中央アフリカ共和国

ボコ・ハラムとの戦い - アフリカのイスラム国

2月
11

ナイジェリアでのジハーディストの反乱が地域紛争に変わっている

非難をそらすことは、世界中で政治家に尊ばれる技能だ。しかしながら、多くの人は、ナイジェリア北東部の危険な反乱集団であるボコ・ハラムへのスケープゴートを終わることなく見つける、そのアフリカでもっとも人口稠密な国の大統領グッドラック・ジョナサンから、依然として一つや二つのことは学ぶことができるだろう。ジョナサン氏のもっともありふれた言い抜けは、ボコ・ハラムがナイジェリアだけでは解決できない地域的な問題だ、というものだ。

彼のいいわけは、不幸なことに、事実に変わっている。ボコ・ハラムは今、その毒を隣接諸国に振りまいている。ナイジェリア国境近くのカメルーンの村から約80人のカメルーン人が誘拐されたのは、チャド湖周辺の諸国でそれが影響力を増していることに光を当てた。

更に北のニジェールでは、かつては退屈な漁村だったキリキリで、意訳すれば「西洋の教育は禁止」となるボコ・ハラムから逃れた難民たちが当座のハットに詰め込まれている。毎日数十人が、その数少ない所有物を頭の上に載せてボートからおりて歩いてくる。治安は急速に悪化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として出血している - 女性器切除

10月
03

野蛮な習慣は少し珍しく、そして少し人気が無くなっている

「私は出血でほとんど死にそうだった。」12歳の時に女性器切除(FGM)に苦しんだ女性人権活動家ボガレッチ・ゲブレは語る。彼女の組織ケンバティ・メンティ・ゲジマは、彼女の母国エチオピアでその行為を減らすことで信頼されている。彼女は人々に辞めるようには言わない、と彼女は語る。彼女はただ、象徴的な傷から、少女の陰核のすべてか一部の除去、そして(陰唇を縫い合わせる)陰門封鎖にまでわたる、その処置は、聖書にもコーランにも書いてないし、文化や法律もそれを求めていないと説明するだけだ。アフリカの伝統に基づき老いも若きも男女問わず伴う、そのような「共同体の会話」は、UNICEFの新しい報告によって強調された、FGMを経験したエチオピア女性の数とそれが継続すべきだと考えるエチオピア女性の数との間の、びっくりさせる違いを説明するのに役立つかもしれない。

1.25億人以上の現在生きている少女と女性が、それがもっとも一般的な29の中東とアフリカ諸国で、何らかの形でのFGMを受けている。3,000万人が今後10年にわたってその危険がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悲しくて遺憾な衰退 - アフリカ民族会議

9月
11

ネルソン・マンデラの下で勝利を収めた与党は洗浄をひどく熱望しおり、さもなければそれは最後には打ち負かされるのに値するだろう

与党アフリカ民族会議(ANC)は、多くの古い革命組織と同じように、記念日を好む。有権者たちに世間の注目を集めている英雄的なネルソン・マンデラのイメージとともに過去の闘争と勝利を思い出させることは、依然として選挙に地滑り的に勝つ役に立つ。2009年の前回、次点の白人が率いる民主同盟(DA)のたった17%に対して、それは投票の2/3を勝ち取った。その100周年を祝うグランドファンファーレを調整した後で、ANCは民主主義支配20周年を記念して2014年に別の大きなパーティーを準備している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より大きな銃が途中にある - コンゴ民主共和国

8月
22

東コンゴの新たな国連介入軍が、もっともしっかりした司令を持っている

その国で2番目に大きな町ゴマの空港に到着した後で、新たな国連軍によってコンゴでみられた最初の道路の広がりは、前に何が横たわっているかを完全に指し示すものだ。舗装されている部分が珍しいその道路は、中央の支配に反対したツチの兵士たちによるそれほど昔ではない素晴らしい勝利の場所だ。重装備した彼らは、去年の遅くに、火山の丘から、国連軍が間もなく拠点を置くだろう小さな町のサケへの道に沿ってキヴ湖の浅い岸へさっと下り、復員したコンゴ軍兵士たちを彼らの前に押している。道路の両側にある人の高さの草には、数日間制服を着た死骸が散らかり、ハエがゆっくりしたもの、酔っぱらい、そして不運なものの上に群がっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

CARクラッシュ - 南アフリカの外交政策

4月
30

その兵士13人の死は南アフリカの大国としての制限を暴露する

「我が国の軍人が立派な原因で亡くなった」中央アフリカ共和国(CAR)の首都バンギのそばで反乱軍によって3月23日に殺された13人の南アフリカ兵のための慰霊祭で、南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマは宣言した。「彼らはその国の外交政策を守って亡くなったのだ。」致命的な待ち伏せ攻撃の1日後に、バンギは1月に仲介されたばかりの権力分割協定に我慢が出来なくなったセレカとして知られる反乱軍同盟の手に落ちた。CARの大統領フランソワ・ボジゼは近くのカメルーンに逃れた。そしてズマ大統領は、1994年の白人少数派支配の終わり以来南アフリカがこうむった最大の数の軍事的犠牲者という結果になった交戦について、怒りに満ちた疑問に直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

頑張れ、わが勇者 - ニジェール、アルジェリア、リビア、エジプト、スーダン

4月
05

アフリカの中央は貧しくて紛争がはびこったままだが、行動主義が起こっている

その大陸の乱雑な中央部は、ナイジェリアの首都の1時間北から始まる。運転手は数マイルごとの関門で止まらなければならず、夜間外出禁止を遵守しなければならない。主要な北部の都市カノの郊外では、武装した兵士が銃身に固定された銃剣を持って道を警護している。その知事の事務所は要塞で、その周囲の道路はすべて人の高さのコンクリート障壁で封鎖されている。自身をボコ・ハラム(西洋の教育は罪)と呼ぶイスラム過激派集団は、自動車爆弾や奇襲隊襲撃で、年に何百人もの人を殺す。治安維持軍の高圧的な反応は、さらに多くを殺す。その知事は彼の設置した新しい街灯を自慢するが、住民たちはナイジェリアの石油の富をほとんど何も見ていないので、怒り狂っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争に飽き飽きした - ギニア=ビサウ、ギニア、シエラレオネ

4月
03

なぜ、その大陸の多くにわたっての戦いが近年静まっているのか

バスのヘッドライトが、国境を越えた最初の関門の垂れ下がったブッシュの間に立つ、肩に銃をかけた兵士の濡れた人影を浮かび上がらせる。彼は雨の中から急いで暖かいバスに入り、ほとんど思いつきのように彼がその国を通る短い旅をエスコートすると発表する。「我々は止まるが、誰も降りることができない。」彼は語る。

数日前、将校の一団がギニア=ビサウで権力を握った。これは異常なことではない。150万人の小さな国は、過去10年で5回のクーデターを経験している。1974年にポルトガルから独立して以来、任期を完遂した大統領はいない。しかし、これはセネガルからより大きな隣国であるギニアへそして更にシエラレオネとリベリアへのバスにはめったに問題を起こさない。今日のスケジュールのたった一つの変化は、首都のビサウでの正規のバス停で、乗客は乗るかもしれないが、降りることはないということだ。

その兵士は帽子を絞り、不便をわびる。「わかるだろ。」地元の人々はうなずき、それから彼に長広舌を始める。「雨が降っているのはお前のせいだ。」一人が叫ぶ。乗客たちは笑う。彼らは開発の欠如を手におえない軍のせいにする。時折の殺人だけでも十分に悪いが、腐敗はさらに悪い、と運転手は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それは過ぎ去っていない - 神の抵抗軍

5月
31
しかし、真の問題は東から中央アフリカでの政府の不在だ
 
神の抵抗軍(LRA)はアフリカ人に悪夢を与える。その残忍な一団は、魔法や悪魔に取りつかれるという恐れを糧にする。それはまた、アフリカの政府がその国民を守り損ねるということを示してそれに屈辱を与える。1980年代のその出現以来、その集団は多数の村人を殺し、その何十倍もの子供を含んだ人々を誘拐している。その残虐行為は、その司令官ジョセフ・コニーとその4人の子分(そのうち2人は殺された)への国際刑事裁判所(ICC)からの逮捕状につながった。LRAのテロの最中に、コニー氏の部族であるほぼ200万のアチョリ族が、その故郷である北部ウガンダから追い出された。
 
コニー氏自身、2005年にウガンダから脱出した。彼はこれまでコンゴ、南スーダン、そして中央アフリカ共和国といった国々の一部に幽霊のようにうろついている。アナリストは彼が今では500人以下の戦士しか持っていないと考えている。ウガンダと彼の集団との間の和平交渉は崩壊し、断続的な犯人探しが続いた。ほとんどが隣国の支持を受けたウガンダ軍に率いられてものだった。去年、アメリカが特殊部隊を送った。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

中央アフリカ共和国 を購読