大英図書館

試行錯誤の世紀 - 経済史

9月
19
経済学者はいかにして人類を不潔さと欠乏から救ったのか?
 
その人気雑誌「ハウスホールド・ワーズ」に寄せたエッセイの中で、チャールズ・ディケンズは、経済学者にその学問を人間らしくするよう要求した。「政治経済は、それが少しでも人を覆い、それを満たさなければ、単なる骸骨だ。」と彼は1854年に創刊号で書いた。「その上に小さな人間の輝きがあり、その中に小さな人間の暖かさがある。」
 
これは、どの経済学と経済学者が主として進歩に失敗してきたのかを名指しするものだ。元のニューヨークタイムスの経済特派員で、今はコロンビア大学にいるシルヴィア・ナサーは、彼女の本の中で、ディケンズの望みを満足させる道の一部を少なくとも進んでいる。「大追跡」は、肉付き、輝き、温かみに満ちた経済学の歴史だ。著者は、経済学には、トーマス・カーライルの「陰鬱な科学」よりもはるかに多くのことがあると示す。そして彼女は、ゲーム理論の裏側の悩んだ天才であるジョン・フォーブス・ナッシュについての1998年のベストセラー「ビューティフル・マインド」の著者としてみんなが期待するであろう様式と堂々とした態度でそれを示す。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
大英図書館 を購読