。」

あたかも世界のヴィニョロンが地元のブドウ品種を根絶し、みんなが聞いたことのある「国際的な」ブドウの認められた魅力に置き換えようとしており、当時、それは本当にそう見えた。

たった10年後、反対方向への振り子の元気な振れは、すでに目立っており、現在の専門のワインバイヤーは、伝統的に育てられていた世界のわずかな場所の一つで育てられていなければ、メルロー、カベルネ、またはシャルドネに触れるのは難しいだろう。

彼らは、ヘアルームトマトのブドウ版である「ヘリテージ品種」と呼ばれる明白に地元のブドウであるものを嗅ぎ当てることにより関心を持っている。それは単にワインのトレンドというだけではない。それは、自然との調和、トレーサビリティ、地産地消運動、そして生物多様性の重要性への我々の認識の増加といったことへの我々の一般的な欲望と調和しているのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域は外国との提携に信頼を置いている - 中東欧のアウトソーシング

11月
27

トップ企業は新たに設立された経済的成功の戦利品を分け合う準備をしている

BPが2009年に中欧に事業サーヴィスセンターを立ち上げはじめた時、その英国に本社を持つエネルギー会社はハンガリーを選ぶ前に半ダースの国を調査した。

「我々がサーヴィスセンターを作り出すとき、費用節減を第一とはしておらず、価値を作り出すことを優先している。」BPのヨーロッパ事業サーヴィスセンター長のフィリップ・ウェランは先月のブダペストでの事業セミナーで語った。

「我々にとって、それはすべて、人々の能力、市場に価値を置く技能、産業の安全、経済、そして社会資本についてなのだ。それは政府の支援についてなのだ。」

彼は競争が厳しかったことを認める。「たくさんのほかの国がとてもこれに長けている。同じようにBPがサーヴィスセンターを立ち上げたクラクフは素晴らしい場所だ。しかし、我々がすべてのパラメーターを満たしたとき、ただハンガリーが一番合っていると感じたんだ。」彼は語る。

3年がたち、ウェラン氏は今後12か月でブダペストでの職員数を現在の850人から1,000人を超えるまで増やすことを予想して最近事務所を借り増した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソロス、ブレア、そしてコナクリのうわさ好きたち - コンデの顧問

11月
20

ギニアの鉱物を巡る争いは、情報戦争を始めている

ライヴァルたちは広報工作や報道へのリークについて話し、会社を擁護するつもりのものもいれば、アルファ・コンデ大統領やその仲間の政府を汚すつもりのものもいる。広報会社や法人諜報集団が雇われている。

ジョージ・ソロスとベニー・シュタインメッツとの間の噂になっている個人履歴さえも、コナクリで広まっている噂の素になっている。

その億万長者たちは、ソロス氏が勝った1997年のロシアの通信民営化で、敵対関係にあるコンソーシアムのメンバーだった。そのハンガリー生まれのヘッジファンド投資家の財団は、シュタインメッツ家に替わって管理しているコングロマリットが株式を持つルーマニアでの金鉱山の計画を批判している。

ギニアでは、ソロス氏は、シュタインメッツ家の事業を含んだ過去の鉱山計画の見直しを命令しているコンデ氏の助言をしている。ソロス氏が設立し、より大きな透明性のための彼の運動の一部として資金を出しているコンサルタント会社の収入監視研究所が、コンデ政権の鉱山改革への技術的支援を提供している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

溶ける雰囲気はない - 中国の抑圧

6月
27

「脱税者」の時宜にかなった釈放

数年に渡る反対派への最も激しい取り締まりの中で、中国当局は一人の著名な活動家艾未未の事件で、軟化した珍しい手がかりを与えた。6月22日の深夜、ほぼ3ヶ月に渡る拘留の後で痩せて見えた、髭面でそれでも恰幅のよい芸術家は家に戻った。しかしながら、これは中国の批判者を黙らせる努力の緩みを表すものではないようだ。

公式には、艾氏は「保釈中」だ。中国国営通信社の新華社は、彼の「慢性的な病気(彼は糖尿病と高血圧を患っている)と同様に罪を認める良い姿勢」のために自由になったと語った。

艾氏はまた、伝えられるところによると彼が逃れたと言われる税について「繰り返し」支払う意思があると語っている。中国の警察は経済犯罪の告発を反対派を監禁する口実に使うのを好む。艾氏は、「執行猶予中」で話すことができないといって、留置の詳細を明らかにすることや罪について語ることを拒絶している。

艾氏の留置は西側で広い批判を引き起こした。だから、温家宝首相が2日後にハンガリー、イギリス、ドイツを廻り始めるのは偶然ではないかもしれない。中国は時々重要な外交拘留を円滑化する手段として反対派を解放してきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ハンガリー を購読