カザフスタン

上る中国、沈むロシア - 中央アジアでの中国

2月
22

広大な地域で、中国の経済的影響力はロシアのものに対抗する以上のものだ

ほんの10年にもならない前には、中央アジアの新しく独立した国々がどこにその石油とガスの大きな供給を送り出さなければならないかについてほとんど疑いは持ち上がらなかった。その元宗主国のロシアが彼らのエネルギー社会資本と市場を独占していたのだ。しかし、新たな分野が流れに乗っている今では、そのパイプラインは東の中国に向かう。まるでその点を強調するかのように、今週中国の国家主席習近平は中央アジアを席巻し、エネルギー契約を食い尽くし、何十億ドルもの投資を約束した。彼の外遊はその地域の新たな経済超大国について何の疑いも残さなかった。

すでに中国の最大の天然ガスの輸入元であるトルクメニスタンでは、習氏は世界で二番目に大きなガス田ガルキニシュの生産を始めた。それは、その国からの中国の輸入を3倍にする役に立つだろう。カザフスタンでは、ここ数十年で世界最大の石油の発見であるカシャガンの権益を含んだ300億ドルの契約が発表された。ウズベキスタンでは習氏とホストのイスラム・カリモフ大統領が、この不透明な国では詳細はほとんど発表されなかったが、150億ドルの石油、ガス、そしてウランの契約を発表した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

送金者 - 中央アジアとそのロシア依存

1月
18

ロシアはタジキスタンとキルギスがその衛星国に戻るよう試みている

元ソ連の二つの最貧で弱い継承国家のタジキスタンかキルギスのどちらかで一つの村を取りあげると、そこで多くの男を見つける可能性はない。それは、彼らが作業場で忙しいからではない。むしろ、彼らはロシアに去っているのだ。

世界銀行によれば、タジキスタンは世界中のどの国よりも海外送金に依存しているという。去年、移民労働者はタジキスタンのGDPの47%に相当するものを故郷に送った。たぶん、労働年齢の男性の半分は外国、そのほとんどがロシアにいるだろう。キルギスは、リベリアに次いで、その世界銀行のランキングで3番目だ。1/5の労働力が移民労働者だ。

これら二つの国々の経済的依存は、そのかつての帝国主義の主人に大きな影響力を与えている。外国の軍事基地への好ましい契約をうまく手に入れることができなかったり、母国での愛国主義を強調したいと思うときはいつでも、ロシアは中央アジア諸国にヴィザを導入すると脅す。そして、ロシアは安い労働力を必要とするけれども、タジキスタンとキルギスはそれよりも多く職を必要としている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アイスマンがやってくる - 自分でやる氷河

9月
20

もし気候変動が地元の氷河を持ち去るのならば、別のものを作ったらどうだろう?

気候が温暖化するにつれ、氷河は縮む。それは、農産物に灌漑するのにその融けた水に頼っている人々にとっては問題だ。例えば、ジャンムー・カシミール州のレーよりも上の渓谷に住んでいる農民だ。彼らが住んでいるその地域の低地氷河のほとんどは消えており、より高いところにあるものは、10キロも後退している。農民が新たに蒔かれた農産物に灌漑する必要がある融けた水は3月から4月にかけて到達していたものだ。今、それは6月までやってこない。そのような短い成長期間の場所では、多く使うには遅すぎる。

その地域に住んでいる退職した土木技師のチェワン・ノーフェルは、答えを持っていると考えている。もし天然の氷河が亡くなっているのならば、人工のものを作ったらどうだろう?これは、過去10年かそこら、彼がしていることだ。さらに、彼は、ぴったりの時に融け、農民の畑に直接その内容物が流れ込むところに新しい氷河を作っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ユーラシアの綱引き

9月
14

EUはその東の隣国の未来についてロシアと競合している

それほど多く見るべきものはないが、ヴィリニュス郊外の穏やかな黄色煉瓦の建物は、独裁的なベラルーシに差し込む学問的自由のかがり火だ。欧州人文科学大学(EHU)は、ソヴィエト共産主義の没落の後に、哲学、歴史など多くのことに西洋式の教育法を促進するために、ミンスクに創設された。大統領のアレクサンドル・ルカシェンコは、それを2004年に閉鎖した。しかし、万難を排して、それは国境をまたいだリトアニアで、亡命での再生を果たしたのだった。

ベラルーシのプロパガンダはEHUを、反対派、さらには「テロリスト」の避難所として非難した。教師と学生は、特に選挙の時期には、KGBによって定期的に嫌がらせをされた。しかし、リトアニアとベラルーシに別れて1,600人の学生がいるEHUは、ほとんどがヨーロッパ諸国からの支援のおかげで、なんとかかんとか生き延びている。2年生の法学部学生マリア・スリアプソヴァは、人権派弁護士として働くために、母国に帰りたいと思っている。しかし、彼女はルカシェンコ氏が変わりそうだということに何の幻想も持っていない。よくても、EHUは、彼が権力を去った後にその国を運営するだろう人々を教育することができるだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

恥ずべき鉱物 - コンゴ民主共和国での事業

7月
14

それはどれだけ悪いのか?

コンゴでの事業情勢は「ひどい」、とキンシャサのある政府顧問は語る。どんな無頓着な訪問者もたぶん気づいている。交通警察は理由なく車を止め、割り込み、金を払うまで出ていかない。7-8人で会社の事務所にやってきた徴税人は、もちろん、交渉で値下げしうる要求をする。その中部アフリカの国最大の事業、土を掘って貴重な鉱物を抽出することが、それほど汚れていても、あまり不思議ではない。元国連事務局長コフィ・アナンによって率いられたある専門家パネルは、2010-12年の間に結ばれた5つの協定を見て、政府所有鉱山が売られた総額と、それらの価値についての独自調査を比べた。それは、その国の健康教育年間予算の倍に当たる13.6億ドルの差を見つけた。そして、これらの協定は、行われたすべての安売りのほんの小さな部分だ、と5月10日に南アフリカのケープタウンでアナン氏が発表したその報告は言う。
 

コフィの疑問

Posted By gno-eagrai 続きを読む

死する運命の暗示 - カザフスタンとウズベキスタン

4月
23

中央アジア2か国の独裁者たちとその娘たちは、継承について考えている

ウズベキスタン大統領のイスラム・カリモフと、カザフスタンで同じ地位にあるヌルスルタン・ナザルバエフの間の関係は、中央アジアでの地域的優位を巡る乱闘により、長い間難しかった。しかし、高齢化するその二人の独裁者は、実際的になりうる。だから、3月27日に、カリモフ氏は首都タシケントの彼の邸宅で、ナザルバエフ氏の外務大臣エルラン・イドリソフに謁見した。その二人の年老いる指導者たちは、お互い助けの手を差し伸べたいと思っているようだ。

会議のテレビ映像が綿密に研究された。3月19日に75歳のカリモフ氏が心臓病に襲われたといううわさが出て以来、それは最初に人前に現れたものだった。彼の娘グリナラは、ツイッターで、彼の健康が不安定だということを否定した。しかし、その推測を鎮めたのは彼があらわれたことだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らがそうしたら、堰き止めろ - 中央アジアの水戦争

10月
19

水管理を巡っての戦争は、すでに不安定な地域を濁らせる

タジキスタンの大統領エモマリ・ラフモンは、物事を大きくするのが好きだ。彼は、世界で最も高い旗竿を立てた。去年、彼は(今のところその中にほとんど本はないが)その地域で最も大きな図書館を開いた。しかし、ひとつの巨大な計画は、隣国との係争含みだと証明している。世界で最も高い水力発電のダム建設だ。

下流のウズベキスタンを統治する実力者のイスラム・カリモフは、アムダリア川の支流にできる提案された335メートルのログンダムが、タジキスタンに不公平な水資源管理を与え、地震の場合に何百万人もの人々を危険にさらすと語る。9月7日に、彼はそのような計画が、「単に深刻な対立だけではなく、戦争にすら」つながりうると語った。

カリモフ氏は、タジキスタンについてのみ語ったわけではなかった。ウズベキスタンからその地域のほかの主要な川であるシルダリア川の支流の一つを上流にさかのぼったところにあるキルギスタンは、カムバラタと呼ばれる自分たちの計画への投資を探っている。2つの提案されたダム(ログンが3.6ギガワット、カムバラタが1.9ギガワット)は、理論的にはそれぞれの国に頻繁に起こる電力不足を終わらせ、ひどく必要とされる輸出収入を提供するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アンカラへのメッセージ - 新興市場

4月
22
なぜトルコは心配すべき経済なのか
 
多くの豊かな経済が陥っている窮地と比べて、ほとんどの新興経済はかなり良い形をしているように見える。確かに、多くが去年成長率が鋭く下がった。そしてユーロの未来への恐れが悪化するにつれ、いくつかの通貨や株式市場は不振に陥った。しかし、常習的にIMFの補助に頼っている最貧地域を別にすれば、主に東ヨーロッパのほんの少数の新興経済だけがIMFの資金に頼らなければならないだけだ。
 
この回復力は印象的だ。しかし、それが永遠に続くと推測するのは間違いだろう。豊かな世界の投資家が新興市場基金に資金を戻している時でさえも、それらの国々の重要な統計をさっと見れば、多くの場所が一つや二つの問題を抱えていることがわかる。インドは大きな財政赤字を抱えている。ヴェネズエラからヴェトナムに至るいくつかの国々は二けたのインフレを記録している。南アフリカはかなりの経常赤字を持っている。しかし、急速な信用増加と高いインフレから大きな対外赤字まで、標準的な困難の警告サインに基づけば、一つの国が目立つ。トルコだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
カザフスタン を購読