ロンドン大学

彼らに送金させろ - アフリカの資金移転

9月
22

資金洗浄についての西側の心配は、何百万ものアフリカ人の経済的生命線を脅かしている

モハメド・アブドゥルにとって、ソマリアの家族に金を送ることは、大きな国外居住者共同体がある東ロンドンスタンフォードの大通りへの旅を意味する。そこに着くと、彼は、現金、電話番号そして普通はソマリアの首都モガディシュに住む彼の祖母の名前を代理人に手渡す。数分後、店の助手として働くアブドゥル氏は、その現金が向こう側についたということを知らせるテキストメッセージを受け取る。ソマリアでの何十年もの戦争の間に開発されたこの早くて信頼できる制度は、いくつかの国連事務所や援助機関が職員に支払うのと同様に、多数の世界的なディアスポラによって使われる。

多分、長続きはしない。大きなリテール銀行のバークレイズは250程度の送金事業の口座を閉鎖するとの知らせを送達した。その銀行は、その決定がルーチンの法的見直しに従ったと語った。資金送金者の中には、「犯罪的行動を正しく見つける適切なチェックを持っていない」ものや、「知らずに」テロリストに資金を渡しうる、とその銀行は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

機会ではなく選択だ - 避妊と開発

7月
24

家族計画が国際的な開発の議題に戻ってくる

ブルキナ・ファソのワガドゥグの郊外のマリー・ストープス・クリニックで、だいたい30歳のジュリエットは子宮内避妊リングをはめた机から、笑いかけた。彼女は、3人の子供を持っており、これ以上ほしくないと言った。彼女の夫は、彼女がその処置をしていることを知らない、と彼女は認めるが、彼は気にしないだろうと彼女は考えている。人ごみから判断すると、誰も気にしない。その2層の建物は、母親と子供たちが群れている。その理事のサリー・ヒューズは、毎月だいたい1.4万人の訪問者があると語る。1台のジープがちょうど戻ってきて、さらに多くの避妊を施している周りの村への日々の旅から帰ってきた医者、助産婦、そして看護師を連れ戻す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ロンドン大学 を購読