ニューズ・コーポレーション

ついに人気を博している - 教育技術

9月
09

新技術がアメリカの学校を、それから世界の学校を混乱させるとみられている

シカゴのサウスサイドの小さな学校で5-6歳の年齢の40人の子供たちが静かに座って教室で学んでいる。それぞれの前には、リーディング・エッグスと呼ばれるソフトウェアが走っているコンピューターがある。短い物語を読んでいるものもあれば、学んでいる言葉で文章を作っているものもいる。最も遅れているものは、空を飛んでいるすべての大文字と小文字のBSを攻略している。彼らがそれぞれの仕事を終えるにつれ、彼らは読み書きでどれだけ進んでいるかを示す漫画の地図を進む。道に沿って、彼らはゲーム内の分身の邸宅に家具を備え付けるための道具のようなものを買うのに使うことができる卵を集める。時々、ある子どもは、二人の監督教師のうちの一人とともに、予定された読書時間を過ごす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

E-教育 - 教育と技術

9月
09

長く遅れていた技術的革命が、ついに進み始める

「人間の知識のすべての枝を動画で教えることは可能だ。」トーマス・エジソンは1913年に観察し、本が教室で間もなく時代遅れになるだろうことを予言した。実際には、動画は教育にほとんど影響を持っていない。最近まで、同じことがコンピューターにも当てはまった。1970年代以来、シリコンヴァレーの夢想家が彼らの産業が教室を事務所と同じくらい根本的に変えるだろうと主張し、その裏でたくさんの技術を学校に売っている。子供たちは調査、論文制作、そしておしゃべりにコンピューターをつかう。しかし、その制度の中核は中世以来ほとんど変わっていない。「舞台上で賢明な」教師が、学生の列に、「授業」をとうとうと弁ずるのだ。トム・ブラウンとハックルベリー・フィンは、それを瞬時に、そして震えて認識するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スピンオフの芸術

6月
25

古い会社から新しい会社を作り出すためのヒント

エンターテイメントの世界では、スピンオフはヒット作の子供だ。人気のある人物を取り上げ、彼らに独自の計画や熟慮した許可を与え、新たな一ひねりをするのだ。ゆえに、『フレンズ』は『ジョーイ』を生み、『アー・ユー・ビーイング・サーヴド』は『グレース・アンド・フェーヴァー』を生んだ。そのようなスピンオフは、ふつう失敗する。

事業では、スピンオフは既存の会社の子供だ。ある部門を取り上げ、それを独立の会社に変えるのだ。ゆえに、製薬会社のブリストル・マイヤーズ・スクイブは人工関節のジンマーを生み、複合企業のタイコは安全システムメーカーのADTを生んだのだ。これらのスピンオフは、より良い記録を持っている。

コンサルタント会社のスピン=オフ・アドヴァイザーズによれば、今年今までのところ11の大きなアメリカのスピンオフがあり、その数は近年徐々に増えているという。さらに2つがあらわれている。タイム・ワーナーは、タイムを含んだその雑誌事業を投げ出す準備をしており、ニューズ・コーポレーションは、ウォール・ストリート・ジャーナル、サン、そしてロンドンのタイムズを含んだその出版事業をスピンオフする準備をしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

名前がなんだ? - 評判管理

5月
04

なぜ会社はその評判について少ししか心配すべきではないのか

人々は、歴史始まって以来評判について議論してきている。聖書は、「よい名前は大金持ちよりもむしろ選ばれるべきで、愛は金銀よりも好まれるべきものだ。」評判を現実的ではないとして退ける者もいる。エイブラハム・リンカーンの言葉では「影」、ジェームズ・ローウェルに言わせれば、「不確かな名誉」だ。シェークスピアは、両方の側に素材を提供した。カシオは評判を「自分自身の不死の部分」と表現した一方で、イアゴはそれを「しばしばメリットがなく理由なく失われる、怠惰で最も間違った押しつけ」だとして退けた。

現在の経営理論産業には、そのようなあいまいな言葉遣いのための時間がない。その初心者にとって、評判もしくは少なくとも法人に関してのそれは、「競争優位」を得るために「テコ入れ」されるべき「戦略的資産」、「悲観的なニュース」に対してあなたを守るために要求される「安全緩衝帯」、そして「利害関係者共同体に関与する」ことによって増やすことができうる「組織的資本」の蓄積だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ニューズ・コーポレーション を購読