アフガニスタン

何が英雄的な紛争にするのか - 内戦の科学

5月
04
内戦の勃発と拡大を予測できるコンピューターモデルが開発されている
 
過去10年かそこらの間、世界で最も進んだ軍隊を指揮する将軍たちは、伝統的な戦闘の発生の正確な予測に頼ることができてきた。天候と地勢そして交戦国の数、兵器類、場所、訓練と士気の高さの情報があれば、ワシントンDCのデュピー研究所によって設計された戦術的数値決定論モデルといったコンピュータープログラムは誰が、どれだけの速さで勝ち、どれだけの死傷者が出るかを予測できるのだ。
 
しかしながら、ゲリラ戦争は、この種の開かれた戦争に比べてモデル化するのが難しく、しばしばそれに先立つ内乱はさらに難しい。最近そのような紛争が支配的な戦いの形なので、将軍の見方では残念なことだ。難しさの理由は、一般的な蜂起の燃料がハードウェアではなく、コンピュータープログラムがそのアルゴリズムではとらえるのが難しい型の社会的要素だからだ。フェイスブックやツイッターへの投稿や村のグループの間での電話の会話による感情的な温度を解析することは、戦車の射程距離や軍隊の弾薬や燃料の在庫のような物理的な情報を解析するよりも、常に難しくなる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダは下り坂だが、なくなったとはとても言えない - ジハーディスト・テロリズム

5月
02

中核部分は打ち負かされているが、提携者は戦いを継続している

数字が物語を教えてくれる。アメリカの反テロリズム作戦は、徐々に、アフガニスタンやパキスタンの部族地帯から、イエメン、ソマリア、そしてアフリカのほかの部分に移っている。たった6週間で、イエメンでのアラビア半島のアル=カーイダ(AQAP)に対する無人機攻撃は、約90人の戦士たちを殺している。ウェブサイトのロング・ウォー・ジャーナルによると、シャブワ県アザン地区で5人の戦士を殺したと考えられている今週のものを含んで、アメリカは4月に4つの攻撃を始めたという。3月に、アメリカは、おそらくその地域の依然として秘密の新しいCIA飛行機基地から飛び立ったプレデターかリーパーの無人機で、4つの攻撃を行った。

それは、南北ワジリスタンの聖域にある、「中核的」アル=カーイダに対する無人機攻撃の速度が落ちていることと対照的だ。今の傾向では、2010年のピーク時の117回の攻撃に比べると半分になる、前年比1/3減になるだろう。その年に、彼らは800人以上の反乱者とテロリスト(そして14人の市民も)を殺した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物騒動 - 東南アジアの軍事支出

3月
28
国々はたくさんの武器を買っているが、それは軍拡競争に数えられるのだろうか?
 
小さな島国のシンガポールはたった500万人強の人口を持つに過ぎないが、銀行、法務、そしてゴルフの静かなきちんとした中心地としての十分受けるに値する評判を持っている。しかし、フェアウェイを超えて、それは武器が満ちあふれている。
 
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の報告によると、シンガポールは今では、中国、インド、パキスタン、そして韓国といった明らかな巨人たちの後にくるだけの、世界で5番目の武器輸入国だ。シンガポールは武器輸入の世界の総支出の4%を占めている。その一人あたり防衛支出は、アメリカ、イスラエル、そしてクウェート以外のどの国よりも上だ。今年、97億ドル、または国家予算の24%が防衛に費やされる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

最後の審判の日に対する堤防 - 農業の生物多様性

3月
19

遺伝子銀行は、農産物の生物多様性を保持するための期限切れの圧力を象徴している。それはまた農場を保護する必要もある

重い音を立てて、スヴァールバル世界種子貯蔵庫の車輪付きの外のドアは、荒涼とした北極の強風を締め出し、多くの新着品を埋葬して、2月28日に閉じた。その中には、アメリカ、コロンビア、コスタリカ、タジキスタン、アルメニア、そしてシリアからの2.5万の種のサンプルがあった。その貯蔵庫のアメリカ人発案者、キャリー・ファウラーにとって、シリアのヒヨコマメとソラマメは特に歓迎すべきものだった。

2008年に開かれた、そのスヴァールバルの貯蔵庫は、世界の1,750の種子バンクのバックアップで、農業の生物多様性の貯蔵庫だ。その必要性を描くと、フィリピンの国立種子バンクはこの1月に火事によって破壊された。それは洪水で被害を受けた6年後のことだった。アフガニスタンとイラクのそれは、最近の戦争によって破壊された。シリアの紛争は、アレッポにあるその国の豊かな貯蔵庫に達して当然だが、今なら損害は少なくて済むだろう。今、スヴァールバルには、全部でだいたい75万のサンプルのうち11万のシリアの種のサンプルがある。ファウラー氏は最新の委託品をいとおしそうに見ながら、「私がこれを見るとき、神に感謝します、彼らは安全です、と考えるのだ。」と語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

希望の光 - ソマリアの未来

3月
05

ソマリ人が地域政府を作る助けをするという国際的な計画は、その悲劇的な国にとってこの何年かで最高のニュースだ

20年にわたる戦争とテロは、ソマリアを人が住むには世界最悪の場所の一つにした。去年、少なくとも8万人の人々が飢饉でなくなり、230万人が継続的に食料援助を必要としている。ソマリアの幸運が簡単に方向転換するかも知れないということをだれも想像できない。多くの西側政府は長い間絶望的に距離をとってきた。1993年に、後に「ブラック・ホーク・ダウン」の映画に記録された、敗走にさらされたアメリカもそれに含まれている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

黒服の男たち対緑の服の男たち - パキスタンの軍と法

2月
20

大胆にもパキスタンの軍隊を相手にし、最高裁は法による支配のために風を当てている

パキスタンの最高裁判長、イフティカー・チョードリーは、出しゃばりというほどのものでもない。2007年に彼は、保安軍による殺人の疑いを調査し始めた後に、前の軍事独裁者だったパルヴェーズ・ムシャラフによってトラブルメーカーだとして首にされた。彼の復職のための運動は、ムシャラフ氏をやめさせ、文民政府の回復のために大きな役割を果たした。しかし、チョードリー氏はまた、かなりアシフ・アリ・ザルダリの側近が彼を軍の手先だと強調したため、新しい政権にも疎んじられている。

今、司法は軍事的支配層とも戦っている。それは、チョードリー氏の裁判所が、独立に対するこれらの中傷に敏感なためかもしれない。それは本当に軍の力が抑制されるべきだと考え始めているからかもしれない。どちらにしても、この進展は賞賛される。軍のその不起訴特権に対する信念はその国最大の問題の一つだからだ。

軍の強すぎる力の種はパキスタン建国時に蒔かれた。インドから別れ、血なまぐさい分割によって作られたその国は、いつもその大きな隣人に飲み込まれるのでは、と恐れてきた。結果として、その国は始めから、国の大きさに比べて大きすぎ、資源に対して強欲で、危険なほど干渉的な軍隊を持っていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロータリーエンジン - ポリオ

1月
29

ビジネスマンクラブは世界からポリオを根絶できるのか?

インドでポリオの最後の症例が診断されて1年がたつ。その国からポリオがなくなったというにはまだ早い。そのためには3年が必要とされる。しかしそれはよい始まりだ。しかしもしインドでそれがはっきりすれば、かつては世界的な災難だったものが今ではたったの3か国になることになる。アフガニスタン、ナイジェリア、そしてパキスタンだ。その間に、感染者数は1988年に35万人だったのが、去年は650人に下がった。

これはすべてかなりの部分ロータリー・インターナショナルの努力のおかげだ。1985年には、フィリピンでの試験的な調査が成功した後で、この世界的慈善団体を兼ねたビジネスマンたちのクラブは、ポリオにかかる恐れのある5歳以下のすべての子供にワクチン接種することによってそれを根絶する計画を発表した。当時の推計は、それは1.2億ドルかかるだろうというものだった。その後8億ドルのロータリー(とほかの資金源からのたくさん)の金が費やされたが、そのウイルスは依然としてそこにある。しかし、その残された隠れ家はその物語を語っている。政府が混乱に満ちていれば、医療は難しいということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

脅迫のレヴェルが上がっている - ボコ・ハラム

12月
20

ボコ・ハラムやアル=カーイダに影響されたほかのアフリカのテロリスト集団は強さ、洗練さ、そして世界的な野望の度合いを上げている

Posted By gno-eagrai 続きを読む

麻痺 - パキスタンのポリオ

10月
18

パキスタンがその国民を失望させたもうひとつの行い

パキスタンの問題の一つとして、ポリオの広がりを考えてみる。主に悪い水を通してウイルスによって感染する、手足を動かなくし、時には死に至らしめるポリオの115番目の例が今週確認された。その記録は去年から付けられている。

ほとんどの国でポリオはほとんど思い出の中のものだ。豊かな国々では、1970年代までにかなり根絶し、貧しい国々でも多くがすぐに後を追った。30年前、世界には年間40万人のポリオ患者がいると推定されていた。安く効果的なワクチンのおかげで、2滴を子供の口に落とし、公的・民間資金の少額で洗い流すことにより、年間の世界での数は今ではおよそ1,000人だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

慈善は海外活動を始める - 援助の新しい素

8月
22

大きな発展途上国が援助の世界を揺らしている

1951年から1992年の間に、インドは約550億ドルの海外援助を受け取リ、歴史上最大の援助受益者になった。今ではそれは自らの援助機関を立 ち上げる寸前のようだ。外務省の報道官は、政府は、アメリカの国際開発庁(USAID)や英国の国際開発省(DFID)に相当するインド開発協力局 (IAPD)を作るための「活発な議論」を行っていると語る。他の省庁の官僚は彼らの足を引っ張っているが、デリーのシンクタンクRISのグルプリート・ シンは、政府は1ヶ月以内にこの機関を発表し、今後5年から7年の間に113億ドルの予算をつけるだろうと語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アフガニスタン を購読