メキシコ

聖なる混乱 - ナイジェリアでの誘拐

2月
28

ナイジェリアでの誘拐は手におえない

9月6日に暗闇を抜けてナイジェリアの主要な石油の町ポート・ハーコートに向かって家に車を走らせて、イグネシアス・カティ大司教とその妻は、武装ギャングが彼らを誘拐しようとするのに何の考えも持っていなかった。しかし、それは異常なことではなかった。ナイジェリアで2番目に高位な英国国教会の聖職者の誘拐は、その妻はのちに解放されたが、ニジェールデルタの湿地帯の住民が残酷にも慣れている犯罪の、普通よりも高い水準ではあるが、単なる別の実例にすぎなかった。

石油地帯での誘拐は、例外なく身代金目的だ。外国の石油関係者が一般的な目標だったが、豊かなナイジェリア人事業家、目立つ学者、そしてサッカー選手さえもがますます狙われやすくなっている。誘拐の脅威は、ナイジェリア最大の都市でその経済の中心でもあるラゴスでも、今年かなり悪くなっている。

めったにニュースにもならないが、最近その国中で多くの誘拐がある。2013年の前半に、ナイジェリアでは世界で最多の誘拐未遂があり、記録されたそのような事件の26%を占めた。メキシコが2番目の10%で、パキスタンが3番の7%だったと、犯罪についての情報を集めるロンドンの会社NYAインターナショナルは計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仲間たちと議会

11月
02

産業人たちが政府であまりに影響力を持つようになっている

1994年に、イタリア人たちは、硬化した経済を生き返らせるために事業家としてのその技能を使うことができると望んで、シルヴィオ・ベルルスコーニに投票した。彼は、何もないところから、不動産とメディアの帝国を打ち立てた。彼は、その国の偉大なサッカークラブの一つA.C.ミランを再活性化した。彼は確かに、腐敗した政治家と内向きな官僚たちの古い番人よりも、その国を運営するのにより良い仕事をしただろうか?そう、「記念碑を探し求めるのならば、周りを見るとよい。」ベルルスコーニ氏は2001-11年の10年間で8年間イタリアの首相だった。その間、イタリアの一人当たりGDPは4%下がり、そのGDPに対する債務の割合は109%から120%に上がり、税金はGDPの41.2%から43.4%に上がり、その生産性は停滞した。その事業技能をイタリア経済の復活のために使うよりもむしろ、ベルルスコーニ氏はその政治的技能を彼の事業利益を守るために使ったのだ。

その偉大な人たらしは極端な例だ。そして、運が良ければ、イタリアの長いベルルスコーニを主題にした悪夢は終わりに近づいている。しかし、権力と事業の連合という、ベルルスコーニ氏のイタリアの中心にある問題は、世界中で増している心配だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

農場に膝まづく - サン・ホアキン渓谷

10月
06

カリフォルニアの回復は、その中心地の慢性的な問題をなおしてはいない

ロサンゼルスのビーチと魅力やシリコンヴァレーの技術的革新から一般的に想像されるカリフォルニアから離れたところに、東と西の山脈に包まれた主に農業の平地の450マイルの広がりのセントラル・ヴァレーがある。その渓谷の地理的隔絶は、別の形の切断を生んでいる。ここでは、あなたはカントリー音楽を聴き共和党に投票するといった、事実上その州の他の所では絶滅した習慣に直面する。

しかし、この孤立はとても立派なものとは言えない。2011年のあるカリフォルニアの人間開発報告は、セントラル・ヴァレーのもっとも人口稠密な部分であるサン・ホアキン渓谷に、西ヴァージニアとほぼ同じ得点を与えた。平均寿命は低く、犯罪率は高く、そして(改善しているにしろ)空気はひどい。シンクタンクのミルケン研究所による2010年の報告は、その国で教育を受けていない都市10のうち、3つのサン・ホアキン渓谷の町を見つけた。そして、長くその渓谷を悩ませる失業は、そこを掴み続けている。地元の人たちは外部者に彼らが「西のアパラチア」に住んでいるといわれるのを嫌うが、同じ口でそれが本当だと認める。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小さいが致命的だ - 大量絶滅

10月
05

歴史上最大の絶滅は、たぶん気候を変えた宇宙の岩によって引き起こされた

どんな学童でも知っているように、恐竜は、外部空間からの岩が今の南部メキシコにあたるところにぶつかった時、たちまちのうちに一掃された。それは、白亜紀の終わりの6,600万年前に起こった。よく知っている子供たちは、この大量絶滅が独特でも最大でもなかったことを知っている。5.41億年前のカンブリア紀の初めに動物の生命が複雑になって以来、4つの他のものが地質学的に記録されている。

しかしながら、これらの賢い子供たちも他の誰も知らないことは、これらの絶滅が似たような原因を持っているのか、と言うことだ。しかし、2.523億年さかのぼる二畳紀の終わりの、すべての中で最大の絶滅は、実に同じく衝突によって引き金が引かれたという証拠が積み重なっている。にもかかわらず、引き金は同じだったけれども、詳細は大きく異なっている、と西オーストラリア大学のエリック・トーヴァ―は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ふくらみの戦い - ラテンアメリカの肥満

10月
02

ウエストラインが広がるにつれ、ジャンクフードとの戦いもそうなる

アステカやインカまでさかのぼる豊かな料理の伝統を持つ国々として、メキシコとペルーは現代の食料の流行への好みをかなり発展させている。メキシコ人はほかのどの国よりも発砲飲料をがぶ飲みする。ペルーは世界で最も高いファストフード店の密度を持っている。世界最大の果物輸出国の一つチリは、それを多く食べない。加工食品が平均的なチリ人の買い物かごの半分以上を占めているのだ。痩せたブラジルですらも、お菓子のジャンクフードの摂取は30年で5倍になっている。

全てのウエストラインが同じようにこの砂糖、塩、脂肪の集中にあっているわけではないが、多くのラテンアメリカとカリブ海諸国をわたって、その傾向はマフィントップのように目立つ。国連機関の食糧農業機関は、その地域が発展途上世界で最も体重の重い地域になっているという。その脂肪の蔓延が始まった1990年と比べて、飢えを通してよりも過食を通して、いまラテンアメリカでは、はるかに多くの健康な生活の年月が失われている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クレイジー・ダイヤモンド - 起業家育成

9月
27

真の起業家は、価値のないものに価値を見つけ、不可能の中に可能性を見つける

起業家精神は、現代の賢者の石だ。成長を押し上げ職を作り出す秘密を持つと想定される謎めいた何かだ。G20諸国は、年次の若者起業家サミットを開く。130国以上が世界起業家週間を祝う。ビジネススクールは、どのように起業家になるかについてのかなり人気のあるコースを提供する。経営学者たちは(しばしば矛盾して)起業家へのガイドを作る。デヴィッド・ガンパートは『How to Really Create a Successful Business Plan:成功する事業計画を本当に作る方法』と『Burn Your Business Plan:お前の事業計画を燃やせ!』の両方を書いた。

しかし、(「事業」のより長い言い方とは別に)起業家精神とは正確に何なのか?そして、いかにして政府はそれを奨励すべきなのか?政策立案者は経営学者と同じように混乱している。彼らは、それらが新技術を意味しなければならないと仮定する。だから、彼らは新しいシリコンヴァレーを作りだそうとしている。さもなければ、それは小事業についてだ。だから、彼らは新興企業を育てることに焦点を当てる。どちらの仮定も間違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

E-教育 - 教育と技術

9月
09

長く遅れていた技術的革命が、ついに進み始める

「人間の知識のすべての枝を動画で教えることは可能だ。」トーマス・エジソンは1913年に観察し、本が教室で間もなく時代遅れになるだろうことを予言した。実際には、動画は教育にほとんど影響を持っていない。最近まで、同じことがコンピューターにも当てはまった。1970年代以来、シリコンヴァレーの夢想家が彼らの産業が教室を事務所と同じくらい根本的に変えるだろうと主張し、その裏でたくさんの技術を学校に売っている。子供たちは調査、論文制作、そしておしゃべりにコンピューターをつかう。しかし、その制度の中核は中世以来ほとんど変わっていない。「舞台上で賢明な」教師が、学生の列に、「授業」をとうとうと弁ずるのだ。トム・ブラウンとハックルベリー・フィンは、それを瞬時に、そして震えて認識するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興ブランドの戦い

9月
08

西側のブランドは発展途上国のそれからの包囲にさらされるようになっている。

過去20年間は、経済力の新興世界への巨大な再分配を経験している。しかし、今のところそれに相当するブランド力の再分配はない。フォーチュン誌の2012年の一覧の売上収入による500の大企業には、132の合衆国を除いたどの国よりも多くの73の中国企業が含まれていた。しかし、インターブランドの2012年の100の「最高の地球規模ブランド」の一覧には、中国企業は一つも含まれていなかった。

しかしながら、新著『Brand Breakout』の中で、二人の学者ニルマルヤ・クマールとジャン=ベネディクト・スティーンカンプは、発展途上国の企業が迅速にブランディングの芸術を学んでいると論ずる。数少ない新興市場のブランドがすでに地球規模になっている。ヨーロッパでサッカーの試合を「エミレーツ」を網膜に焼き付けることなく見るのは難しい。さらに近づいているものもある。中国のハイアール〈白物家電〉チリのコンチャ・イ・トロ(ワイン)そしてブラジルのナチュラ〈美容品〉だ。発展途上世界の勃興によって包囲されると感じる西洋人は、依然として高価なブランド品の高地を保持していると考えて自身を慰める。しかし、新興市場の競争相手が彼らの軍馬に乗っており、破壊鎚を持っていることに、彼らは疑いを持っていなくて当然だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

始めさせろ - 学生のクラウドファンディング

8月
25

若者がその未来の権利を売るのを助ける

マシュー・クルプが去年ロードアイランドデザイン校を卒業した時、彼は興味をそそる財務実験の一部となった。学生融資を返済し、新しいデザイン会社の資金調達を助けるために、クルプ氏は、若者や「成り上がり者たち」が、彼らの将来の稼ぎの権利の代わりに現金を彼らに与える意思のある豊かな投資家を見つける助けをするアメリカの会社のアップスタートを経由して38,500ドルを調達した。このクラウドファンディングの新しい応用は、人気と議論の両方を約束する。

最近ヴェンチャー基金やシリコンヴァレー型のものからほぼ600万ドルを調達したアップスタートは、若者への株のような投資を促進するたった一つの組織ではない。別のアメリカ新興企業ぺイヴは、似たようなサーヴィスを開発している。ドイツ企業キャリアコンセプトは、学生が勉強のための資金調達をするのを助け、メキシコ、チリ、アメリカのような国で低所得者の学生に焦点を当てているルムニは、すでにほぼ2,000人の学生が個人や組織から現金を調達するのを助けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生活を消す - ミシシッピ・デルタ

8月
13

南部農村での衝撃的な過疎化率

グリーンヴィルの大通りにある、古典的なポーチコ、高くあげられた丸天井、そしてキラキラしたステンドグラスを持つ堂々としたシナゴーグは、数百人の礼拝者を収容するために、1906年に建設された。最近の良い週には、金曜の礼拝には12人があらわれ、その中の数人は90歳代だ、とある管理人は語る。宗教教育のための四つの教室は、今、たった3人の子供たちを満たしているだけだ。あとのユダヤ人共同体は、亡くなったか、その郡のより豊かなほかの部分に流れ出た。

ミシシッピの肥沃な沖積平野とアーカンソーとルイジアナのそれに隣接する部分である、デルタを後にしているのは、ユダヤ人だけではない。1940年以来、その地域の人口は、ほとんど半分に減っている。いくつかの郡では、それよりさらに減っている。それは、その国中での加速する傾向のもっとも目立った例になっている。過去2年にわたって、アメリカ農村部の総人口は、ほんの小さな数字であるけれども、1970年代に国勢調査局が追跡を始めて以来初めて減っている。全部で1,976のうち1,261という、農村郡の多数は、人口が減っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

メキシコ を購読