アフガニスタン

アウトソーシングをめぐる苦悩

8月
02

アウトソーシングは時にその価値よりも煩わしい

1928年に、フォードのリヴァー・ルージュ工場が完成したとき、原材料を完成車に変えるために必要な全てをそれは自慢した。そこには10万人の労働者、160万平方フィートの工場敷地、100マイルの鉄道軌道、そして自分の積荷場と炉があった。現在でもそれはまだフォード最大の工場だが、以前の栄光の影に過ぎない。ほとんどの部品は下請けによって作られ、工場の6,000の労働者はそれを単に組み立てるだけだ。鉄鉱炉はSevastalというロシア社によって運営されている。

外注は世界的ビジネスを変えてきた。過去数十年以上、フロアのモップがけからインターネットセキュリティの欠陥の発見まで全てにわかって会社は外注してきた。その部門を専門にする会社のTPIは毎年1,000億ドルの新しい契約がサインされていると推計する。オックスフォード・エコノミクスは、世界で最も成熟した経済の一つである英国では、10%の労働者がアウトソースの仕事で頑張って働き、企業は毎年2,000億ドルを外注に支出すると計算する。戦争すらも外注された。アメリカはアフガニスタンで正規軍以上の契約労働者を雇用した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平和の民営化 - 紛争調停

7月
11

政府はますます初期段階の紛争解決を独立機関に移管している

南ノルウェーの洒落たゴルフコースのあるホテルは、アフガンのタリバンに出くわすとは思えない場所だ。しかし、仲介者ネットワークのオスロフォーラムでは、誰も瞬きしなかった。今度ばかりは、バラク・オバマが来年までにアフガニスタンから33,000の軍隊を引き上げると発表した翌日の6月23日に行われた「タリバンとの対話」についての真剣な討論は、実際に現実のタリバンと話し合うことを意味した。

9年目になるそのフォーラムは、ノルウェー外務省とジェノヴァに本拠を置く人道的対話センターによって主催された。それは、現在の紛争についての意見を交換し、過去の成功や失敗から学ぶために、有能な専門的和平交渉者たちを引きあわせる。もっと根本的には、そのフォーラムの存在は、外交官や他の人が、世界の様々な地域で命や共同体を粉砕する紛争を解決しようとする取り組むやり方の変化を示している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

核ロボット - ロボットと日本の核災害

5月
10

すべてのあまりに人間的なロボットの話は東電の準備不足を表している

仙台の東北大学の工学部の休憩室では、爪とキャタピラーのついたハンサムな黄色いロボットが立っている。それは核災害に対処するために巨額の公的予算をつぎこんで作られたものだ。しかしそれが全力を出しても、ほうき棚の中にいるのとそう変わらない。

東北大学のロボット工学専門家の田所諭によれば、それは1999年にウラン再処理工場で二人の作業員が亡くなった核事故を受けて政府資金で開発された一連のロボットの一つである。そのロボットは、放射線レヴェルが人間にとって高過ぎるときに緊急作業をすることができる。役に立つと、特に今は、あなたは考えるかもしれない。代わりに1台は最後には子供のサマーキャンプで使われた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

紛争と貧困 - 暴力の経済学

4月
20

貧しいから国々には暴力があるのか、暴力があるから国々は貧しいのか

少し前にはアフガニスタンとコンゴだった。今ではコートジボワールとリビアだ。暴力は、貧困のように、常にわれわれとともにあるように見える。そして次のようなことが言われる:暴力は悪だ、それは貧しい国でより悪い、そしてそれは彼らをより貧しくする。

しかし、世界銀行の最も重要な刊行物である今年の世界開発報告は、もっと述べることがあると示唆している。筆者たちが議論するには、暴力は貧困の唯一の原因ではない、それは主要な原因になるのだ。暴力の食い物にされる国々はしばしば暴力に閉じ込められている。そうでない国々は貧困から抜け出している。これは、立て直そうとしている貧しい国々と助けようとしている豊かな国々の両方に深い示唆をもたらす。

多くの人々は、発展は主に「貧困のわな」として知られるものによって邪魔をされる。農夫は肥料がより多くの収穫をもたらすと知っていてもそれを買わない。道がなければ、彼らは自分たちの豊作になった作物はただ畑の中でだめになるだけだろうと考える。そのような罠から抜け出すには道を作るしかない。そしてもし貧しい国々が自分たちでそれを作れないのならば、豊かなドナーが踏み出すべきだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アフガニスタン を購読