アフガニスタン

全国への脅威 - ナイジェリアの危機

10月
21

北ナイジェリアをテロ化しているムスリム過激派集団ボコ・ハラムとは、誰で何なのか?

カノの知事宅の拡声器は、何百人もの役人が祈るために駐車場に小さなマットを敷きタール舗装の上に並べたところに来るよう呼び出して、毎週金曜日にイマームの声で活気づく。彼らは地元のモスクを訪れていたものだが、もはやバグダッド型の緑地地帯の外側を冒険するほど安全を感じていない。そばの道は、ヒトの高さの障害物でふさがれている。入口は、住民すらも鉄条網を上に貼った壁で守られた家にたどり着くために証明書を示さなければならない数少ないしっかりと運営されたチェックポイントを通り抜ける。警察官は要塞化されたトーチカで交差点を見ている。その道には、誰かが爆弾を積んだ車を駐車させないように、コンクリートを詰めたドラムが並んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らがそうしたら、堰き止めろ - 中央アジアの水戦争

10月
19

水管理を巡っての戦争は、すでに不安定な地域を濁らせる

タジキスタンの大統領エモマリ・ラフモンは、物事を大きくするのが好きだ。彼は、世界で最も高い旗竿を立てた。去年、彼は(今のところその中にほとんど本はないが)その地域で最も大きな図書館を開いた。しかし、ひとつの巨大な計画は、隣国との係争含みだと証明している。世界で最も高い水力発電のダム建設だ。

下流のウズベキスタンを統治する実力者のイスラム・カリモフは、アムダリア川の支流にできる提案された335メートルのログンダムが、タジキスタンに不公平な水資源管理を与え、地震の場合に何百万人もの人々を危険にさらすと語る。9月7日に、彼はそのような計画が、「単に深刻な対立だけではなく、戦争にすら」つながりうると語った。

カリモフ氏は、タジキスタンについてのみ語ったわけではなかった。ウズベキスタンからその地域のほかの主要な川であるシルダリア川の支流の一つを上流にさかのぼったところにあるキルギスタンは、カムバラタと呼ばれる自分たちの計画への投資を探っている。2つの提案されたダム(ログンが3.6ギガワット、カムバラタが1.9ギガワット)は、理論的にはそれぞれの国に頻繁に起こる電力不足を終わらせ、ひどく必要とされる輸出収入を提供するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

漏れやすいふるい - 国際主義の歴史

10月
19

書評:Governing the World: The History of an Idea  By Mark Mazower

バラク・オバマが二期目へ挑戦するよう指名した最近の民主党全国大会の脇で、アメリカの高官の一団が招待された外国政治家からの質問を受ける一つのシンポジウムがあった。あるバーレーンからの男は、アラブの春について尋ねた。アフガニスタン議会からのある女性は、彼女の母国における民主主義への恐れについて声を上げた。それから、より愚痴っぽい干渉がやってきた。欧州議会のベルギー人議員が、なぜ欧州連合がまだ言及されないのか知りたいと要求した。舞台上から、元国務大臣のマデレーン・オルブライトは、世界はヨーロッパがその比重を上げるのを待っていたと示唆した。その部屋は、その意地悪な言葉に喜び、軽蔑に満ちた賞賛に沸いた。

国民国家の自分勝手さを越えて勃興した統治形式を単に具体化することによって、EUのような多国籍クラブの代表が外交サークルで特別な注意を享受した時代は過ぎた。シリアでの大虐殺を止めるためのしっかりとした国連の行動を、安全保障理事会での中国とロシアの拒否権が妨害するので、国連も素晴らしい形ではない。これは、だから、1815年から現在までの国際統治の歴史に捧げられた本を世に出すには勇気のいる瞬間だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来に帰る - 非同盟運動

9月
25

非同盟運動は時代錯誤的に見えるかもしれない。そうではない理由がある

今年の初めに、私の家族と私は、高齢の門番が近づいてきたとき、メキシコ市人類博物館で恐ろしいアステカのフリーズを見つめていた。彼は、我々がどこから来たのか知りたかった。「インドだ」我々は言った。すぐに、彼の唇は笑みで歪んだ。インドは導いた、と彼は解説した。それは社会主義の過去を持ち、帝国主義に持ちこたえ、反植民地運動の望みを提供した。私の初歩のスペイン語では残りについていけなかったが、彼は初代インド首相のジャワハルラール・ネルーの名前を言うとき、胸をたたいた。ネルーの娘で首相でもある、インディラ・ガンジーは「私の母親」のようだ、と彼は言った。

我々は非常に驚かされているが。彼の感情はそれほど驚くべきことではない。最近のほとんどのメキシコ人がガンジーをその母親だと参照するのを想像するのは難しい一方で、その門番のインドへの愛情は異常ではなかった。実に、そのような夢見るようなまなざしの団結はかつて北の国々の外に住んでいた前の世代の全世界観を形作った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

我々を入れて - 携帯マネーサーヴィス

9月
10

携帯マネーは、もし規制者が邪魔をしなければ、貧しい国でさらに多くの生活を変えるだろう

2007年に、ケニア最大の携帯電話運営社のサファリコムは、携帯電話を使って金を送ったり受け取ったりできるサーヴィスのM-PESAを立ち上げた。それは、それ以来1,500万人の登録者を持ち、大人人口の70%に使われ、経済の中心になっている。ケニアのGDPの約25%はそれを通して流れている。

似たような枠組みは、他の所でもいくらかの成功をしている。120以上の携帯電話運営者が今ではさまざまな種類の携帯マネーサーヴィスを提供し、更に90が間もなくそれに加わる。東アフリカで特に押されている。しかし、携帯マネーが繁栄すべき多くの貧しい国々では、そうではない。
 

ポケットの中の銀行

携帯マネーサーヴィスは、特に発展途上国で有益だ。町の労働者は、村にいる家族に、ガタガタ言うバスに乗って無駄な1日旅行することなしにお金を送ることができる。実に、彼は家族の請求書を直接彼の電話から払うことができるのだ。それは安全でもある。誰もたくさんの通貨を公共交通で運びたいとは思っていない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソマリアのチャンス

8月
23

合衆国が支援するアフリカ軍は平和をもたらすことができるのか?

過去20年間のソマリアの戦争の間のどこかで、生存が釣り合わなくなるような大きなレヴェルに破壊が到達した瞬間が来た。家がその石の中心部を道に投げ出し道路は20年分のがれきの下に埋まっているモガディシュの下町で、25万人の人々がひもで結びつけられたソダとプラスティックのまゆに住んでいる。

その華やかにタイル張りされたバルコニーで大臣や大使たちがかつて眼前のインド洋を眺めながらサンジョヴェーゼワインやカナッペを楽しんだ海に面したアル=ウルバ・ホテルの灰色の骨組みの中で、輝く白いプレハブのウガンダ軍食堂サーヴィスがアフリカ連合の平和維持軍のために牛肉とスパイスの効いたキャベツをバーベキューにしていた。西に30キロいったアフゴエを過ぎたところにある前線では、アラブの王子に所有される川沿いの宮殿があり、そこでは、戦争、基金、そして断続的な占領の期間を通して、ヤシやマンゴーの木が植えられた庭で一羽残ったダチョウを職員が世話している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

チャイナ・シンドローム - 軍事戦略

6月
25

空海戦闘が今ではペンタゴンの優先事項だが、それには批判者もいる

10年のうち最善の部分に、産業規模の対反乱作戦への要求がアメリカの支出の優先順位を決め、その戦略的思考者に取りついてきた。しかし、今では新しい軍事的流行がとってかわった。先週末、アジアの防衛大臣のシンガポールでのシャングリラ対話で、レオン・パネッタは、軍事的資源の意味で、アメリカのアジアに対する「最均衡」が何を意味するのかということに詳細を加えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

最も厳しい言葉 - パキスタンのアメリカとの関係

5月
18

仮想の友人との間の緊張は、驚くほど克服できないことを証明している

大国にとって謝罪することは難しいとわかっている。「戦略的」同盟と想定される合衆国とパキスタンとの関係は、11月の恐ろしい「友好的発砲」事件でアフガン国境に駐屯していた24人のパキスタン軍を米軍機が誤って殺して以来、麻痺している。今、二人の口論している子供たちがその誇りを飲み下し仲直りできないように、オバマ大統領の政権は、その死について謝罪するつもりがなく、パキスタン政府は罰としてアフガニスタンのNATO軍兵士に供給する道を閉じた後に、それを再開することを拒絶している。4月の終わりに、アメリカのパキスタンへの特使マーク・グロスマンは、メンツの立つ取引なしに首都のイスラマバードを後にした。密室の中で、一人の参加者が「毒」と表現する雰囲気の中で、議論が続いている。しかし、どちら側も依然として、パキスタンが5月20-21日のシカゴでのNATOサミットに招待されるときまでにNATOの供給ルートを回復する合意に望みを持っている。参加者は2014年の終わりまでにほとんどの外国軍が去った後のアフガニスタンの解決を議論することになっている。しかし、アシフ・アル・ザルダリ大統領がシカゴへの連絡を受ける時間は迫っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アフガニスタン を購読