ライアンエアー

鉄道貨物のライアンエアーへの探索 - ヨーロッパの鉄道

12月
11

EUはより多くのものを鉄道で動かしたいと思っている。進歩はゆっくりだ

航空では、民間所有の低価格航空会社の到来が市場を揺るがし、伝統的な国営航空会社を後退させている。しかし、ヨーロッパの鉄道事業では、乗客サーヴィスでは依然としてほとんど競争がない。競争により多くの余地があってしかるべき貨物ですらも、その市場は依然として国有の既存の会社に支配されている。2年前に採用された欧州委員会の『運輸2050』計画は、2050年までにその大陸全土の半分の中距離物流を道路から鉄道(または水運)にすることを約束する。しかし、国境を越えた鉄道「回廊」の設計でいくらかの進歩がなされているものの、より多くの選択と競争がなければその計画はそれほど遠くには進まないだろう。

より新しい、民営の鉄道貨物会社は、その市場に入ろうとする彼らの試みは、既存の企業によって挫折させられていると不平を言う。CERハンガリーの社長ラスツロ・ホルヴァスは、普通鉄道運営と同じく軌道も保有している国有の大企業が、彼の会社のような若い民間企業が拡大しようとするといつでも意地悪になる、と不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

かなり利益の上がるオウム

5月
25
ビジネスにとって、模倣に長けることは、少なくとも革新的になることと同じくらい重要だ
 
下着小売りのヴィクトリアズ・シークレットの所有者レス・ウェックスナーは、毎年、採用すべきほかの会社の考えを探して、世界中を旅するために1か月の休暇を取る。彼の衣料グループのリミテッド・ブランズは航空会社から消費財製造業者まで、合法の霊感を求める。ウェックスナー氏の哲学は、ビジネスは模倣を賛美すべきだ、というものだ。
 
それはほとんど異端だ。政治家や数えきれない授賞式が、経済成長における革新の役割を激賞する。ビジネスは革新するか死ぬかのどちらかだといわれる。模倣者は悪い奴の役割を与えられる。「最初の会社は、最も高い頻度でそして最も望ましい市場で生産する機会を持つ。」2009年のジュリア・ロバーツ主演の企業ホラーの「デュプリシティ」でバーケット&ランドルの社長が宣言する。その会社は仮定の発毛剤をまねしようとする悪のライヴァルに対して正当に勝利を得る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

名前がなんだ? - 評判管理

5月
04

なぜ会社はその評判について少ししか心配すべきではないのか

人々は、歴史始まって以来評判について議論してきている。聖書は、「よい名前は大金持ちよりもむしろ選ばれるべきで、愛は金銀よりも好まれるべきものだ。」評判を現実的ではないとして退ける者もいる。エイブラハム・リンカーンの言葉では「影」、ジェームズ・ローウェルに言わせれば、「不確かな名誉」だ。シェークスピアは、両方の側に素材を提供した。カシオは評判を「自分自身の不死の部分」と表現した一方で、イアゴはそれを「しばしばメリットがなく理由なく失われる、怠惰で最も間違った押しつけ」だとして退けた。

現在の経営理論産業には、そのようなあいまいな言葉遣いのための時間がない。その初心者にとって、評判もしくは少なくとも法人に関してのそれは、「競争優位」を得るために「テコ入れ」されるべき「戦略的資産」、「悲観的なニュース」に対してあなたを守るために要求される「安全緩衝帯」、そして「利害関係者共同体に関与する」ことによって増やすことができうる「組織的資本」の蓄積だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遠すぎる橋? - 遺跡保護

4月
14

 

会社はイタリアのバラバラになった宝物を生き返らせる役に立ちたいと思っている―高い値段で

有名なポーランド人映画監督ロマン・ポランスキが2007年に(今は行き詰っている紀元79年のヴェスヴィオ山の噴火についての大予算の叙事詩であ る)映画ポンペイを作る契約を結んだ時、ポンペイ遺跡の母国であるイタリアは、撮影のための彼の一番の選択肢だった。しかし、そのプロダクションは、現実 的なイタリア人役人が例によって映画クルーが考古学遺跡を踏みにじることに反対し、スペイン政府がイタリアに安いオファーで勝ったために、最後にはスペイ ンに移った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ライアンエアー を購読