アフガニスタン

呼び出された - 身分証明政治

6月
25

携帯電話を通じての追跡は、有罪のものも無罪のものも同じように怖がらせる

アメリカと英国では、前払い携帯電話か(携帯電話に番号を賦与する)SIMカードを持つには、ほとんど、もしくはまったく書類作業を必要としない。少額で、顧客は電話をし、メールを送り、インターネットに匿名でアクセスできる。利用者の名前と住所を登録するための努力は停滞している。プライヴァシーが、匿名電話がテロや犯罪の道具であるという主張に勝つのだ。

他の所では、人生はより厄介だ。中国やインドでは、販売に熱心が街路の売り子が時にそのルールを差し控えるが、電話とSIMカードの匿名販売は禁止されている。3月に、5つの大きなマレーシアの携帯電話会社が、政府IDをチェックすることなしに電話を顧客に売ったために、罰金を科された。アフリカと中東では、新しい法の波が、登録しなければ接続できなくなる危険があるので何百万人もがSIMカード登録のために列をなし、去年官僚的な面倒を惹き起こしている。UAE最大の携帯電話会社Etisalatが、130万の登録されていないカードを接続不能にしている。ケニアは少なくとも240万を遮っている。アフガニスタンからペルーまで、政府は取り締まっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

コンテナ、そして異議を含む - アフリカの角

6月
24

戦略的な港がさらに政治的に脆弱になっている

赤い船積みコンテナがインド洋を渡ってきたばかりの貨物船の脇のタンドールのように熱いドックの上のクレーンにつるされている。突然、何かが少し間違うようになっている。そのコンテナは、足によって滑るかもしれない。何の害もなされていない。たぶん機械的な欠点のせいだろう。またはオーヴンのドアが開くように感じられる突風のせいかもしれない。明るいヴェストを着た男たちが、パニックを起こしてドックの周りを走り回り、犯人を見つけようとしている。ジブチでは、港がすべてだ。

この紅海上の元フランス領ほど一連の桟橋に頼っている国はない。シンガポールや香港のような、同じように港として始まったほかの国は、ここ数十年で多様化しているが、ジブチはそうではない。それは、金融サーヴィスの中心となるための熟練労働者が不足している。しかし、関連しない三つの発展のおかげで、それはかつてないほど並外れた積替えの中心になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

死する運命の暗示 - カザフスタンとウズベキスタン

4月
23

中央アジア2か国の独裁者たちとその娘たちは、継承について考えている

ウズベキスタン大統領のイスラム・カリモフと、カザフスタンで同じ地位にあるヌルスルタン・ナザルバエフの間の関係は、中央アジアでの地域的優位を巡る乱闘により、長い間難しかった。しかし、高齢化するその二人の独裁者は、実際的になりうる。だから、3月27日に、カリモフ氏は首都タシケントの彼の邸宅で、ナザルバエフ氏の外務大臣エルラン・イドリソフに謁見した。その二人の年老いる指導者たちは、お互い助けの手を差し伸べたいと思っているようだ。

会議のテレビ映像が綿密に研究された。3月19日に75歳のカリモフ氏が心臓病に襲われたといううわさが出て以来、それは最初に人前に現れたものだった。彼の娘グリナラは、ツイッターで、彼の健康が不安定だということを否定した。しかし、その推測を鎮めたのは彼があらわれたことだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

誘拐の恐れ - ナイジェリア

3月
20

外国企業はその社員を北部ナイジェリアに送るよう怖れるようになっているかもしれない

ナイジェリアのほとんどの外国人投資家は、利益がリスクや面倒を越えていると説明する。しかし、死に絶えるのを拒んでいるイスラム主義者反乱の上のほとばしり出る誘拐は、彼らがその国の北部に乗り出す前に再考させるかもしれない。2月16日に、アンサルと名乗るイスラム主義集団が、バウチ州のその集合住宅から、7人の外国人建設労働者を捕らえた。3日後、ナイジェリアの北東部の州ボルノからやってきたと疑われる別のイスラム民兵が、北カメルーンの国境をまたいで7人のフランス人家族を誘拐した。アンサルは、ヨーロッパ諸国がアフガニスタンやマリといった「アラーの地に対して犯罪と暴虐」を犯している、と語った。「ブラックアフリカのムスリムを守る前衛」の頭文字のアンサルは、去年だけで800人強の死に責任のある集団のボコ・ハラム(「西洋の教えは罪」)から別れたものかもしれない。アンサルは、イスラム主義者の好戦性の中心になっている北部の町のカノ周辺を拠点にしていると考えられている。それは公式にはボコ・ハラムから距離を取っているが、そのイデオロギーの多くを分かち合っている。しかしながら、それはアル=カーイダへの戦術でより近いかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフガニスタン? - アフリカの危機

2月
08

真の危険は、世界が聖戦士たちに脅かされている別の貧しい場所に背を向けていることだ

アフガニスタンとイラクでのテロとの戦いに取り組んで11年を費やした後に、ほとんど1.5兆ドルの直接費用と何十万もの命が失われ、西側の大衆は厳しい教訓を学んだと感じている。たとえ最高の意図を持った外国の介入でも、恩知らずの地元民を助けるために目に見えない敵と戦う終わりなき戦いにその軍隊を立ち往生させざるを得ないということが、かつてないほどに説得的になっている。

フランス軍がサハラの国マリを脅かすイスラム主義者の前進する隊列を急襲した今月初めに、アフガニスタンのこだまが大きく鳴り響いた。そして数日後、「イスラム聖戦士血盟団」からのひげを生やして銃を持った部隊が隣のアルジェリアでガス施設を占領し何十人もの人々を虐殺し、それらは再び聞こえた。それは単一のイスラム主義者のテロ攻撃としては、2002年のバリのナイトクラブの爆破以来もっとも大きなものだった。ここは、次の地球規模のテロとの戦いの前線で、うぬぼれの強い西側指導者たちを捕らえる砂漠の苦境でもあったようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

外国でのヨーロッパ - ヨーロッパの海外派兵

2月
05

軍隊を外国に展開するヨーロッパの能力は落ちているが、マリはそれが依然として必要だと示す

若い男たちが戦争に行く時、危険を避けたものに憤りが向かう。イラクでは、アメリカ人たちはフランス人をチーズを食べる降伏した猿だと非難した。マリへの介入で、フランスの政治家は、聖戦士たちとの戦いで特にヨーロッパの仲間がいないことによって狼狽している。

フランスの保守的な野党指導者ジャン=フランソワ・コぺは、「いまのところ、わが国だけが前線に立っている。」と不平を言うものの一人だった。ル・モンド紙の漫画家プラントゥは、フランソワ・オランド大統領を戦いに乗り込むタンタンとして、そしてヨーロッパ連合をその車から「あなたと一緒にいるよ!」と呼びかける喜劇的に不適切な警察官のデュポンとデュボンとして描いた。

そのような批判は厳しい。英国人、ベルギー人、デンマーク人、イタリア人、ドイツ人、そしてカナダ人は空輸支援を申し出た。アメリカ人は諜報と空中給油を申し出ることを考えている。普通EU外相のキャシー・アシュトンをあざけるフランスの高官たちは、1月17日に彼女が緊急外相会談を開き、マリへの計画された軍事訓練ミッションの展開のスピードを上げる準備ができていることに喜んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サハラの聖戦 - マリとアルジェリアの危機

2月
05

フランスが聖戦士たちがマリを乗っ取るのを止めはじめるとすぐに、アルジェリアの彼らの共鳴者たちは彼らの地域的到達を示すために別の蹂躙をしでかした

半年間、その地域のアフリカの政府と特にフランスや合衆国といった様々な西側諸国は、アル=カーイダにつながった反乱軍が国の北半分を乗っ取ったマリについて苛立っている。今年の初めに、聖戦士たちが突然南に押し出し首都のバマコすらも脅かしたとき、問題は劇的に悪化した。

だから、フランス大統領のフランソワ・オランドは行動することを決めた。1月11日、フランスの飛行機が襲いかかり、反乱軍とその基地を爆撃した。さしあたりバマコは安全だ。しかし、フランス大統領は自身にひるませるような仕事を課している。彼の作戦が正確に何を狙っているのか、そしていつどのようにして彼の軍隊が出ていくのか誰も知らない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウンマへの金融 - イスラム金融

1月
18

マレーシアはイスラム金融の突撃を主導する

マレーシアが誇るべきものの中で、金融サーヴィスでの指導力は明らかなものではない。だが、いくつかの点で、その国は世界で最も重要なイスラム金融の中心だ。資産に置いてその国の銀行制度の1/5を少し超えた部分がイスラム法に従っている。ムスリム諸国の平均は12%かそこら、しばしばそれよりも低い。マレーシアはイスラム債権であるスクークの世界的市場を独占している。その国は世界最初のスクーク国債を2002年に発行した。2012年の最初の9か月間で、その国は世界の総スクーク発行のほとんど3/4を占めていた。マレーシアにはまた、「イスラム金融の思想指導力のための」国際標準決定機関であるイスラム金融サーヴィス委員会の本部もある。

その国はいかにしてこのニッチを切り開いたのか?マレーシアのムスリム遺産、外部志向の性質、そして英国やシンガポールのような金融ハブとのつながりが、その場所を宗教の世界と資本主義を橋渡しする天然の候補者にしたのだ。中央銀行のバンク・ネガラ・マレーシアもまた協力的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より危険な方向への安定したあゆみ - 南アフリカの通信

11月
15

外国に乗り出す携帯電話会社

ヨハネスブルグ証券取引所に上場するMTNが2001年にナイジェリアでの営業を立ち上げていると発表した時、南アフリカのアナリストの中には仰天するものもいた。

母国市場で強くて急成長する事業を持つ通信事業者が、多くの人によって世界で最もリスクの高い投資先の一つだと認められているところへ、なぜ乗り出すのだろう?

10年がたち、MTNはこれらの初期の懐疑がひどく間違っていることを証明している。

現在、MTNナイジェリアは、4,300万人以上の顧客を持ち、はるかにその携帯電話グループの最も利益の上がる営業子会社だ。それは、2012年6月終わりまでの利子・税・減価償却・資産償却を引く前の利益率が60.5%だ。

それは、その南アフリカでの利益率35.4%のほぼ倍だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アフガニスタン を購読